ツユダク

今日はちょっと私のちょんぼで仕事してました。

昼どき、天神に行く用があったので、途中で牛丼再開以来2度目の吉野屋に入りました。
注文は380円の牛丼 並み盛り

ちょうど若者達が多かったせいもありますが、みんな口々に「ツユダクで!」と言って頼みます。

は? 「ツユダク」?

聞き間違いかと思いましたが、おじさんはこの言葉を理解出来ません?
メニュー表にも何も書いてありません。
たぶんつゆをたくさん入れてくれみたいな意味だよなあと思いつつ、
会計する時にお姉さんに聞いてみました。
「ツユダク」ちゃどげな意味ね?

「牛丼のタレを多めに入れてください」という意味ですと教えてくれました。

料金はいくら違うとね?

「いただきません。同じです。」

「ああ、そう、ありがと。」

意味はわかりましたが、損した気分です。
たしかにかかっているタレは少なくご飯だけ食べている感じでした。
次回来る時に若い人と同じように、そうやって注文できるかなあ?

そういえば、博多ラーメンの店では 「バリカタ」と言って頼む人もいます。

バリカタ バリバリ固い麺。

たまに自分が日頃入らないお店で食事するのもなかなか楽しいですね。
仕事をしたので、山登りは月曜になんとか行けるかなという予定です。
[PR]

by katuyamak | 2007-02-10 23:20 | Comments(0)