坂本峠より蛤岳ピストン

9月8日(日)

またまた雨予報である。
猛暑の後の日曜日は、2回の雨の山歩きだったが、とうとう3度目かなあと思いつつ、朝を迎える。
背振方面には雲がかかっている。
午後から降水確率も下がるので、時間をずらして、遅く出発。

当初は、三瀬峠から金山のピストンを考える。

内野方面から見た「金山」
間違いなく山は雨であろう。
山に登る前に、石釜豆腐店で水を汲むがすでにこの時点で雨である。

本日はデジカメを忘れて、携帯で撮影。

c0077338_549454.jpg

雨の山歩きはもう2度、大雨の中を歩いており、少々うんざりである。

登山靴は乾かない。
ザックカバーはボロボロになる。
その他、登山用品の損傷が激しい。
あまりいい事はない。


どこかいい山がないか?と考え、ふと坂本峠から蛤岳ルートを思い浮かべる。
蛤岳ルートなら、大雨でも傘をさして歩ける。



石釜から車で那珂川方面へ移動。
10時10分
坂本峠よりストックの代わりに傘を持参して出発
c0077338_614131.jpg

嬉しい事に雨は、今にも降りそうだったが、まったく降らなかった。
おかげで傘は必要なかった。

蛤岳ルート
後で調べてみると、2006年10月以来 7年ぶりであった。

このルートも随分と久しぶりであるが、登山道が変わっている事に気付く。
前に歩いた時は、イノシシが登山道をほじくりかえしていたが、そこは変わっていなかった。
今回も、イノシシには会わなかったが、気配は音だけで、2度感じた。


林道が出来ていた。
c0077338_614618.jpg

坂本峠から蛤岳ルートと言えば、植林の薄暗い登山道をずっと歩くイメージであったが、随分と変わった。
一言で言うと道が明るくなった。

これならまた歩いてみよう。
ただし、天気が悪い時のみ用として(笑)
c0077338_62731.jpg

蛤水道に出る。
ずっと雨だったし、水に勢いがある。
音も凄い。

c0077338_621274.jpg

1時間30分で蛤岳(862m)山頂。

ザックに4リットルの水を担いできたが、この重さで登り90分は私にしたら、上出来。
途中で、ストレッチ体操の時間を5分入れて休憩しているので、けっして急いで歩いた訳ではない。
最近、ザックを重く背負って歩いているせいか、山の体力もついてきてくれたかな♪
c0077338_623371.jpg

c0077338_6252864.jpg

山歩きメモ
出発10時10分ー蛤岳山頂11時40分ー登山口13時35分
山歩き3時間25分
帰りに蛤水道源流にも寄ってみる。
歩いた距離 9.4km
c0077338_623765.jpg

11月~3月
一度、七曲峠から背振も歩いてみるか。
ピストンするだけでも19km
山歩きの体力をつけるには、いい運動になりそうである。
[PR]

by katuyamak | 2013-09-09 05:42 | 山歩き | Comments(4)

Commented by 風来坊 at 2013-09-10 05:02 x
肉まんさん、おはようございます。
雨に降られずに良かったですね。蛤岳では日が射しているような・・・。七曲峠から背振山までは歩いたことが無いので、いつかご一緒出来れば嬉しいです。夏は暑そうですので、冬にお願いします(笑)。
Commented by 肉まん at 2013-09-10 05:28 x
風来坊さん、おはようございます。
風来坊さんと一緒なら、車をデポして、金山~九千部山までの縦走も可能でしょうね。
冬に歩いてみましょうか?

Commented by tinnan1515 at 2013-09-10 11:18
 肉まんさん、おはようございます。
4Lの水を担いでの山歩き、体力がつきますよね。
金山~九千部山までの縦走は魅力を感じます。
Commented by 肉まん at 2013-09-11 05:58 x
うすきさん、おはようございます。
少々ですが、体力がついてきたかなと感じてます。
風来坊さんと背振縦走をする際は、うすきさんもご一緒にいかがでしょうか?