自然の美に感動!杉ガ越から新百姓山と桧山ピストン前編 

5月3日 仕事を終えて・・・
さあ、GWだ。。
普通の方はもうとっくにGW休みも後半であるが、
昨日は仕事してやっとメドがついた私は明日からが休み本番である。

GWはどこに行くか?
関西方面に行こうか、四国方面に行こうか、色々迷って、決めたのは宮崎の山。
正直、当初は交通機関の移動を考えていたので、九州の山の選択肢はなかったんだけどなあ。



車中泊デビューしようと思う私と、「九州の山歩き 南部編」の本との出会いが私を、
宮崎の山へと向わせたのである。



5月4日(日)
5時に起きる予定が、昨晩、世界卓球女子団体をテレビで見過ぎてしまった。
寝たのが1時過ぎだから、そりゃー、5時には起きれないわなあ(笑)

仕事を終えて、録画した卓球女子を見たのが、すでに21時過ぎ。
それから団体戦が、カットマン対カットマンの試合もあり、3時間半もかかるんだもん。

あちゃー、すでに6時かよと、6時半に自宅を出る。
大分米良ICで降りて、R10経由R326から県道6号へ

杉ガ越トンネルに着いたのが、10時10分過ぎ。
出発は10時40分。
c0077338_21171463.jpg
杉ガ越トンネル横からの登山口。
懐かしい。
2003年9月にコヨーテさん、ごえもん君と登った傾山以来、実に10年半ぶりである。


c0077338_2123946.jpg

杉園大明神からの縦走路。
いよいよスタート。
c0077338_21232994.jpg

さあ、ここから傾山へは2度歩いた事があるが、新百姓山へは初。
いよいよ初ルートを歩く。
気持ちが高ぶる。
c0077338_21234994.jpg

登りも半分過ぎた辺りから、ブナ、ミツバツツジの出現により、景色がどんどんよくなってきた。
無理して、来てよかったなあ。
心からそう感じた。
c0077338_21241035.jpg


先を行く大分からのオバさん。
この方とは、この後に、長く会話するようなお付き合いとなる。
だって、桧山頂上付近では、アケボノツツジの夢のような世界に2人きりになるんだもん。
c0077338_21244210.jpg
いやー、素晴らしい。

c0077338_21245581.jpg

なんと美しい縦走路だろう。
c0077338_21251458.jpg


c0077338_2125299.jpg


c0077338_21255187.jpg


c0077338_2126797.jpg
気が付けば、歩きだして1時間25分。
いつの間にか、新百姓山山頂(1272m)であった。

c0077338_2126259.jpg
昼食は最初から、桧山の予定である。
この美しい新百姓山で休憩せず、さらに桧山へ向かう。

この後、これから、
さらにさらに美しい縦走路が続くとは想像もしていなかった。
もし山に食べ物の旬があるとするなら、今、まさに旬。

私の12年間の山行の美しい山、ベスト10に入る夢の世界がそこにあった。

山とはこんなにも美しいのか。
ブナ、ヒメシャラ、アケボノツツジ、シャクナゲ、ミツバツツジ、
美林や花とはこんなにも美しいものだったのか。

新百姓山~桧山後編に続く。



c0077338_21265015.jpg

[PR]

by katuyamak | 2014-05-06 21:17 | 山歩き | Comments(0)