作礼山キャンプ場断念 うわさのカリー

結論から言えば、ただ単にキャンプが出来なかっただけという話し。

興味のある方だけお読み下さい。

6月2日(土)
最近は5時半に起床しているが、この日は連日の仕事の疲れがたまり8時頃にやっとこさ起床。
寝ぼけたままキャンプ用品を車に乗せて、それでも取引先とアポを2つ約束しており、9時に会社へ。
13時半まで仕事をする。

この後、図書館2か所。
母の入院する病院をまわり福岡県那珂川町を脱出した時間がすでに16時。

さて、16時も過ぎているのに、自分の中で今日はキャンプをする予定であった。
食料はまだ一切買っていない。
キャンプ場と今日の寝床を確認した上で買いたい。

空は、雨が降り出しそうな変な天気。
テントでの雨は出来たら避けたい。


ネットで調べたら作礼山キャンプ場のバンガローが1540円で泊れそう。
一応の予定は作礼山キャンプ場。

図書館で借りた
朗読CD 松本清張  「二階」を聞きながら運転。

17時
263号線 三瀬峠を旧道から越えて、山中キャンプ場に着く。
キャンプ場の下見。
いい場所にテント泊してある方が1組だけいた。

このキャンプ場もなかなかいい。
次回泊りたい。

管理人は以前に食事をした事がある「のっち」さんらしい。

結論から言えば、ここでさっさとキャンプをするべきであった。


17時という時間なのに次を目指して、移動。


次は作礼山キャンプ場へ移動
途中にいいキャンプ場があれば下見したい。
ここから天山を山越えして、タク氏多久市の佐用姫像の悩ましげなヒップラインを見て、
作用姫の湯よりキャンプ場を目指す。
すでに18時
まだ食料も調達してないし、温泉にも入りたいところ。

急ぎキャンプ場に着きたい。

ところがここからキャンプ場までがえらく遠く、途中場所を間違え到着が18時40分。
c0077338_825152.jpg

ここで雨が降り出す。
この雨により私の心は完全に折れた(笑)

まず駐車場からキャンプ場までさらに10分程、歩かないといけない。
そこでバンガローを確認し、また30分かけて下山し、食料を調達し、温泉に入り、また30分かけてキャンプ場に戻る。
もう時間的に無理である。

ボーとしてたら、タヌキか?イノシシか?も歩いてくるし(笑)
c0077338_8273964.jpg


ここでキャンプ場をあきらめ、福岡に戻る事にする。
国道を帰る途中に、
「うわさのカリー」なる看板が・・・
c0077338_835322.jpg

カレーでも食べて帰るかと寄る事にする。
中に入ると、色白で美人のお姉さんが店内を仕切ってある。
従業員の方かママさんなのかよくわからないが、かいがいしく働いてあった。
年の頃なら・・・・いや、いや、止めときましょう(笑)
こんな美人の方がいる店はいいなあと思って、すぐ出来るビーフカレー(880円)を注文。

中に入ってわかったが、えらくお客さんが多く、人気店のようだ。
すぐ出来るカレーを注文したのに、出来上がりまで20~30分かかる。
c0077338_8352037.jpg

美味しい。
すごく旨い。
ご飯を固めにしてあるので、よく噛んで食べないといけないので食べ終わるまでけっこう時間がかかる。

けっきょく、このお店に7時から8時まで1時間いた。
通常、カレーだけなら注文から店を出るまで20分もあれば十分なところかと・・

でもおかげで美人の佐用姫をちらちらと見れて、疲労した頭も体も復活した。

ここから朗読CDを藤沢周平「夜の道」に切り替え、帰路に着く。
途中、朗読CDを聞きながら涙する。

自宅到着22時過ぎ。

16時~22時。
運転時間 5時間(朗読CD 2本聴き終える)
食事時間 1時間


まあ、変な土曜の夜でした。

後で自宅に帰りネットで調べたら、この「うわさのカリー」は地元 多久市では知らない人はいない有名店らしい。


次回はキャンプするぞ!
[PR]

by katuyamak | 2012-06-03 08:05 | Comments(8)

Commented by うすきハッピーリタイアメント at 2012-06-03 18:51 x
 肉まんさん、こんばんは。
相変わらず忙しい日々が続いておりますね。
仕事は暇より忙しい方が楽しいと思いますよ。
キャンプはされなかったようですがなかなか密度の濃い
一日でしたね。
移動中に聞かれるのは朗読CDが多いみたいですね。
藤沢周平の作品は市井ものでしょうか。意外とホロリと
くる作品がありますね。
カレーで小一時間のひと時は贅沢な感じがします。
アムールは人気店ですね。
美人の佐用姫伝説、やっと意味が分かりました。(笑)
Commented by タク at 2012-06-04 05:37 x
アムールは、多久では(というか佐賀県では)超有名店です。
かなり遠くからでも食べに来られるみたいですよ。
キャンプできなくて残念でしたが、
リアル佐用姫に出逢えて良かったですね。(^^)
キャンプ場としては、
八幡岳のとなりの眉山にある「眉山キャンプ場」(ロケーションが素晴らしい)や、隠居岳のキャンプ場(設備がよくて無料)がオススメです。
近いうちに隠居岳のキャンプ場でテント泊(っていうか単なる酒盛り?)しようとか平六さんと話しているところです。
Commented by するめ at 2012-06-04 05:58 x
今を遡る事40年!
童顔の美少年だったするめ君は(笑)
早朝の新聞配達で、この店に毎日来ていました

その頃は、ただの小さな喫茶店で
当然、するめ少年は早朝配達なので
店の開いているところは見たことがありませんでした(はい)

今の店は3代目くらいでしょうか?
次第に店舗が大きくなり、メニューも豊富になって
カレー(カリー)も、その都度かなり変貌していっています

今の店舗になってからは値段が高くなっているので、
貧乏中高年のするめおじさんは
まったく行かなくなりました(笑)
Commented by 肉まん at 2012-06-04 06:22 x
うすきさん、おはようございます。
土曜日は忙しい一日でした。
予定を詰め込みすぎました。
もっとゆっくりしたかったですね。
藤沢周平さんはいいですね。
ドライブでの朗読CDはいいです。
Commented by 肉まん at 2012-06-04 06:27 x
タクさん、おはようございます。
コメントありがとうございます。
泊れず残念でしたが、アムールで食事できてよかったです。
美人のお姉さんは、タクさんも知ってある方では?
また近いうちにそちらに出てきます。
酒盛りを計画されたらお呼び下さい。
テントを使いたいもんで(笑)

だんだんわかってきましたが、佐賀県はキャンプするのに、安い施設がたくさんあるようですね。
Commented by 肉まん at 2012-06-04 06:34 x
するめさん、おはようございます。
そうだったんですか(笑)
私も新聞配達してましたよ。

アムールは少年、青年、中年になるまでのするめさんの歴史そのままなのですね。

そしてそこにまったく、食べに行かれてないのが、またおかしいです。

色白の美人のお姉さんがおられましたので、今度行かれてみて下さい。
Commented by 風来坊 at 2012-06-05 06:23 x
おはようございます、肉まんさん。
キャンプ、残念でしたね。でも、良い店に行かれたようで…
今度、ご一緒するときは多久方面の山にしましょう!1山1カレーで。
Commented by katuyamak at 2012-06-05 06:28
風来坊さん、おはようございます。
レポ作成したら、後でおじゃまします。
なかなか楽しそうな山に行かれたようですね。

大変美味しかったですが、時間かかりますよ。
でも多久方面の山と食は楽しそうで、いいですね。