好天の山歩き 国見岳~五勇山~烏帽子岳周回縦走

9月14日(日)は久し振りの好天に恵まれた。
こんな素晴らしい晴れ間はいつ以来だろうか?


さて、山歩き前までの行動を振り返る。
9月13日(土)
会社で12時まで仕事し、ここから気持ちを切り替えて脊梁に向かう事にする。
自宅で車中泊、山の用意を済ませて、福岡都市高速に入ったのが14時頃

御船ICで降りて、佐俣の湯にて、かなり早い晩飯(16時半)
カレーの大盛りが出来ないとの事で、カレーとうどん
いよいよ脊梁445号に入り、国見岳登山口
五勇線ゲート手前で下車(18時半)
登山口手前で車中泊するのは初めての経験。
国見岳から周回縦走(7~8時間)を考えるとここに泊るのがベストの判断。

19時に完全に暗闇となり、初めての山の夜と暗さを経験。
何もする事がないので19時半就寝。
山の夜は怖い位に静かであった。

なお、この夜は放射冷却の影響か?気温が低く、上下の寝間着に上がフリース
さらに-15℃まで対応の防寒シュラフに包まって寝た。
山の夜はやはり半端でない寒さである。


9月14日(日)
5時半起床  熟睡であった。
車中泊後を整理して、6時半出発。
早目の出発は、最後 道迷いした事もあり大正解であった。

c0077338_5485523.jpg
国見岳新登山口から登る。
いよいよ山歩きのスタート。
いきなりの急登となる。

c0077338_5485089.jpg


c0077338_5492330.jpg
ヒメシャラ8兄弟と書いてあった。

c0077338_5491678.jpg


c0077338_5494994.jpg

素晴らしい景色
無理して来てよかった。
c0077338_5494448.jpg

8時50分
登り2時間20分で国見岳山頂(1738m) 20分程休憩
九州中央山地の盟主 最高峰の山に登れた事に感無量
事前に登山口を下見もし、万全を期して挑戦しただけに嬉しかった。
c0077338_5501966.jpg
ここから五勇山方面に向かう。
ここから最後下山するまで、1人も登山者には、いや人間には合わなかった。
鹿 5~6匹を見ただけであった。
c0077338_5501056.jpg


c0077338_5504392.jpg


c0077338_5503443.jpg

五勇山山頂(1662m)
10時20分 ここで20分休憩
これで3分の2は歩いただろうか?
もう少しだ。
ここまで順調。
c0077338_551743.jpg
烏帽子岳方面に進路を変える。
背丈ほどあるスズタケの間を進む。

c0077338_5505842.jpg
11時50分
烏帽子岳山頂(1691m)
ここまで午前中のうちにこれた。
さて、最後 ここからの下り。
実はここからあまり調べていなかった。

c0077338_5512929.jpg


c0077338_5512156.jpg
正直に告白
烏帽子岳から元の登山道に戻る間に道迷いした。
原因は間を通る林道の道に惑わされた事。
この林道の間を赤テープに沿って、ちゃんと下ればよかったが、
途中から赤テープを無視して、林道を下ったが、これが大失敗。
結局90分 道迷い。
最後は元の登山口を丹念に調べて、下の画像を発見した時はほんとにホッとした。

背振、三郡あたりならあと標高50m位なら強引に下れば舗装道路に出られる。
だが、ここの下りは谷が深く、とても下れない。
山の深さを実感すると共に、道迷いして遭難か?と思うとゾッとした。
仮に10時頃の遅い出発だと、かなり焦ったと思う。
早い出発は大正解でした。
c0077338_5515353.jpg
最後、失速したが脊梁の 国見岳~五勇山~烏帽子岳の周回ルートは素晴らしかった。
今年、私の中では一番充実した山歩きになるはずだったのですが・・・

出発6:30-国見岳08:50(20分休憩)-五勇山10:20(20分休憩)
烏帽子岳11:50-登山口15時15分

8時間45分の山歩き(道迷い90分 休憩40分含む)  歩いた距離 16.0km


c0077338_558775.jpg


恥ずかしい道迷いのルート図。
90分のうろうろは危険と隣合わせでした。
途中、北にまっすぐ下っているルートがあるが行き止まりでショック
その先は崖になってましたね。
引き返しておいてよかったなあ。
結論は、林道が数多くあり、かなり惑わされたけど、
正規の登山口以外に、ここからの逃げ場はなかったという事です。
c0077338_5581977.jpg
9月14日の夜の宿は、白鳥山 峰越登山口
車中泊 2日目
これまた19時就寝

この夜は、山の谷から落ちていく夢を何度も見た。
脳がビビっていたんだろうか?



c0077338_559870.jpg
9月15日(月)
5時半起床
白鳥山を歩く予定が天候は雨
とりあえず、合羽着用で出発してみた。
登りだして、さらに雨足が強くなる。
c0077338_5591995.jpg

10分程歩いて、引き返す。
10時過ぎに会社からの携帯が鳴る事になっているので、山に集中出来ない。
雨だし無理は禁物だ。
昨日の道迷いが私を気弱にさせていたせいもある。
どうも気分的に強気になれない。


c0077338_5593346.jpg
白鳥山は再チャレンジです。


c0077338_5594256.jpg
2日目は残念でしたが、初日は大満足でした。
最後の失敗さえなければねえ~


[PR]

by katuyamak | 2014-09-16 06:00 | 九州146名山 | Comments(8)

Commented by tinnan1515 at 2014-09-16 09:06
 肉まんさん、おはようございます。
脊梁の国見岳、五勇岳、烏帽子岳の大周回、お疲れ様でした。下山時の道迷いは大変でしたね。
私も林道にはよく迷わされます。
今後、注意したいと思いました。
素晴らしい山ですね。
まだ、未踏ですのでいつの日かは登って見たいと思いました。
Commented by 風来坊 at 2014-09-16 21:19 x
こんばんは、肉まんさん。
念願の国見岳に行かれたのですね。帰りの道迷いは他山の石とすべきかと思いました。
10月からは仕事も代わることになり、時間が出来そうです。山へのお誘いにはお付き合いできる環境が整いました(笑)。
Commented by 肉まん at 2014-09-16 22:25 x
うすきさん、今晩は
林道には惑わされますね。
最後、安心していた時に道迷い。
完全に油断してましたね。
国見岳 素晴らしかったです。
是非、チャレンジを・・
なお、日帰り登山は、かなり厳しいかと思います。
Commented by 肉まん at 2014-09-16 22:27 x
風来坊さん、今晩は。
日曜日は楽しまれたようでよかったです。

10月からの意味ありげな文章 気になります。
私も10月中旬の会計監査が終われば、余裕が出て来るはずなんですけどね。
Commented by 豊津の信ちゃん at 2014-09-17 20:24 x
こんばんは~~
このコースは地元の方のお話によれば、烏帽子岳からの方がよいそうです。
下山に烏帽子にすると、道迷いがあるそうですよ。
多分、肉まんさんがそうであったように・・・・
脊梁の山は静かですね。肉まんさん好みな山ではないでしょうか(^_-)-☆
Commented by 肉まん at 2014-09-17 21:09 x
信ちゃんさん、今晩は
国見岳の周回は逆コースを歩かれてありましたね。
参考にさせていただきました。
最後に油断したようです。
あの林道には惑わされました。

脊梁の山は静かで、確かに私は大好きです(^_-)-☆

Commented by massuru2013 at 2014-09-18 05:44
おはようございます
あの深い脊梁の山で道迷い!!
それも単独ですからその不安だった様子もよくわかります
登山は難しいですね~
Commented by 肉まん at 2014-09-18 07:26 x
マッスルさん、おはようございます。
あの時の不安な気持ちは何とも言えないですね。
まわりには鹿しかいませんでしたから(笑)
あと少しの下りで緊張感が途切れつつあった時でした。
山の恐さをあらためて知りました。