ボックス

久しぶりに読書感想文などでも


もう2週間前位になりますが、
百田尚樹さん ボックス(上・下) 講談社文庫  を読みました。
c0077338_22582332.jpg
c0077338_22585671.jpg
この作品、私の琴線に、すごく響いたんですよねえ。
とても感動しました。
テレビも見ずに、食事終えたら、すぐ読書。
平日も寝るのが毎日1時近くの日々が続いて、ずっと寝不足でした。
山登りする時、赤坂山の時だったかなあ。
電車の中ではずっと読書。
それ位、ハマりました。

百田尚樹さんの本は、「永遠の0」、「海賊と呼ばれた男」「モンスター」、「影法師」とか読んでましたが、私にとって、
この小説がNO.1でしたねえ。
全編 大阪弁っていうのも、今の大阪で働く私にピッタリして、実に心地良い。
小説に出てくる地名、駅名や場所がわかるんですよ。

小説は忙しくて、最近、ずっと読んでなかったけど、やはり小説って、おもしろいですね。
この本のお蔭で、努力する事の素晴らしさ、大切さがあらためてわかったんですよねえ。

おかげで腕立て伏せ15回、腹筋35回 ずっと継続してますよ。
ボックスと主人公の木樽優紀君に感謝ですね。
私にとって、山登りにも、この本のおかげで良い影響が出てます。







[PR]

by katuyamak | 2016-10-19 22:59 | Comments(2)

Commented by massuru2013 at 2016-10-25 05:17
おはようございます
私も行きたくないです
でも、本州の山はそんなとこが多いんでしょうね
Commented by katuyamak at 2016-11-01 06:31
マッスルさん、おはようございます。
熊の事ですよね。
九州では考えられない事ですね。