本の紹介

図書館で2~3週間前に何気なく借りた
「九州の山歩き 南部編」 九州の山研究会  海鳥社


山のルート紹介の本はどれも似たりよったりで、まあ 山と渓谷社の「○○県の山」があれば十分かなあ
と思ってました。

でもこの本はいいですね。
オールカラーで見やすく、ルート図も丁寧
なんか眺めている内に南部の山に登りたくなった(笑)
すぐにパソコンからアマゾンで購入した。
c0077338_665748.jpg


また5月4日からこの本を利用して宮崎方面の山を登る予定。


さて、南部編があるのなら、北部編もあるはずだと思い、図書館から検索し、北部編を確認。
貸出中だった為、予約を入れて、ようやく私の手元に来ました。

いや~、北部編もいいですね。
紹介された99ルートのうち、この中で登った山はすでに65
半分以上登ってますが、まだまだ抜けがあるし、登った山も一ひねりしてあり、知らないルートが多い。
読んでいる内に、抜けがある山、知らないルートへの登頂意欲が湧いてきた。
紹介してあるルートは、歩行時間が長いのも、またいい。

今までの山の本で

宗像四ツ塚縦走
二丈岳~十坊山
三郡縦走
など長いルートを1冊の中でまとめて紹介していた本はかつて知らない。
歩きたくなる山とルートがたくさん出てきた。

最近は、マンネリ化してしまった山歩きしているので、こんな刺激は大事ですね。

この本も早速ネットで注文かけよう。

この本が5年前に出ていたら、私の山歩きもまた方向性が変わっていたけどなあ。
まあ、この本を時々、利用させていただきましょう。
いい本です。

ただし、苦言をひとつ。
北部編には、歩行時間が書いてあるが、歩行距離が記載されていない。
南部編にはしっかり、書いてくれている。

山の会が違うからと言えば、それまでだが、実に惜しい。
改訂版が出るなら記載してほしいですね。


あとTSUTAYAで買った「賢人の習慣術」
この本も読みやすく、内容もよかったなあ。
[PR]

by katuyamak | 2014-04-30 06:07 | 読書 | Comments(6)

Commented by そよかぜ at 2014-04-30 19:35 x
こんばんは~
「九州の山歩き 南部編」 はいですね。
私も一昨年だったか購入して、もうずいぶん参考にさせてもらっています。
なかなかユニークなコースもあり、楽しいですね。
北部編は歩いている場所が多くて、本屋さんで時々眺めるだけになっています。笑
Commented by tinnan1515 at 2014-05-01 05:27
 肉まんさん、おはようございます。
「賢人の習慣術」は読んで見たくなる本ですね。
このシリーズは「賢人の勉強術」「賢人の企画術」「賢人の手帳術」等がありました。
現役の時に読んでおけば少しは賢くなっていたかと。(笑)
「九州の山歩き 南部編」、参考になりました。
Commented by tikuzenootomo at 2014-05-01 14:27
こんにちは^^

山の本は楽しいですね^^

福岡県の名城 という本を持っているのですが
山城跡などが紹介されています。
低山へ行くとき散歩するとき参考にしています^^

まったく山には関係ないけど、昨日から村上海賊の娘という本読み始めました^^

Commented by 肉まん at 2014-05-02 23:26 x
そよかぜさん、今晩は
南部編はすでに読まれてあったんですね。
さすがのそよかぜさんも、まだ南部編は未知の山が残ってたんですね。
北部の山は、ほぼ歩かれてあるだろうなあ(笑)
Commented by 肉まん at 2014-05-02 23:29 x
うすきさん、今晩は。
賢人の習慣術は参考になりましたね。
他のシリーズもあるとは、知りませんでした。
南部編もこれから役に立ってくれると思ってます。
Commented by 肉まん at 2014-05-02 23:37 x
tikuzennootomoさん、今晩は。
城の本をお持ちなんですね。
城の事もいろいろ調べたら、おもしろそうですね。
「村上海賊の娘」は私も図書館で予約中です。
あと38番目なので、おそらくあと、半年はかかるでしょうか(笑)
小説は読み終わったら、本をすぐ処分するので買おうという気持ちにならないんです。
せこいオッサンです(笑)