3月10日 フラガール2回目

今、23時53分くらいです。
今、博多駅から帰ってきました。
シネリーブル博多20:50~23:00頃まで
リバイバル上映のため、1000円でした。

いや~、やっぱ行ってよかったなあ。
名作は何度観てもいいですね。
1回目は気がつかなった部分もすべて要チェックしてきました。
こうして2回目を観ると主演女優の2人はもちろんですが、脇役が光っている映画でしたね。
岸部一徳さんがけっこういい味だしているんですよ。
いわき市のおいさんを見事に出してくれてます。
豊川悦司、富司純子さんはもちろんですね。

富司純子さんは「入ります」という博打のやくざ映画の頃を知っているのですが、いいお母さん役を演じていました。
この作品は笑いのシーンと泣けるシーンをちゃんと計算して作ってあるのが憎いですね。
また泣いてしまいました。
それと家族で夕張に行ってしまったあの子もいい味だしてましたねえ。
別れのシーンは切なくてとてもよかったです。
[PR]

by katuyamak | 2007-03-10 09:20 | 映画 | Comments(0)