雨予報でも決行 大岩扇山(691m)、渡神山(1150m)

6月28日(土)
月末近い土曜日、天気予報は午前中、しっかり雨予報。
通常ならば午前中仕事して、午後はゆっくり読書でもして過ごす週末。

しかし5月からここ最近、なぜか異常に山登りへの意欲満々。
6時40分。
雨だとわかっていても、いそいそと車中泊の用意も済ませ、日田方面へ高速代をケチって下道で登山口に向かう私。

大岩扇山の影ノ木集落の登山口に着いたのは、自宅から3時間20分が経過した10時である。
山の用意を済ませ、出発は10時18分。
小雨降る中、駐車スペースが無いので、影ノ木集落の道端に路上駐車させてもらい、
合羽に、要所は傘をさして登る事にする。
ザックは担がずに、ウエストバックを腰に巻いて出発。
c0077338_2161951.jpg

c0077338_219296.jpg
歩きだしてすぐに八丁坂の案内板。

c0077338_2194889.jpg

個人としては、なぜにこんな山の登山道を歩いて参勤交代をするのか謎。
街道がそんなになかったのでしょうか?

c0077338_2110094.jpg
しかしこの石畳。
雨の日に登山をする者としては、まったくじゃまです(笑)
中途半端にすべてに石畳をしてもらっているので、コケはあるし、雨の日だし、転倒しそうで
おっかないこと、おっかないこと。

とても超高速!参勤交代など出来ません。


上から年配の男性6名が同じように、こわごわと石畳を下ってこられた。
山で人に会ったのは4日ぶりである。
c0077338_21101932.jpg
石畳が終わったら、今度は夏草のラッセルである。
でも先ほどの6名が草をかき分けてもらっているはずで、大変有りがたい。
おられなかったら、下半身びしょびしょだったでしょう。

c0077338_21103078.jpg
視界不良です。
通常ならこんな日に山歩きする人なんていないはずだけど。

c0077338_21104635.jpg

登り31分で山頂。
超高速!で下山。
(気持ちのみ)
c0077338_2111114.jpg
またまた、うっとうしい石畳(江戸時代の人に怒られそうですが)
ほんとに雨の日の下りでは神経使います。

こんな道でも、牛、馬、わらじでも歩けたんでしょうか?
わらじにはいいのかもですね。

c0077338_21111732.jpg
下山後、国道に出て、振り向いて、やっと山の形がわかる。
こんな山だったんだ。

c0077338_21112753.jpg
山登りメモ
登山口10:18-山頂10:49-下山11:20
62分の山歩き
歩いた距離 3.0km

c0077338_2112960.jpg
下山後、体はほとんど疲れてない。
午前中で雨も上がり、登れるかどうか?わからないが、次の山の登山口の偵察だけでもいい。

渡神山(1150m)
次につながるので、当日、移動してみる事にする。

玖珠から国道212号を日田方面に戻り、日田から今度は国道210号で小国方面。
県道9号線から698号線。
赤坂小学校から先の舗装道路約6kmの道がビビった。

福岡の椎原バス停から椎原登山口に向かう舗装道路をちょっとだけ広くした舗装道路。
ここを延々と6kmも標高を登り上がった。
登山口到着はすでに13時半。

初めての山で雨あがり。
時刻はすでに13時半。
通常なら絶対登らない時間であるが、登山道ピストンで90分あれば戻ってこれる事。
6月で日暮れまでが長い事を理由にアタックしてみる事にした。

c0077338_21123925.jpg
初めての山、初めてのルート
雨あがりの日が射してきた登山道。
マムシが出てこない事を祈って13時42分出発。
ザック、スパッツ、軍手、完全防備。
虫よけスプレーを上半身にふりかける。

実は先週の大平山で首まわり、背中にアブから刺された箇所が20か所以上
背中が腫れ上がって大変な目に会いました。
今頃遅いですが、アブは怖いです。

c0077338_2112565.jpg
登山道が濡れているところの急こう配、きつい。
登りは急です。
背振山系の 鬼ケ鼻岩の直登ルートに非常によく似ていると感じた。
c0077338_211342.jpg

32分で山頂。
すでに14時14分。
遅すぎる山頂です。
即、下山
c0077338_21132334.jpg


c0077338_21133442.jpg
転倒、滑落は許されません。
1歩、1歩、慎重に下山。


c0077338_21135840.jpg
山歩きメモ
登山口13:42-山頂14:14-下山14:45
63分の山歩き
1.7km

c0077338_21141140.jpg
下山後、玖珠の温泉(320円)で温まる。
ここの温泉で車中泊していいか?訪ねたがいい返事がない。
さて、今日の宿はどこに寝ようか?

玖珠でいろいろ思案したが、
倉木山なら湯布院。
酒呑道子山なら小国。
鹿嵐山なら耶馬渓とあるが、地図を見てて、なんとなく、行った事がないので、深耶馬渓に決定。

一目八景近く、中津市の公共駐車場を今日の宿とする。
(レビュー評価は4 トイレもあり、人も、車も少なく申し分ない)
本日、2回目の温泉に行くと男女混浴である。
若い女子がいたらどうしようと期待と不安があったが、しっかりオッサンの男子のみであった。

車中泊もすでに今回で5回目。
だんだん慣れてきた。
この温泉で缶ビールを買って、21時前に就寝。
トイレの帰りに川からのホタルを見る。
そうか、今は6月下旬だったなあ。

明日は鹿嵐山だ。




[PR]

by katuyamak | 2014-06-29 21:14 | 九州146名山 | Comments(4)

Commented by 風来坊 at 2014-06-30 03:53 x
おはようございます、肉まんさん。
九州百名山、急ピッチで登られていますね。レポを見ると意外な山を登られていないことに気付きます。
レポも早く、さすがです。私はお察しの通りコメントの時間には爆睡していました。さすがにゴルフから帰って、1時過ぎに起きてからサッカー、釣り、山歩き、畑、そして家内の誕生祝いの外食、9時まで持ちませんでした(笑)。
Commented by tinnan1515 at 2014-06-30 05:41
 肉まんさん、おはようございます。
精力的な山歩きが続いておりますね。
しかも雨の中を。
タフネスな精神力が素晴らしいです。
車中泊を大いに楽しまれておりますね。
Commented by 肉まん at 2014-07-01 06:32 x
風来坊さん、おはようございます。
日曜日はお祝いの外食もされてあったんですね。
凄い体力です。
私は週末で凄く食欲が出てますが(笑)
Commented by 肉まん at 2014-07-01 06:34 x
うすきさん、おはようございます。
一体、どうしたんでしょうね。
雨でも登りたかったんです。
車中泊は意外に自分に合っているようです。