雲仙 普賢岳を登るつもりだったのだが・・・

7月16日(月)
さて、キャンプ場から普賢岳 吹越トンネル手前 吹越登山口に6時45分に到着
霧が出ており、前がよく見えない
c0077338_623525.jpg

濃霧の為、視界が悪いのは、もちろんであるが、ここでも強風に悩む。

強風の為、ここから登る勇気がない。
私はこのルートは初めてなのだ。
初めてのルート、単独、濃霧、強風、前が見えない山歩き、止めざるを得なかった。
c0077338_615961.jpg

私は山歩きを始めて、ちょうど10年であるが、今だに普賢岳に登った事がない。

一度、雲仙に登るチャンスがあったのだが、山馬鹿さんに連れてってもらった山は、地形図の練習をするのにふさわしい、藪こぎの無名山だった。
あれから縁がない。

朝方なので、濃霧が出ているかもと、山を下りて、しばらく島原市を観光して様子を見る事にする。
朝、7時半 島原市の水が出ているところ
ここの水は、くせがあり、おいしかった。
今度は、いっぱい汲んで帰りたい。

朝、水を汲んでいると、部活の高校生の女の子から「おはようございます」と挨拶される。
島原に来ているんだなあ。
福岡市では、知らない高校生に挨拶される事は、まずない。
c0077338_6123399.jpg

すぐ近くの、鯉が泳ぐ通りを観光する。
水が澄んでいる。
c0077338_6185566.jpg

島原 島原城付近の武家屋敷を観光する。
15年ぶり位。
c0077338_619086.jpg

道の真ん中を流れる生活用水。
家から、着物を着た、武士や、女性が、今にも出てきそうな感じ。
雰囲気が残っている。
c0077338_6194113.jpg

島田邸だったかな?
島田家では、ちょうど家族で食事中であった。
真ん中の姑さんが、加賀まり子似でなかなか美人である。
色気ある姑だなあ~とつい、しげしげと見てしまった。

しかし、若い嫁より、色気のある姑に目がいくとは困ったものだ(笑)

もちろん 人形なんですけどね。
c0077338_6194387.jpg

きちんと正座して食べてあったんですね。
c0077338_6202197.jpg

一汁一菜
私も見習わなくては(笑)
c0077338_6202189.jpg

台所の様子。
c0077338_621858.jpg

さて、島原市から雲仙の山を見ると、晴れてきたように思った。
再度、雲仙に行ってみる事にする。
朝、9時20分

肉まん隊長が
第二次普賢岳アタック隊に指示を出す。
c0077338_621639.jpg

肉まん隊員が無線でベースキャンプに連絡。
隊長、すみません、この濃霧と強風では、とても、アタック出来ません。

そうか、それなら仁田峠登山口に場所を変えろ!
c0077338_6214965.jpg

仁田峠は、濃霧で通行止めであった。
これで本日の山歩きの中止が決定。
ガックリである。

あとは食事でもして帰ろう。

帰りに気になっていた、この看板を目指す。
c0077338_6214959.jpg

具雑煮穴子そうめんとはいかなるものぞ?
c0077338_6222682.jpg

朝10時。
レストランで私が1番最初の客。
もうすでに腹が減っているのだあ~
この定食を食べる。たしか1575円だったかと。
c0077338_6222576.jpg

こんな感じ。
c0077338_623245.jpg

最後に鍋にそうめんを入れて、出来上がり。
こんな感じ。
おいしくいただく。
c0077338_623180.jpg

朝、10時に朝からこんなに食べたら、山歩きも、もうどうでもよくなる。
昨日は車中泊で体も疲れていた。
このまま福岡へ帰った。
c0077338_6233714.jpg

雲仙、島原 旅の終わりに

二日目、あとに長崎の山の本を読んでわかったが、よく考えてみると、普賢岳に登れなくても、雲仙の他の山
眉山とかに登れるはずであった。

普賢岳にこだわってしまって、柔軟な発想が出来なかった。
やはり二日目は、車中泊の為に、疲れていたのかもしれない。

今年中に再度、雲仙、島原へは訪問したい。

その時は、普賢岳に登り、かんざらし、六兵衛、は食べてみたいと思う。


次回に課題を残した雲仙、島原の小旅行であった。

終わり
[PR]

by katuyamak | 2012-07-18 06:05 | Comments(8)

Commented by tinnan1515 at 2012-07-18 07:51
 肉まんさん、おはようございます。
普賢岳はあいにくの天候不順で、肉まん隊長は
的確な判断をくだされましたね。
午前10時の食事は少しばかり早い気もしましたが
穴子丸ごと1匹とは嬉しいですよね。
島原そうめんの煮込みは味わってみたいものです。
雲仙、島原の小旅行、お疲れさまでした。
Commented by 悟空さん at 2012-07-18 09:36 x
おはようございます^^
肉まん隊長、今回は濃霧にやられましたね(笑)
朝からおなかいっぱい食べたらダメですね^^
でもいい観光も出来て良かったですね*^^*
Commented by 山馬鹿 at 2012-07-18 21:05 x
単刀直入に、以下へ。(ストレートしか知らない人生だす)

・この日、管理人(ミラ)さんが歩かれていました、残念!
・石割山縦走はなかなか明峰です、その後牡蠣に誰かさんのみ・・・(災難)
・雲仙岳をまだ踏んでないとは、貴重な存在かもです。
・早めにご連絡いただければ、いつでも案内しますよぉ~
  お出でやすぅ。
・そうそう拙者のテント泊デビュー時も強風で、薩摩富士の麓でテントがおにぎりのように転げて・・・ 笑い転げてました♪ 
(今となっては、良き思い出だす)
Commented by 肉まん at 2012-07-19 06:08 x
うすきさん、おはようございます。
二日目は残念でした。
朝10時の食事で雲仙の旅はあっさり、終わりましたね(笑)
Commented by 肉まん at 2012-07-19 06:10 x
悟空さん、おはようございます。
二日目に山には登れませんでしたが、島原を少し観光できてよかったです。
島原はいいところなので、また行きたいですね。
Commented by 肉まん at 2012-07-19 06:17 x
山馬鹿さん、おはようございます。
書き込みありがとうございます。

ミラさん、歩かれてましたねえ。
でも、あの濃霧では、初めての者は自重してよかったと思ってます。

無名山は、石割山でしたねえ(失礼いたしました)
テントの敵が強風も関係あるとは、初めて知りました。

普賢岳は、長崎の方に頼らず、自力で登ってみます。
(頼ってしまって、登山道を覚えないもんで・・・)
いつもお世話になりっぱなしで感謝しております。
Commented by 風来坊 at 2012-07-19 21:04 x
こんばんは、肉まんさん。
具雑煮は、島原の姫松屋が一番有名です。島原城の後ろにあります。
行かれた店がどこかは分かりませんが、穴子入りも美味しそうですね。
ハプニングがあるのが旅の良いところです。この先も危なくないハプニングを楽しまれて下さい。恋もハプニングがきっかけと言います・・・(風来坊には縁が無い世界ですが・・・)
Commented by 肉まん at 2012-07-20 06:05 x
風来坊さん、おはようございます。
姫松屋さんですよね。
初日にコンビニの若いお兄ちゃんに聞いてもわからずに、通りのところで具雑煮を食べました。
翌日の朝、島原城をうろちょろしていてわかりました。
姫松屋の具雑煮、かんざらし、六兵衛は次回のお楽しみですね。
まあ、旅のハプニングも楽しいものです。
しかし、車中泊は慣れてないので、疲れました。