青春18きっぷその24 関門トンネル~火の山~JR下関駅 後編

1月2日(木) 後編

さて、関門トンネルの下関側の上へ上がった。
下関側の景色はこんな感じ。
当たり前だが、関門トンネルは逆に映る。
c0077338_20514581.jpg


c0077338_20503570.jpg
JR門司港駅から古城山~関門トンネルと渡り、さらに火の山。
正直、体が疲れているので、登るかどうか思案する。
しかしせっかく下関にも来た事だし、火の山にゆっくり登る事にした。

ここからロープウエイ乗り場に行けるので、その付近に登山道があるはずだ。

c0077338_20523322.jpg
この標識を発見。
これで山頂まで行ける。

c0077338_20511769.jpg
さらに遊歩道の標識。

c0077338_205333.jpg

ここからは自然林豊かな、いい登山道だった。
c0077338_20514554.jpg


c0077338_20533377.jpg
JR門司港駅を出発し、3時間20分程で山頂。
というか山頂は縦に長い、長い広場になっており、どこが山頂なのかわからなかった。

c0077338_20521525.jpg

至るところにこの火の山砲台跡の説明がある。
c0077338_2054060.jpg
砲座跡。

c0077338_20524771.jpg
兵舎と弾薬庫か。

c0077338_20543210.jpg
ここからなら、大砲を発射すれば、船に命中するだろう。

c0077338_20531560.jpg
山口県側の砲台跡の地図。


c0077338_20534834.jpg
門司、小倉側の地図

c0077338_20553857.jpg

ここまで3時間半で2座 すでに10km以上歩いてきている。
腹が減ってきた。
レストランがあったが、こんなところでは食べたくない。
厳流焼を買う。
c0077338_20542118.jpg
登山道をピストンして、また元の位置に戻る。
しかし今日は、1月にすれば暖かった。

c0077338_20561231.jpg
午前中に登った、古城山。
c0077338_2055476.jpg

さてJR下関駅方面に向かっていると海岸に出る。
これで 0m~火の山~0mが達成できるとニッコリ

c0077338_2055323.jpg
ニッコリしたのも、つかの間、この緑の苔の部分でズリ~っと思い切りこけた。

こけただけならいいが、もう少しで、海にズリ~と落ちそうになった。

危ない、危ない、山歩きして海に転落もしくは、ずぶ濡れでは洒落にならんぞ。

ほんとギリギリのところである。
危なかった。

c0077338_20565144.jpg
白々しくも達成(笑)

c0077338_20553278.jpg

あとは赤間宮のそばを素通りし、
c0077338_20572469.jpg

さらに亀山宮。
下関の人達が毎年行かれているところなんだろう。
c0077338_205643.jpg

唐戸市場をちらっとみれば、回転寿司のお店が営業していた。
この回転寿司は、いつも多くて入った事がない。
残念ながらすでに受付終了であった。
c0077338_20574941.jpg


c0077338_20563131.jpg
c0077338_07000010.jpg


さらに、さらに歩いてJR下関駅まで
コンビニでカップ酒を買い、JR門司駅へ移動。
移動中に飲酒。

なんでも門司駅に「大勝」というおいしいラーメン屋がある模様。


c0077338_20581733.jpg



JR門司駅から歩く事、1km位のところで懐かしい銭湯を発見。
15時ちょっと過ぎ位だったかなあ。
見れば今日は16時までになっている。
ここまで2座を歩き、体も汗臭いはずである。
ひと風呂浴びる事にした。
「杉の湯」 440円

c0077338_20565660.jpg
まさに昭和の匂い。
至るところ修理が必要な個所ばかり。
壊れたままになっているところがまた懐かしい。
c0077338_20583920.jpg
番台は耳の遠い、おばあちゃんが守ってあった。
おそらくこのおばあちゃんの代で終わりなんだろうなあ。

タオルしか持ってきてなかったので、石鹸30円、シャンプー30円を買うように、言うと
使い古しの石鹸とシャンプーを渡されて、これでいいなら40円でいいと言ふ。

この適当なざっくり感がたまらない。
そういえば、昭和の時代はまさに、こうだったなあ。


c0077338_20571710.jpg


c0077338_2059389.jpg
「大勝」はスープ完売ですでに休みであった。
おそらくそうだろうと思っていたので、そう気落ちしなかった。
「大勝」を目指した事により、「杉の湯」のお風呂に入れた事、出会えた事、
こそが旅であるんだろう。
山歩きで18kmを歩き、さらに門司周辺を2km以上歩いている。
1月2日は 20km
よく歩いた。






JR門司駅からさらにJR小倉駅で下車し、ここで食事、酒を飲み、酔っぱらって博多へ戻った。
好天に恵まれ、関門トンネルも歩けて、銭湯にも入れて、今日も実にいい旅であった。
[PR]

by katuyamak | 2014-01-03 20:58 | 青春18きっぷ | Comments(0)