バブルへGO!!

子供も空手の昇級試験のあとに家族で映画鑑賞。
「バブルへGO!! タイムマシンはドラム式」

マイカル大野城 7番スクリーン ここはマイカルの中で一番嫌いなスクリーン

狭い! 前の席との段差が少ないので、座高の高い人の頭がスクリーンにかぶる。
今回、前の列は高校生の男子が3名。
バリバリ、スナック菓子食べるし、背が高いしでちょっと観にくかった。
まあ、観客が少ない時には、そう気にならないスクリーンではあります。
どちらかと言えば、もう作品が上映も終わりに近づいたり、あまり観客が来ない作品の時に、このスクリーンを使っているようです。

内容はなかなかおもしろい映画ではあったけど、どうせならとことん笑いと昔の音楽を取り入れてほしかったなあ。

せっかく小学生の息子を連れてきたんだから、ゲラゲラ笑わせてほしかった。
息子はおもしろかったって言ってました。

阿部寛     似合ってるねえ。彼が出てるので観にいった映画でもある。
広末       う~ん?
劇団ひとり   おもしろい
薬師丸ひろ子  わざわざこの作品に出なくてもいいんだが・・・

★★★  まあまあ
[PR]

by katuyamak | 2007-02-27 20:40 | 映画 | Comments(0)