脊梁最終日 やっと好天に恵まれる 積岩山(1414m)


c0077338_2151630.jpg

おどま~ かんじん かんじん あん人達や よか衆~ よか衆 よか帯 よか着物~
「私は勧進(物乞い)みたいです。でも(奉公先の人たち)ここの人たちは、いい着物を着ています。
 絹の洒落た着物にいい帯締めて羨ましいです」

(五木村観光協会パンフレットより抜粋)

図書館から借りた五木の子守唄のCDが実にいい。
土曜からずっと、このCDばかりを聴いている。
この曲が荒涼とした脊梁の山々とダブり、実にいいのだ。
土曜日、午後に五木村に入り、月曜日 本日が最終日である。

c0077338_22130483.jpg

昨日は、集会所の管理人のおじちゃんにお土産に野菜をもらった。
その前に、私が会社の粗品を渡していたのだが、そのお礼だろうか?
誠に申し訳なく、自宅に帰り、しっかり食べさせてもらった。
このかぼちゃは、福岡では見た事がない形。
熊本だけにあるようです。
2泊で1000円しか払ってないのに・・・
村の方の親切が身にしみる。
c0077338_21512496.jpg

11月10日(月)
通常なら、一週間の始まりの日である。
ここ20年ちかく、会社の営業日の月曜日に会社を休んだ記憶がない。
仕事柄、平日の月曜と金曜はどうしても休めないのだ。
今回、たまたま休みが取れてラッキーだった。

その分、山を楽しませてもらおう。
8:02出発
また泉五木トンネルを登り、今日は昨日の反対側 鷹巣山方面を目指し、積岩山へ。


c0077338_21514779.jpg

天候も良く、山を歩いて気持ちがいい。

c0077338_2152671.jpg



c0077338_21522157.jpg

馬酔木(アセビ)の間を通る。
有毒だからか、この木が多い。
鹿も食べないのだろう。

c0077338_21524813.jpg



c0077338_21525923.jpg



c0077338_21531559.jpg

ここ周辺の森が実によかった。

c0077338_21532792.jpg



c0077338_21533962.jpg

登り2時間15分で山頂。
山頂近くで鹿が1匹
月曜日で当たり前であるが、往復、人には会わず風の向きで時々獣臭が漂う登山道
鹿に出会ったのみ。


c0077338_21534992.jpg



c0077338_2154239.jpg



c0077338_21541222.jpg


登山口付近を通り過ぎ、高塚山まで登ろうか思案?
地図によると往復3時間 う~ん、来年春以降の楽しみとしておこう。

高塚山のトレッキングルートは来年、是非歩いてみたいルートとの印象。
c0077338_21542584.jpg

昨日、夜に作った コロッケ弁当。
もうよほどの事がない限り作る事はないでしょう。
やはり外食が楽です。


c0077338_21543362.jpg
山歩きメモ
往復 4時間45分の山歩き(休憩30分程を含む)



c0077338_2154555.jpg
九州百名山を目標にした事により、登ってみてわかった脊梁 九州山地の山々の素晴らしさ。
脊梁の山も残すは、保口岳、雁俣山、市房山の3座となった。
くじゅう、阿蘇、祖母に比べて、人と出会う事も少なく、静かで荒涼とした私好みの山々である。

来年以降も毎年訪れたい山ばかりである。
夢の中にいるかのような山三昧の素晴らしい3日間であった。
五木村のみなさん、お世話になりました。







[PR]

by katuyamak | 2014-11-12 21:55 | 九州146名山 | Comments(2)

Commented by tinnan1515 at 2014-11-13 19:49
肉まんさん、こんばんは。
山三昧、最終日は晴れてよかったですね。
それにしても 脊梁九州山地の山は魅力がいっぱい。
私もこのような山に憧れます。
いろいろと参考になりました。
Commented by katuyamak at 2014-11-14 06:44
うすきさん、おはようございます。
来年、時間が合えばご一緒致しましょう。
思い出に残る山々でした。