「大阪くらしの今昔館」へ行ってきました

6月19日(日)
大阪市立図書館の帰りに
地下鉄 堺筋線 天神橋筋六丁目で下車し、「大阪くらしの今昔館」の船場花嫁物語の企画展に
行ってきました。

山崎豊子さんの「船場狂い」の小説を読んで、船場には興味があり、
すぐに反応したのです。
さらに、展示内容が花嫁衣裳なら、これは是非、行かないといけない。



c0077338_19282178.jpg

企画展は撮影禁止だったので、せめて昔の写真だけでも・・

c0077338_19292764.jpg
常設展は写真OKのようです。
あれ、でもこんなに浴衣の若い女性っていたかなあ・・・



c0077338_19294419.jpg
実は、中に入ってビックリ
ほとんど、いや、すべてと言っていいでしょう。
中国、韓国などの娘さんや、お母さん等、よその国の観光客ばかり。
てっきり日本人かと思ってましたが、微妙に違うんですよねえ。
でもみんなキレイでした。

日本人の娘さんは、あまり堂々と撮影しないと思いますが、よその国の方は違いますねえ。
みんなデジカメ自撮り棒とスマホを使って、ポーズをとり、そこら中でバシバシ撮影してましたねえ。

どこの場所でも古いお店の前では、撮影場所となっており、日本人の私の方が恥ずかしくなってしまって、
なんか居場所がなく、この場所では、まったく観光する余裕無し。



c0077338_19301932.jpg
入場者は、日本人と他の国の方が半分ずつ位の割合だったでしょうか?

とにかく人が多くて、すぐに人酔い、してしまった。




c0077338_19303348.jpg


しかし昔の日本の展示の場所に大勢の外国からの旅行客。
予想もしてませんでした。

c0077338_19304464.jpg

そう言えば、大阪に来て、1年2ケ月になりますが、職場と山と単身先アパートの往復ばかり。
観光はまったくしてませんでした。

やはり私は、静かな山の中を歩く方が、いいようです。
特に関西では、なおさら(笑)






[PR]

by katuyamak | 2016-06-19 19:30 | Comments(0)