雲仙 矢岳(971m) 絹笠岳(879m) 帰路へ 

7月15日(月)

テントで3時に目が覚める(笑)
テントの外を見ると、うっすら星が出ていた。
雨が降らなかった事が何よりである。

テントの中でごそごそして5時に起きる。
テントを撤収したりして、田代原キャンプ場を5時半に出発。
5時過ぎから起きて、ゴソゴソしているのは私だけだった。
他のテント泊の寝てある方に申し訳ないと思いつつ、キャンプ場をそっと去る。
お世話になりました。

車で移動し、矢岳駐車場に着く。
しかし駐車場から矢岳の歩くルートがいまいちよくわからない。
一度、駐車場を出て、登山口を発見して、それで駐車場の位置関係、登山口からの
ルートがつながった。
これを理解するまで30分以上かかる。
また元の場所に戻り、出発。
たしか6時20分頃だったと思う。
c0077338_2020519.jpg



矢岳のルートには、時々 クモの巣がある。
私が本日、初めての登山者だと思う。
c0077338_20214976.jpg

登り 36分で山頂 たしかちょうど7時頃であった。
往復 1時間10分
いい山でした。

c0077338_2022544.jpg

次に登山靴も脱がずにそのまま次の山
絹笠岳へ。
昨日、「よか湯」に入る前に白雲ノ池キャンプ場を視察した時に、運よく絹笠岳登山口と登山道を発見。
それが今日につながった。
c0077338_20224583.jpg

昨日から、低山とは言え、夏山を3座目。
短い距離を歩いてはいるが、夏山のせいか疲労を覚える。
この山を登ったら、温泉だあと自分を奮い立たせる。

c0077338_20232216.jpg

絹笠岳山頂。
登りたぶん40分かかってなかったと思う。
頭で覚えていたが、日曜日の事をブログ更新している今日は、木曜日。
もうすでに忘却の彼方。
すっかり忘れてしまった。
c0077338_2024997.jpg

頂上からの景色は見事であった。
c0077338_20242980.jpg

ベンチの前に山の案内板があり、この図によれば
あと雲仙で登ってない山は、
鉢巻山、野岳、高岩山である。
また機会あれば登ってみたい山である。
c0077338_20245327.jpg

矢岳頂上手前でGPSが電池切れしたせいか、頂上までの軌跡がない。
残念であるが、登ったイメージはわかってもらえると思う。
c0077338_692564.jpg

山に2座登って、早速 昨日会員登録した「よか湯」に入る。
これから400円のところが300円で入れる。
雲仙の名湯に300円で入れる。
嬉しい限り。
テント泊して朝早くから登った事もあるが、まだ朝の9時10分である。
朝の温泉もこれまた最高であった。
c0077338_2025840.jpg

温泉の後は、島原市へ移動。
雲仙、島原の観光案内を頼りに、島原城近くの六兵衛へ
時間はまだやっと10時過ぎ。
c0077338_622359.jpg

じゃーん。これが 「六兵衛」 500円
おいしゅーございました。
c0077338_20255518.jpg

汁まですべて完食
c0077338_20261586.jpg

今回の旅では、具雑煮、島原ソーメン、寒ざらし、六兵衛と島原の郷土料理を堪能。
雲仙のどちらかと言えば目立たない渋い低山も3座登る。
申し分ない旅となった。

最後は島原の水を10リットル汲んで帰る。
無料なので、とてもありがたい。

いつもの事であるが、島原、雲仙がとても気に入った。
また是非、訪問したい地である。
c0077338_20263372.jpg

最後、雲仙からの堤防道路を渡る前にまた うどんを1杯。
島原半島を堪能した旅でした。
c0077338_20264722.jpg

帰りは高速を使わず、下道を5時間以上かけて(途中仮眠したりして)
やっと福岡へ。
やはり福岡から島原半島は遠いですね。
正直な感想です。
でも2日間、いい旅でした・・・

テント泊総括

出発から帰宅までテント泊、山歩き ガソリン、食事、その他もろもろ、
すべてでかかった費用は1万3千円であった。
たぶん雲仙温泉に宿泊すれば、3連休 1泊2食だけで、すでに1万3千円以上かかるだろうと思う。

そう思うと手作りの自分だけの旅で、
雲仙温泉2回、山を3座、具雑煮、島原城観光、流しソーメン、寒ざらし、六兵衛と
雲仙、島原名物を堪能。

工夫すればこんな旅も出来る。

今はスマホだけで、すべてがネット予約出来て、楽な旅は、簡単にできる。
その時代に逆行して、高速を使わず、下道とテント泊。
くそ暑い夏にわざわざ人もあまり登らない雲仙の渋い山を3座。

どちらの旅がいいかは人それぞれ・・・・
でもこんな旅もある、出来るという事は収穫でした。

また早くも、次の旅に出たいです。

でもなかなか、そう簡単に旅に出られない現状。
日々の仕事を精一杯、こなして、またいつか、こんな時間を作れたらと思ってます。
[PR]

by katuyamak | 2013-07-15 20:20 | 山歩き | Comments(4)

Commented by tinnan1515 at 2013-07-18 20:09
 肉まんさん、こんばんは。
肉まんさんの旅のスタイルに憧れます。
でもなかなか決断がつかなくていつも日帰り登山です。
山、温泉、郷土料理それぞれにテーマを持ってあり
いつも刺激を頂いております。
Commented by 肉まん at 2013-07-19 05:28 x
うすきさん、おはようございます。
うすきさんも低山歩きから、祖母~傾縦走をされたり、サイクリング、釣り、音楽鑑賞、お花の世話と幅広くこなされてあり、私も尊敬しております。
今回もまた、雲仙、島原を楽しめてよかったです。
Commented by 風来坊 at 2013-07-19 05:30 x
おはようございます、肉まんさん。
キャンプを楽しまれている様子が感じられて、羨ましいですがテントを張ったりするのが何となく億劫で、泊まるとしても車に寝そうです・・・。でも、テントの方が外を感じやすそうですね。
色々と楽しまれて1万ちょっとはさすがです。見習わねば。
Commented by 肉まん at 2013-07-19 06:08 x
風来坊さん、おはようございます。
平戸。ご一緒しませんか?
ソロだとさすがに気が引ける場所なので・・・
テント購入も検討してみて下さい。