お父さんも嬉しかったよ

今日は、小学校6年生になったばかりの息子の事を書いてみます。
自分の家庭内の事はあまり書く必要もないかと思いますが、今回の件はお父さんとして嬉しい出来事でした。

数週間前、春休みに入る前くらいかなあ。
息子が学校をズル休みしました。
前日、学校で2人からいじめられたらしい。
いじめられた内容は些細な事です。
本人からは私に言いませんでしたが、嫁さんから遠まわしに聞いた話では、二人のうちの一人から最近、たびたび言葉による暴力、二人から蹴られたりのいじめを受けていたらしい。

その二人はどちらかといえば、親友に近く、その友達がそんな態度をとるようになったので、うちの子もどうしていいかわからなく、ただ黙って耐えていたようでした。

この言葉の暴力がエスカレートしてきたのか、息子も元気がないように感じていました。
夜、寝る前に息子がお母さんに今日の出来事を話しているようです。
すぐ近くでパソコンをしていた私は息子のところへ行きこんな話をしました。

今、じっと我慢していても何も変わらない。
このままいじめは続くぞ!
我慢すればするだけ、相手は調子に乗ってこれからずっとからかうぞ。
喧嘩していい! 負けてもいいから相手にハッキリした態度をとるんだ。
あいつが怒ったら、恐いというところを見せないと黙って耐えているだけでは駄目だよ。
今度、相手がそんな事を言ってきたら、殴れ、喧嘩しろとハッキリ言いました。

息子はわかったのかどうかよくわかりませんでしたが、うん、わかったとは言ってくれました。
ただつらかったのでしょうか? 布団で泣いていました。
優しい子なんですよ。
一人っ子で育ったせいか、喧嘩とかができない優しい性格なんです。
空手道場に通わせたのもこのためなんです。

それから春休みも終わり、新学期になりました。

嫁さんから私にこっそり報告がありました。
あれから喧嘩して圧倒的な強さで息子がボコボコに勝ったらしい。
喧嘩でなく、相手はただ逃げて、ほとんど何も出来なかったようです。
当たり前です。空手の黒帯を目指している息子が怒ったらどうなるか結果はわかってました。
ただ本人が一番わかってなかったんです。

相手もうちの子が本気で怒るとは思ってなかったのかもしれません。

この事を息子は私に早く言いたくて仕方がないらしい。
そうやって初めから知らないふりして聞いてくれと言われてました。
先週、嬉しそうに私に報告してくれました。

先週から、ほんとに別人のように明るくなりました。
すべてが吹っ切れたのでしょうね。
やられた本人は、聞いた話では一気に友達が減ったそうです。
彼も家庭内で何かあったのかもしれません。
みんなから嫌われていたらしい。

今回の件は、息子をひとまわり大きくしてくれたような出来事でした。
いじめられて我慢していても、何も変わらない。
自分からそれを乗り越えないといけない。
それを本人が一番わかってくれたようです。

週末は山ばかり登って日頃、家にいないお父さんですが、今回は少しはお父さんらしい事が出来たかなって思ってます。
私にとっても今回の件は、とても嬉しい出来事でした。
だって本人が自分自身で問題を解決してくれましたからね。
[PR]

by katuyamak | 2007-04-22 10:27 | Comments(3)

Commented by vision at 2007-04-22 21:28 x
子どもに効く父の一言でしたね。
父の言葉がお子さんに勇気を与えて,やってみるとうまくいった。
話をよく聞いてあげたところもお子さんはとてもうれしかったし,誇らしかったでしょうね。

アドバイスなど・・・・こちらが学ばせていただきました。
忙しいと子どものことは忘れてしまっている毎日でした。
Commented by お母ちゃん at 2007-04-22 21:39 x
お母ちゃんも気に掛かっていました、勇気を出してくれましたね。
ウルウルきました、いつこの行動にでるか本人は悩んだことでしよう。

友達の減った彼にも目をむける優しい子です見守りましよう。
Commented by 肉まん at 2007-04-22 23:31 x
お母ちゃん、visionさん コメントありがとうございます。
喧嘩しろなんてお父さんらしからぬ言葉。
自分でもいいのか?とは思ってました。
しかしいじめ問題は本人が自分自身で解決しないといけません。
時には怒るという事も大事な事なんだとわかってくれたようです。
男の子です。
これから先の人生。
自分の事は自分で解決していかなければいけません。
彼がとても明るくなった事がお父さんとして一番嬉しかったです。