青春18きっぷ18回目 長崎県佐世保 烏帽子岳(568m)~皿うどん

3月24日(日)
3月14日21時から17日までの、会津若松の旅では、疲れが3日間位とれなかった。
思えば結構ハードな旅であったかもしれない。

今週は、疲れをとる為に、三郡、脊振をのんびり歩きたいところであるが、青春きっぷを購入している。
あと3回残っているし、せこい性格ゆえ1日の往復運賃2300円以上の場所には、行きたいところ。

候補は、長崎市、熊本市、佐世保市であったが、20年位行ってないので佐世保市へ足を延ばしてみる。

目的は、佐世保駅付近のビックマンのベーコンエッグバーガーと駅の皿うどんとちゃんぽんである。

山は、どの山にしようか?

佐世保市 山登りで検索すると、ちょうどタクさんのブログがヒットした
「こんな素晴らしい山がなぜガイド本に載っていないのか」と言う内容。

よって、烏帽子岳に決定。

しかし、前日、土曜日の夜に決定したし、そもそも地図がない。
タクさんのブログに載せてあるルート図を何度も見て、歩いてみる事にするが、どうもよくわからない。
あとはどげんか、なるだろう。(このざっくりの覚え方が致命的となり道迷いしたが)


朝、4時半に起床、博多発5:15分 鹿児島本線に乗り込む。
8時55分 佐世保駅前を出発。
あれが烏帽子岳だな。
c0077338_6235825.jpg

c0077338_6242245.jpg

道がよくわからないが、GPSを見て、適当な坂道から山の方向へ歩く。
c0077338_6242344.jpg

これで合っているのか(笑)
c0077338_6244748.jpg

スーパーを通り過ぎる。
下山してわかったが、すぐ上にちゃんとした九州自然歩道の登山道があったが、登りでは、わからなかった。
c0077338_6244975.jpg

さて烏帽子岳である。
だいたい山の山頂には登山道が出てくるが、この烏帽子岳は、この登山道がよくわからない。
歩いていたら、登山道と合流するだろうという、適当な気持ちが甘かった。
歩いた道は、鉄塔の保守道のようであった。
c0077338_6251217.jpg

疑問に思いつつ、引っかかりながら歩く。
c0077338_6251366.jpg

c0077338_6253682.jpg

道迷いした。というか道が草で覆われて、前に進めなくなってしまった。
c0077338_6253717.jpg

道迷い 50分
けっこう、やばかった。
c0077338_6441615.jpg

最初の地点まで戻ってみる。
左に行かなければいけないところを右に進んだ。
しかし左の車道歩きが正解とは、普通思わない。
今回は仕方あるまい。
c0077338_626318.jpg

車道を歩き出して、すぐに登山道の入り口。
c0077338_6262815.jpg

この後はなんの問題も無し。
これから先は、素晴らしい登山道であった。
c0077338_6262980.jpg

頂上付近に向かう登山道は、タクさんの言葉通り、いい山、素晴らしい山である。
c0077338_6265159.jpg

道迷いの時間入れて、佐世保駅から2時間40分で山頂(道迷い50分含む)
c0077338_6265289.jpg

自衛隊の船も見える。
c0077338_6271621.jpg

三角点
c0077338_6271611.jpg

山頂付近で出会った方は2、3人で人気の山ではないようだ。
c0077338_6273849.jpg

下山では、道を間違えず山頂から佐世保駅前まで1時間10分で降りれた。
道がわかれば近い山である。
下の画像は、登り口がわからなかった場所。
この登山口がわからずに、左に歩いていた。
c0077338_627386.jpg

クリックしたら画像、大きくなります。
c0077338_704222.jpg

出発8:55-下山12:55
山歩きの時間としては、4時間(道迷い50分含む)
この後、佐世保バーガーを探して歩いたので歩いた距離は14.5km

烏帽子岳は、道に迷った事もあるが、登山口のとりつきが県外から来た者にはよくわからない。
標識の案内も何もなかった。
福岡の若杉山もそうであるが、車道が張り巡らされている山は、登るのが案外にむずかしい。
登山道しかない山の方がはるかにわかりやすい。
しかし、山頂付近の山の景色は最高であったし、山頂からの風景は、長崎を代表する山だと思う。
今回はその両方体験できて、よかったかもしれない。




今日の佐世保に来た目的は、佐世保バーガーを食べる事であった。
ビックマンのベーコンエッグバーガーを狙っていたのだが、店の前の並んだ若者を見て挫折。
若者と一緒に並んで待ってまで食べる気力はない。
c0077338_62806.jpg

佐世保駅前に戻り、3軒で悩む。
どの店にも入りたいし、海軍さんのビーフシチューも捨てがたい(笑)
c0077338_628439.jpg

香蘭さんの皿うどん(カキ入り750円)にする。
長崎市の味とまた違って、おいしゅうございました。
c0077338_6282841.jpg

佐世保バーガーには縁がないようだ。
駅前でも並んでいた。
c0077338_6282950.jpg


14時17分の鳥栖行きの普通列車で帰路に着く。
[PR]

by katuyamak | 2013-03-25 20:28 | 青春18きっぷ | Comments(8)

Commented by 風来坊 at 2013-03-25 20:04 x
こんばんは、肉まんさん。
無事に登れて良かったですね。迷い込まれたルートを見ると低山でも侮るなかれです。急に決めた時の山は風来坊も準備不足で迷いかけたことがありますので、改めて地図やコンパスの重要性を認識しました。
カキ入りの皿うどん、ちゃんぽんでもカキが入ると格段に美味しくなりますので、美味しかったことでしょう。
Commented by katuyamak at 2013-03-25 20:35
風来坊さん、今晩は。
年度末に向けて、お忙しい事でしょう。

烏帽子岳の迷ったルート、歩いていて、なんかおかしいなあといやな予感がしてましたが、まさに予感通りでした。
行き当たりばったりで決めた山だとこうなりますね。

皿うどんはカキ入りは格段に旨いです。
Commented by タク at 2013-03-25 20:50 x
佐世保でしたか~
24日(日)は、私も母の四十九日法要で、佐世保にいましたよ。
佐世保駅前や繁華街の近くを車で通ったので、
どこかですれ違っていたかも……です。

佐世保バーガー、食べることができずに残念でしたね。
「Big Man」は映画館の近くにあり、
映画を見た後に時々寄ってました。
昔は行列もなくすぐに買えたんですけどね。
私は店の中で食べてましたよ。

佐世保には、烏帽子岳の他に、
隠居岳や、
http://blog.goo.ne.jp/taku6100/e/fabfc63b31b4e2967f58ca418e91a6f5
将冠岳など、
http://blog.goo.ne.jp/taku6100/e/dd68e3bd2e554be189bd4fe8ceddbcb7
個性的な山がありますので、また来て下さいね。
いつか、隠居岳のキャンプ場で、飲み会キャンプをしましょう!
Commented by tinnan1515 at 2013-03-26 05:37
 肉まんさん、おはようございます。
肉まんさんには道迷いはないと思っていましたが。
私は時々あります。(笑)
青春きっぷの旅、まだまだ続きそうですね。
次回の旅が楽しみです。
Commented by 肉まん at 2013-03-26 06:24 x
タクさん、おはようございます。
24日は佐世保でしたかあ。
もしかしたらお会いしたかもですね。
ビックマンは残念でした。
まさかあれほど並んでいるとは(笑)
隠居岳、将冠岳ですね。
キャンプの季節になればお誘いください。
土曜の午後から博多を出発して出てきます。
Commented by 肉まん at 2013-03-26 06:27 x
うすきさん、おはようございます。
私は登山道では、道迷い、道間違い、方向違いは、しょっちゅうですよ。
むしろストレートに問題なく登れる方が少ないかもです。
それがおもしろいところですね。
青春きっぷはあと2回残っています。
Commented by 山の石 at 2013-03-26 12:27 x
肉まんさんこんにちは
初めてコメントいたします。(実は二年ほど前から度々訪問させていただいております)
今回のレポが佐世保の烏帽子岳だったので、嬉しくなって筆を取りました。(古っ)
佐世保は私のふるさとであり、烏帽子岳も子供の頃から、よく登っていた山であります。福岡に出てきて35年、懐かしく見させて頂きました。昨年佐世保で35周年の同窓会があった折、私も昔暮らしていた黒髪町から烏帽子岳に登りましたが、町のあまりの変わりように登山口を見つけるのに苦労しました。しかし、山頂からの眺めは、年を経ても変わらず、素晴らしいものでliした。おまけに、駅前の香蘭の皿うどん、学生時代からの行きつけの店。牡蠣入りのチャンポン、皿うどんおいしかったでしょ!!
懐かしいものを見せて頂きありがとうございましたm(_ _)m
また時々訪問させて頂きます。
Commented by 肉まん at 2013-03-26 21:09 x
山の石さん、今晩は。
わざわざのコメントの書き込みありがとうございます。
最近は新しい方の書き込みも無いので、新しく見てある人はいるのかなあ?
まあ、自分の山の記録だけは残しておこうみたいな気持ちで更新しておりました。
書き込み嬉しく思います。

山の石さんは、佐世保が故郷なんですね。
まだまだ市内には、古い街並みも残っておりましたね。
駅前の坂を上がるところは、意外に古い住宅が残っているので、びっくりしてました。

ビックマンや海軍さんのビーフシチュー等、食べてみたいお店がまだまだありますので、また機会あれば佐世保を訪問しようと思っております。