梅雨時の宗像四塚縦走 城山~金山~孔大寺山~湯川山

7月1日(日) 朝5時起床 単独

山:城山(369M)~金山(317M)~孔大寺山(499M)~湯川山(471M)
交通機関:博多駅~JR教育大前駅~縦走路~西鉄バス 門前バス停~JR東郷駅~博多駅
麺:資さんうどん(画像無し)
湯:入らず
歩いた距離: 17.1km(GPSによる)
飲んだ水 3リットル

交通機関料金
JR博多駅~JR教育大前      630円
西鉄バス 門前バス停~東郷駅  430円
JR東郷駅~JR博多駅        540円


先週、歯医者さんで親知らずを抜歯し、体調が悪い中、この一週間は、朝1時間、夜1時間と読書に励んだ。
今年は6月までにすでに50冊の本を読んでおり、毎月の平均が、8.3冊と自分の中では驚異的なハイペースである。
c0077338_21342888.jpg

natsucocoさんの影響で、久し振りに新田次郎氏の「槍ケ岳開山」を読んで以降、山の本を合わせて 4冊読んだ。
どれも私の山の心、魂を揺さぶってくれた素晴らしい本達であった。

「ソロ」
山野井氏の事はNHKで2度ほど、見た事はあったが、本を読んでも、とてもおもしろかった。
山野井氏も植村氏も本を読んであらためて、解った事がある。

外国の山に登る為に外国の山に登る(壁に登る)以外の事をすべて捨てている点で一致している。

すべての自分の欲望を抑えて、行動して お金を貯める事だけに専念してある点。

山に登る(壁を登る)その1点だけの為だけに、自分の人生のすべてを捧げ、その他はすべて捨てる。
その純粋でピュアな魂のなんと清らかな事であろう。
一気に読み終える。


「悩んだときは山に行け!」
漫画であった。
漫画ではあったが、その山を愛する想い、山に憧れる内容は素晴らしい。
ラスト10ページは、あまりにも鈴木みきさんの書いた内容に共感し、泣きそうであった。

「青春を山に賭けて」
確か私が20歳前後の頃に読んだ本である。
再読である。
福岡市図書館にあるのを発見し、「ソロ」と合わせて予約を入れて読んだ。
30数年ぶりに、あらためて読むが、やはり、いい内容である。



あ、そうだった。
山のレポを忘れていた。


つまり、私は、読書後、この3名に痛く共感し、この梅雨時の抜歯した後の体力の無い状態で、縦走をしたくなったのである。

なんでもいいので、山登りに対する気持ちだけでも、彼らに近づきたかったのかもしれない。

これだけ書いた後なので、私の山のレポはさらりと流します。

JR教育大前から城山を見る
駅を降りて、左に行かないといけないのに、右に行ってしまった。
往復30分のロスとなる(悲)
c0077338_21554678.jpg

さらに近づく
c0077338_21553149.jpg

城山山頂手前で、toshiyanさんと、GENさんとお会いする。
GENさんは電話もらったら、縦走の帰りに駅まで送ってあげると言ってくれた。
結局、お願いはしなかったが、心細い縦走だったので、気持ちはとても有難かった。
山頂ではまた唐津街道さんとお会いでき、嬉しかった。
ウスキキヌガサダケとは出会えず。
c0077338_21562419.jpg

小雨の城山山頂
c0077338_2156484.jpg

幽玄の世界 金山に向かう縦走路
c0077338_215658100.jpg

金山 北岳山頂
c0077338_2220215.jpg

孔大寺山山頂((こだいじ山と読むらしい)
c0077338_222359.jpg

c0077338_21563927.jpg

湯川山山頂
湯川山山頂の手前
国道495号線の垂見峠からの登りがほんとにしんどかった。
正直、リタイアしたかったところ。
ここからの登りの1歩、1歩は亀歩き、牛歩状態の登りとなる。

ストックの力を借りて、1歩、1歩ゆっくり登った。
湯川山山頂で、もう登りがないと思うと嬉しかった。
c0077338_2157451.jpg

西鉄門前バス停
ここまで歩いて7時間57分
最初から最後まで見事歩きとおせた。
c0077338_21572258.jpg

下のバス停の待合所の中でシャツ、パンツすべてを着替える。
c0077338_21581371.jpg




c0077338_21222562.jpg

山歩きメモ
縦走時間7時間57分(道間違い50分、休憩15分含む)

親知らずの抜歯から1週間かつ梅雨時の山登りとコンディションは最悪に近く、とてもいいとは言えない。
急登の下りの登山道は道がズルズルで、ロープの助け無しでは下れなかった。

その中で交通機関を使っての17.1kmの縦走は、最後まであきらめずによく歩けた。
読書を通して、山の素晴らしさをあらためて教えてくれた
山野井泰史さん、
鈴木みきさん、
植村直己さんにあらためて感謝である。
[PR]

by katuyamak | 2012-07-01 21:21 | 山歩き | Comments(12)

Commented by 風来坊 at 2012-07-02 04:02 x
おはようございます、肉まんさん。
雨の中の宗像四塚連峰縦走、お疲れ様でした。
昔、1月に行ったきりですが、夏場は大変でしょう。累積標高もかなりだったのでは?
Commented by 肉まん at 2012-07-02 06:09 x
風来坊さん、おはようございます。
初めての宗像四塚縦走でしたが、きつかったですね。
縦走路にフラットなところが少なく、アップダウンの繰り返しでした。
今度は、冬場に歩いてみたいですね。
Commented by うすきハッピーリタイアメント at 2012-07-02 06:26 x
 肉まんさん、おはようございます。
宗像四塚連峰縦走で飲まれた水が3リットル。
汗が滴り落ちたのではありませんか。お疲れ様でした。
やまごえさんも同じコースを歩かれていましたね。
読書量月平均8.3冊とは驚異的なペースですね。
朝、夜の読書時間を継続されているのですね。
特に朝の1時間は参考になりました。
山の本も沢山読まれておりますね。
Commented by 肉まん at 2012-07-02 06:32 x
うすきさん、おはようございます。
昨日はつらい縦走でしたが、心は大満足です。
最近、何となく本ばかり読んでいる気がします。
その分、スクリーンに行かなくなりました。
Commented by 悟空さん at 2012-07-02 07:25 x
おはようございます^^
孔大寺山から湯川山は反対で使う方がいいですよね^^;
登りはすごい急だなぁ~って思いました^^足場も悪く滑って登りづらかったでしょうし本当に頑張りましたね。
いつもいつも肉まんさんは精一杯山に向かい合ってるように感じています。本当にお疲れ様でした。
Commented by GEN at 2012-07-02 21:45 x
お疲れ様でした。

ここの縦走で私が一番やりたく無い時期、天気の時によくやられましたね(笑)さすが肉まんさんです。
やはりここの縦走は1月か2月の雪のない天気の時が良いですね。次の機会があるなら湯川山からもう一度歩いてきた城山まで戻る往復縦走に挑戦されてください。
Commented by at 2012-07-02 22:22 x
こんばんは。
垂見峠でリタイヤしたことがあります。連れていた中の二人が熱中症気味、ちょうど今の時期でした。
お疲れ様です。
Commented by 肉まん at 2012-07-02 22:36 x
悟空さん、今晩は。
本の影響で早速、縦走してみました。
悟空さん。
連絡事項があるのでメールしますね。
Commented by 肉まん at 2012-07-02 22:38 x
GENさん、昨日は2週続きでお会いできて、よかったです。
往復縦走とはまたいいですね。
冬に歩いてみたいです。
30kmくらいの縦走になりますね。
Commented by 肉まん at 2012-07-02 22:40 x
凧さん、今晩は。
垂見峠からの登りがつらかったですねえ。
足が上がらなくなくなりかけてました。

いや~、おかげで鍛えていただきました。
Commented by yamagoe7 at 2012-07-03 23:58
肉まんさん、こんばんは。
や~、ビックリしました、宗像四塚連峰縦走を同じ日にされたとは。
蒸し暑くて、また足元が滑りまくって大変でしたね。
ストックを忘れたので斜面はロープにだいぶ助けられましたよ。
湯川山からの下り、クモの巣に悩まされました。
私もバス停の待合所小屋で裸になって着替えました。(笑)
Commented by 肉まん at 2012-07-04 23:02 x
yamagoeさん、今晩は。
ほんとにビックリですね。
こんなニアミスもあるんですね。
私が教育大前で道を間違えてなかったら、朝は、お会いしていたかもしれません。

湯川山からの下りでは、私は蜘蛛の巣は経験してません。
先に歩いてもらったyamagoeさんのおかげかと(笑)