車中泊して五大尊山(825m)へ

3月18日、19日、20日の3日間で車中泊3連泊し、
関西100名山を4座を登る
4座ともに登山口までの交通が不便で、アプローチが長く、
前日から車中泊しないと登れない山ばかり登れた事は大きな収穫。
3日間 山の事だけに集中し、登山口を探し、山三昧の日々
好天に恵まれ、感謝、感謝です。

18日(金)
会社で仕事を13時で切り上げ、午後から半休をもらう。
今日の夕方から、和歌山市のトヨタレンタリースで3日間
プロボックスをレンタカーで使用。
このプロボックス 後部座席が倒して、なお180cmの余裕があり、車中泊が出来るのだ。
夕方から借りて、今日は十津川温泉の川沿いの建設現場のトラックのある無人の建物の脇で
車中泊。
真っ暗で怖いよ~(笑)
十津川温泉で風呂に入るつもりが21時を過ぎており入れず。

3月19日(土)
あまりの寒さで朝方、眼が覚める。
3月は、まだまだ車中泊は寒いです。
3日間とも、あまりの寒さに4時台に目が覚めた。
Image description Image description Image description






7時から山登り開始
五大尊山 825m程度の低山かと思いきや、どこから登っていいのか?
が、最初よくわからなかった。
この山。
標高は低いが、簡単に登れる山ではない。
どなたかのレポで玉置辻に車を置いてのピストンが可能な事を知り、
僕も実行してみる事にする。
こんな事は、3連休だから出来る事。
普通は簡単にはアタック出来ない山でしょう。
大森山までは、案外すんなり。
その後が長かった。
Image descriptionImage description Image description
累積標高1050m 11.5km  5時間5分
よく歩いた。
Image description
先の方で声は聞こえたが、誰にも会わなかった。
夕方、新宮市のそば屋さんで、スマホの電池を充電させてもらいつつ、
鍋焼きうどんとおにぎり。
今日の宿は、明日の烏帽子岳に備えて、雲取温泉付近の川沿いの無人の駐車スペース
川沿いは大失敗。
朝方、強烈に寒かった。
また4時起き。
車の暖房を使わないと体が寒さで硬直しそう(笑)

[PR]

by katuyamak | 2017-03-22 06:37