屋久島② モッチョム岳の山の凄さ(下山でオマケ付き)

8月10日(木)
屋久島2日目は、屋久島屈指の難路らしいモッチョム岳へ
噂通り、いやそれ以上に凄い山でした。


ここが登山口
c0077338_16523295.jpg
c0077338_16524427.jpg
最初の出発から凄い。
まるでジャングルを進んでいるような気分。

この山は、ちょっと過去に比べる山は無いですねえ。
独特です。

c0077338_16535173.jpg
c0077338_16540831.jpg
c0077338_16542739.jpg
万代杉
c0077338_16550534.jpg

登りに4時間かかる。
別にのんびり歩いた訳ではない。
さっさと進めないんです。
平坦な歩きやすいところは、ほぼ無い。
常に木の根っこをまたいで歩いている感覚。

途中から、この両手、両足の山歩きが楽しくなってきたところで、雷の音が近づいてくる。
雨が降り出して、また昨日と同じ展開か?

c0077338_16555430.jpg
2時間半以上歩いているので、今更引き返せない。
普通の山なら引き返したかもしれない。
c0077338_16564703.jpg
c0077338_16570393.jpg

ここは屋久島、モッチョム もう2度と来る事はないかもと思うと、先に進む。
なんとか山頂までは雨はそれ以上は降らなかった。

c0077338_16575060.jpg
c0077338_16581754.jpg
ロープからよじ登る山頂も、撮影してすぐに下山。
c0077338_16584693.jpg
高所恐怖症の僕が長くいるところではない(笑)

c0077338_16592457.jpg
c0077338_16595299.jpg

下山でいよいよ雨が降り出す。

往復8時間近く。
凄い山でした。
水分も2.5~3ℓくらい補給してます。
とにかく水を体が欲しがった。


この山歩きにはオチがあります。

大雨でずぶ濡れの体を、車で脱いでいると、靴下に血が付いている。
さらにズボンとシャツにも

足に6か所、腹に2か所 ヤマヒルに血を吸われている。
僕も山歩きでヤマヒルに吸われたのは初めての経験。
ちゃんとスパッツを付けていたのに、吸われていました。

ヒルに吸われた特徴として、血が止まらない。

山から下りた別の下山者の方がおられたので、駐車場で話しを聞くとその方もかなりの箇所を
吸われたらしい。


民宿の方に相談し、かゆみが1ケ月くらい続くこともあるので、
病院に行った方がいいとの事で徳洲会病院へ。

さらに体が痒いと思ったら、アブにも5か所程刺されていた。

夏の雨降りのモッチョムは要注意です。
夏の雨降りは、登らない方が無難でしょう。
(でも天気予報は降水確率0%でも、まったくあてになりませんが)

この日の最高気温 32.7℃


2日間の山歩きで身体がクタクタ。
夏山はただでさえ、体力の消耗が激しいところでの屋久島の山

3日目は、心も体もヤマヒルさんとアブさんのおかげで、ボロボロなので休養日とします。


山歩きメモ
出発7:00-14:49  7時間49分の山歩き   5.3km

c0077338_18421249.jpg



[PR]

by katuyamak | 2017-08-11 16:40 | Comments(0)