グッド・シェパード

昨日、自宅にダッシュで帰り、大野城マイカルへ
20時50分~23時55分まで。 大作でした。約3時間近い作品。

前日に粋で洒落た作品「ギター弾きの恋」を観ていたせいか、この作品は重く感じました。
c0077338_0171152.jpg


しかし3時間は長く感じませんでした。
中だるみもなく、集中して逆にちょうどいいくらいの時間でした。
この作品で感じたのは、CIAの男は恋も、ロマンを捨ててでも、あるいは家族との団欒の時間をなくしてでも仕事、アメリカ合衆国に忠誠を誓うか、誓うべきなのかというところでしょう。

メッセージ性の強い作品で、こんな作品はアメリカならではですね。

「いくつ愛を失くせば、この国を守れるのか。」

この映画を知るには第二次世界大戦、キューバ危機、アメリカとソ連との冷戦時代と知っていないとわからない部分も多く、正直わからないところもいくつもありました。

いい作品だったですが、この映画から何かを学ぶとすれば、男の仕事のしすぎはどうなんだというところでしょうか?
仕事は大いにすべきでしょうが、その仕事がCIAという裏の部分、闇の部分でがんばった男だったらどうなのか?
主人公が実直でまじめで仕事に対して忠実であればあるだけ、仕事をすればするほど家族がまわりの人間が不幸になっているように感じたのは私だけでしょうか?
始まりから最後までマット・デイモンの思い悩んだような、能面のような顔が印象的でしたね。
この作品はアカデミー賞で何か獲るんじゃないでしょうか?
マット・デイモン アクションスターのイメージが変わりました。

アンジェリーナ・ジョリー いい演技してた。美人ですね。後半の演技もいい。

ロバート・デ・ニーロ  出てました。この人は私が小さい時代から見てます。
              大好きな役者さんです。
「ニューヨーク・ニューヨーク」「ミッション」「俺達は天使じゃない」
「ワンス・アポン・ア・タイム・アメリカ」どれもとても印象に残ってます。
一番印象深かったのは「ミッション」ですかね。

ロバートデニーロが監督するんですね。
これからもずっとがんばってもらいたい方です。
[PR]

by katuyamak | 2007-10-26 00:17 | 山歩き | Comments(2)

Commented by CJN at 2007-10-30 12:34 x
肉まんさん こんにちは
30日にようやく見ました。なかなかの大作でしたね。ラストも怖いですね。やはりスパイ物の原点はこうなくてはというところです。007にドクされていたようです。ボーン・・・・・・もみたいとおもっています。今夜はブレイブワンをみたいとおもっています。デ・ニーロとジョデイとくればタクシードライバーを思い出しますね。VHDをもっていますが・・・・。(Hi)
私はスカーレット・ヨハンソン主演の「タロットカード殺人事件」というのに興味があります。監督はウディ・アレンです。残念ながら今のところはトリアス久山で11/24~上映の予定はあるようです。近場のスクリーンで上映がなければ行くかもです。続三丁目の夕日もまもなくですね。来年は堀北真希も大河に出るようで楽しみです。
Commented by katuyamak at 2007-11-04 00:58
CJNさん、今晩は
タクシードライバーはレンタルしましたが、見れるかどうか?
早くみたいですね。
スカーレットヨハンソンも見たいなあ。
ハリウッドNO.1の美貌と色気ありますね。
続、三丁目の夕日も前売り購入してます。
邦画は見たい作品が3本。
象の背中 (今日観てきました)
オリオン座からの招待状
続、三丁目の夕日です。