天涯の花

今日は本来、長崎県の多良山系でキツネノカミソリの鑑賞と金泉寺そうめんを食べる予定であったが、追突事故により静養日とする。

朝、多良に向かうがしんさん、カラビナさん、ごえもん君、を見送って草むしり、剪定など日頃慣れないことをして読書開始。
「天涯の花」 宮尾登美子さん

439ページの大作   休憩5回入れて正味、4時間40分で読み終わる

掲示板できよさんが祖母山で幻の花、「キレンゲショウマ」の画像を貼ってあったのが、妙に心のどこかにひっかかっていて、どうしてもその小説が読みたかったのである。

宮尾さん自身は山登りの経験がないのに、人一倍、山に対する憧れが強いとあとがきに書いてあった。
それを施設を出て、天涯孤独の純真な珠子を通して、実によく四国 剣山と山の花の事を丹念に調べてあって驚くとともに、山と山の花を題材にした小説であることが嬉しかった。
主人公の珠子さんからはなぜか掘北真希さんを想像してしまった。
もしこの小説が映画になったならまっさきに見ます。

c0077338_1945586.jpg

[PR]

by katuyamak | 2006-08-06 19:05 | 読書 | Comments(0)