「ほっ」と。キャンペーン

六甲山最高峰 ロープウエイ有馬温泉駅での失敗

9月23日(月)
起床4時20分
昨晩は21時前に就寝。

前日13。5kmを歩いているので、足取りが重い。
出張の仕事を前に2日間 各13km以上の山歩きは少々無謀な気もするが果たして・・・・


疲れは取れてなかったが、六甲山ルートは歩くたびに、風景が変わり、見どころも多くとてもいい山であった。
c0077338_726598.jpg


JR新今宮駅発5:12-JR芦屋駅着6:01
c0077338_72661.jpg

さて、いつものように六甲山に対する知識は何もない。
JR芦屋駅を降りて、とにかく出発点となるであろう阪急 芦屋川駅を目指す。
歩いて10分程であった。
阪急 芦屋川駅のそばの橋から見た画像。
あれが六甲か・・・
いい山の予感。
c0077338_7265867.jpg

さて、芦屋駅前からこの登山ルートに来るまでの間・・・
画像を写してないが、高級住宅街である。
ベンツ、BMW等高級外車ばかりの住宅街。
芦屋である。
日本でも有名なセレブが多い街らしい。
まさにその雰囲気は私にも十分伝わった。
c0077338_7241056.jpg

さて、前日、西成の2400円のビジネスホテルに泊まった私は、この芦屋のセレブの空気と雰囲気を
おいしくいただき(笑)
山を目指す。


下の画像だけは、たくさん見た「ロックガーデン」の登場である。
ここはおもしろかった。
c0077338_7241917.jpg

さて、ここから、さらにさらに登りが続く。
前日、13km歩いている私の体がとにかく重い。
最近2日連続で山を歩く事などほとんどないので、少々疲労困憊。
今は朝だからよかったけど、この日もまた温度が暑かったんだ。
c0077338_7244525.jpg

重い足取りで1歩、1歩と
ザックに担いだ1泊2日の衣服、その他と本5冊もズシリと重い。
c0077338_725273.jpg


c0077338_725255.jpg

ここでホッとひとときの休憩。
タオルで噴き出た汗をぬぐう。
c0077338_7572539.jpg

風吹岩到着
ここまでJR芦屋駅より登り1時間40分
最高峰までは、まだまだ遠そうだ。
c0077338_7573191.jpg

また雰囲気が変わり、
c0077338_802763.jpg

こんなところも歩き
c0077338_804279.jpg

渡渉したりして
c0077338_759767.jpg


c0077338_81398.jpg

やっと最高峰が顔を出した。
c0077338_812444.jpg

まだまだだ。
最高峰まで1.9km
c0077338_814236.jpg

ここまで実にいい雰囲気で歩いたきたのだが、一軒茶屋でがっかりである。
舗装道路と観光客の出現。
そうか。
背振山と一緒なんだな。
山頂まで行けるんだ。
c0077338_82037.jpg

それでもなんとか9時50分六甲山最高峰へ到着
JR芦屋駅着が6時だったので、登り 3時間50分もかかったのである。
実に長かった。
山と渓谷社の標準タイムが3時間25分程度であるから、それより時間がかかっている。
終始、足取りは重く、水も2リットル近く補給しており、バテバテである。
その分、山頂に着いた時は、感慨もひとしおであった。
c0077338_821867.jpg

それでもまだ山歩きは終わっていない。
下山開始
有馬温泉方面へ。
c0077338_823914.jpg

有馬温泉までの道は、歩きやすく、緩やかな下りで、風景もいい雰囲気で歩きやすい道であった。
c0077338_825544.jpg

山歩きメモ
JR芦屋駅6:01-六甲山最高峰09:50-ロープウエイ有馬温泉駅11:25
5時間25分の山歩き  13.7km
c0077338_831713.jpg

ここでロープウエイ有馬温泉駅での失敗を正直に報告

さて、ロープウエイ有馬温泉駅に着いた私は、これで山歩きが終わったと勘違いした。
上の地図をよく見ておいて下さい。
時刻は11時半
二日間で27kmを歩き、温度は急上昇し、残暑きびしく汗が噴き出てヘロヘロの状態である。

もう歩きたくない。
本来、ロープウエイやタクシーなど、無駄なお金は、使わない私であるが、やむを得ない。
これで下山出来るなら安いもんだ。
切符売り場で下り1枚と言って、切符を買った。
切符の文字は見ていない。

子供連れの観光客が多いなかに、汗臭い山から下りてきたザックの重そうなおっさんが一人ポツンと並んでいる。
とにかくロープウエイで下って有馬温泉に行こう。
私の気持ちは、この時 これだけ。


さて、ロープウエイが動き出した。
登っている。
私の頭がクラッとした。
下らんといかんやろ~。
c0077338_834023.jpg

やっと、ここで私の間違いに気が付く。
私はこのロープウエイは有馬温泉に下るものと思っていたが、六甲山系を見渡せる頂上に向かっていたのだemoticon-0147-emo.gif
六甲山ロープウエイの存在を知らなかった私は、疲労困憊の頭の中で、このロープウエイは、有馬温泉行きの下りなのだと勝手に思い込んでいたのだった。

子供連れの観光客の大半が、登るにつれてその風景、景色に、車掌の説明に、感嘆の声を上げる。
ワ~、ホ~、スゴ~イ

その中でただ一人、私の顔は笑えずに、ひきつっていた。
c0077338_835426.jpg

頂上に着いて、また泣く泣く下りの切符を買った。
最初から往復切符を買えば、安かったのにその事すらまったく知らずに・・・

頭の中で、せっかくロープウエイの景色を見てるんだから、楽しもうと心に言い聞かせるが、気持ちの切り替えもすんなり出来ない。
いや~、とてもありがたかった思い出と料金1960円である。
これからロープウエイ有馬温泉を思い出すたびに、苦笑する事だろう。
c0077338_84931.jpg

気を取り直し(笑)有馬温泉 金の湯に入る。
c0077338_84253.jpg

今度は、ちゃんと間違えずに、電鉄 有馬温泉駅に着いた。
c0077338_843896.jpg

今度は間違わず、大阪 梅田に向かった。

二日間、ひとり山と向き合い、楽しい山歩きであった。
最後にオチまであったけどね。
まったく何も情報も知らない土地での山歩きもいいものである。
[PR]

by katuyamak | 2013-09-29 07:37 | Comments(8)

Commented by tinnan1515 at 2013-09-29 16:44
 肉まんさん、こんにちは。
六甲山歩きはハプニングのようでお疲れ様でした。
知らない街で初めての山はとても新鮮な気持ちになりますよね。
肉まんさんを見習って冒険の旅に出掛けたいのですが
井の中の蛙です。(笑)
Commented by 山馬鹿 at 2013-09-29 17:23 x
お疲れ様でした~
このルートは、2回歩きました(名前につられ東お多福山経由)
二回目は、こねぎさんと一緒に・・・
六甲山系は岩や沢等もあり、結構奥が深いようです。
Commented by 肉まん at 2013-09-29 18:34 x
うすきさん、こんにちは。
六甲山ルートは、疲れておりましたが、楽しいルートでした。
知らない土地と山、知らないルートはやはりおもしろいですね。
Commented by 肉まん at 2013-09-29 18:35 x
山馬鹿さん、こんにちは。
おかげ様でやっと、六甲山に登る事が出来ました。
いい山でしたね。
何度でも訪れたい山です。
また次回は、違うルートを歩いてみたいと思ってます。
六甲山系の奥は深いでしょうねえ。
Commented by 風来坊 at 2013-10-01 06:32 x
おはようございます、肉まんさん。
私もこのルートを歩きました。ロックガーデンや下りの道は雰囲気が良いですね。ルートが、ロープウェイ駅とありましたので、下りはロープーウェイに乗られたのかなと思っていましたが、まさかの往復でしたね…。
金の湯も入りました。紅葉の頃でしたので、芋の子を洗うと言う表現がぴったりの混雑でしたが、如何でしたでしょうか?
Commented by ミント at 2013-10-01 18:38 x
肉まんさん こんばんは。
ブログ楽しく見させていただきました。
私は平成2年から7年まで神戸市灘区に住んでいましたが
当時、山登りは全くしていませんでした。
六甲山、いい山のようですね。
神戸には今でも親戚がいますので、機会があれば是非登ってみたいと改めて思っています。
Commented by 肉まん at 2013-10-01 22:37 x
風来坊さん、今晩は
金の湯はまさに芋の子を洗うごとしでした。
もうあそこは1度行けば十分でしょうね。
六甲山ルートは機会あれば、また違うルートを歩いてみたいです。
Commented by 肉まん at 2013-10-01 22:40 x
ミントさん、今晩は
六甲山はいい山でしたよ。
頂上は背振山のようで、がっかりでしたが、途中の道が何ともいえずいいです。
いろんなルートがあるようです。
今は格安航空券が福岡~関西空港にあるので、運賃安く行けますよ。
機会あれば是非。

そうそう、ミントさんのブログにコメントしたのですが、アルファベットのところで跳ね返されました。
唐津の旧高取邸だったかな?
十坊山とセットで、行ってみようと思ってます。