青春18きっぷ⑨ 萩駅~指月山(191m)

4月1日(日)
今日は、青春18きっぷで山口県 萩まで。
萩は青春18きっぷを購入して一番行きたいところだった。
でも、いろいろと後回しになってしまって、9回目でいよいよの萩。

いつものように始発で出発。
博多駅4時45分ー小倉駅6時09分 鹿児島本線乗り換え
小倉駅6時13分ー下関駅6時29分 山陰本線に乗り換え 
下関駅6時40分ー滝部駅7時56分 山陰本線 乗り換え
滝部駅8時04分ー長門市駅8時52分 乗り換え
c0077338_22281969.jpg

長門市駅9時00分ー萩駅9時32分 1両のみの列車 途中下車
c0077338_2229279.jpg


c0077338_22292011.jpg

さて、萩駅到着。
ここまですでに2冊の本を読破。
読書に没頭していたのか、2度程、来た事があったので、萩の事をまったく調べてなかった。

萩駅で降りて、唖然。
無人駅である。
そして駅を降りるとレンタサイクル屋がない。

ここで間違いに気づく。
「東萩駅」で降りないといけなかったのだ。

まったく気がついてなかった。
とにかく萩駅には何も無く歩くしかない。

100円バスが来たのでとりあえず飛び乗る。
市内を走る周回バスだったので、時間を40分ロス。
滞在時間 5時間位しかいないのに、このロスは痛かった。
c0077338_22294189.jpg

やっと東萩駅に到着。
c0077338_2230038.jpg

ここでザックを預けて、レンタサイクルを借りる。
c0077338_22302144.jpg

さてレンタサイクルでどこに行こうか?
今回は土曜日も仕事だったので、一切、旅の予習をしてきてない。
今日は好天なので、なんか山に行きたくなった。

山の格好はまったくしてないが、指月山(しづきやま191m)に登ってみたい。
東萩駅からレンタサイクルで10分ちょっとだったかな。
萩城跡の後ろにそびえている。
c0077338_22304140.jpg

萩城跡では210円を払う。
まあ、入山料みたいなもんでしょう。
c0077338_22305775.jpg

ここが登山道入口。
c0077338_22311579.jpg

指月山に生息する鳥達。
c0077338_22314411.jpg

この標識により、この指月山がまったくの原生林、自然林なのがわかる。
c0077338_223269.jpg

歩きだしてすぐにわかった。
200m程度の低山とは思えないくらいとても雰囲気がいい。
c0077338_223228100.jpg

とにかくいい。山らしい。

ここである事を思い出した。
しまった。
海に足をつけて登ればよかった。
高崎山以来での、海抜 0mからの山登りをすればよかった。
せっかく海岸線付近から登ったのに、タクさん得意の登山スタイルをパクリ損ねる(笑)
c0077338_22342798.jpg


c0077338_22324727.jpg


c0077338_2233339.jpg

15分程で山頂。もっとこの雰囲気を味わいたかった気もする。
着替えを持ってきてないので、汗をかかないようにゆっくり歩いた。
c0077338_22332291.jpg

意外な事に海にポツンとある単独峰なのに、頂上からの眺望が悪い。
原因はすぐにわかった。

登ってくる時にみた標識。
とにかく頂上だからと言う理由で、樹を切っていないので、樹が好きなように伸びたままでそのままなのだ。

でも考えてみると、私が今まで登った山は山頂からの景色はいいところばかり。
そうなるとそこには、頂上付近の樹が人間の手により伐採されているケースである。
本来、人の手が入らない山は山頂からの景色なんてこれが本当の姿なのかもしれない。
c0077338_22345636.jpg


なんか指月山に登って、山の伐採について逆に、考えさせられましたね。
c0077338_23271746.jpg

本来、海が見えてとてもいいはずの場所。

c0077338_22351520.jpg

往復、40分程で下山。

天守閣跡に行っている。
c0077338_22353544.jpg

桜の開花はもう少し先かな。
c0077338_22355499.jpg

昔の萩の地図にも指月山はしっかり記載されている。
c0077338_2236179.jpg

次に訪れたのが、萩博物館。
ここには、1時間以上いたかな。
c0077338_22363523.jpg

次に木戸孝允旧宅。
c0077338_22365250.jpg


c0077338_2237988.jpg

萩らしい何気ない風景。
c0077338_22372812.jpg

自転車で行動して何気なくみた看板。
美空ひばりさんの若かりし頃。
これは凄いよ。
調べてみると身空ひばりさんは1937年生まれ。
この看板が仮に25歳頃とするならば2012-1962=50
約50年前の看板と言う事になる。
恐るべし。

c0077338_22374629.jpg

萩では指月山、萩博物館、木戸孝允旧宅を見たところで温泉に入る事にする。
今日はもう3個所で疲れてしまった。
早起きして、すでに本を2冊読んだり、バスに乗ったりして移動だけで案外と疲れた。
c0077338_2238232.jpg

萩の陣ホテル 日帰り入浴600円。いいお湯でした。
c0077338_22381963.jpg

本日読んだ本4冊。

高杉晋作           古川薫
木戸孝允          一坂太郎
幕末を生きた女101人 
のんびり山陰本線で行こう! 野村正樹

山陰本線の本はおもしろかった。
いつの日か京都~下関間を列車の旅をしてみたいと強く思った。


旅の終わりに
①青春18きっぷを使って、移動時間合わせて萩まで約4時間40分かかる。
今回間違えてバスにも乗り片道5時間以上かかった。

今回の旅でわかったが往復の乗車が10時間近くなるとはやり疲れる。
片道4時間以内の旅が疲れも出ずにいいようだ。


②東萩駅、萩駅周辺はさびれていた。
温泉から出て、列車の時間がないので、東萩駅でビールを飲もうと思ったら14時時過ぎにどこのお店も開いてない。
どこにも売っていない。
(どこも開いてない)
まさか観光地でビールがないとは意外。
駅前にはタクシーが暇そうに空車待ちをしている。

旅に出てみてその土地の現在の現状が見える。
萩は20~30年ぶりだったが前はこんなじゃなかった気がする。


③山口県の人はやさしい。
今回、レンタサイクルの料金は800円だったのに600円におばさんが負けてくれた。
萩の施設で思うけど、意外に料金を割引してくれるケースが多い。

今回でもう何度目だろう。
こちらからは何も言わないのに、勝手に引いてくれる。

道や場所を聞いても、いつも丁寧に教えてもらえる。
長崎県と並び、好きな県民性である。

博多には21時頃に戻る。
今回もよく本を読み、よく遊びました。
[PR]

by katuyamak | 2012-04-01 22:33 | 青春18きっぷ | Comments(7)

Commented by CJN at 2012-04-02 14:35 x
私も柵年~山口県100名山をしているのでここには行きました。久しぶりでした。最近40年ぶりに入院して退院はした物の山歩きは様子を見ています。山口県100名山は52座くらいは行きました。、
Commented by うすきハッピーリタイアメント at 2012-04-02 18:24 x
 肉まんさん、こんばんは。
萩までの日帰り旅お疲れ様でした。
電車に乗り換え4回は大変ですけど、接続のロス時間は
殆んどありませんね。
萩に行かれて山登りとは流石ですね。
1回カウントOK.
相変わらずの読書量に脱帽です。
Commented by 風来坊 at 2012-04-03 06:25 x
おはようございます、肉まんさん。
萩は遠いのですね。片道5時間近くの電車の旅、お疲れ様でした。
京都から下関を旅するときにはお付き合いしてみたいですが、三連休くらいの時間がないと福岡からとんぼ返りになりそうです(笑)
Commented by うすきハッピーリタイアメント at 2012-04-06 06:05 x
 肉まんさん、おはようございます。
サンデー毎日6日目を迎えた朝です。
なんとなく落ち着かない日々を送っております。
今日は私のブログ開設のお知らせです。
肉まんさんからお声を掛けて頂きなが、やっと開設致しました。その節は大変お世話になりました。
今、四苦八苦しながら編集致してたおります。
拙い内容ではございますが一度ご訪問頂ければ幸いです。
エキサイトブログでブログタイトルは”山に癒されて”
IDはchinnan1515です。
Commented by katuyamak at 2012-04-09 06:11
肉まん
CJNさん、ご無沙汰しております。
CJNさんが入院されてあったとは、ビックリです。
山口県の山歩きも楽しみですね。
常に目標を設定されて行動されるCJNさんは私の山の偉大な先輩です。
Commented by katuyamak at 2012-04-09 06:12
肉まん
うすきさん、4月に入り年度末決算でコメント遅れてました。
ブログ拝見しました。
今後ともよろしくお願い致します。
Commented by katuyamak at 2012-04-09 06:14
肉まん
風来坊さん、おはようございます。
山口の観光スポット、山はほとんど知らないのでとても新鮮です。
風来坊さんも京都をエンジョイしてあり、何よりです。