青春18きっぷ⑤ 長崎市の旅 前編 二十六聖人、大浦天主堂

1月 8日(日)
青春18きっぷを使った旅も残りが1回となる。
当初は、最後の旅は、山口県「萩」を予定していた。
しかし遠藤周作の「沈黙」を読んで以来、私の心はすっかり長崎の虜(とりこ)となってしまった。

もうしばらく、長崎に関する読書をし、訪問先もあと島原、平戸を訪問しないと、他の偉人・人物を訪ねる旅をどうしても行く気になれない。
今はとにかく心は長崎だけなのです。

そんな訳でまたまた長崎市に行ってきました。

博多発5:13分の鹿児島本線の普通列車に乗る。
長崎駅着9:12分着

片道の電車の中で、図書館で借りた「浦上四番崩れ」を読む。
浦上四番崩れが残りあと50ページとなったところで長崎駅に到着。
最後まで読まないと気持ち悪いので、長崎駅2階のロイヤルでモーニングを食べながら、1冊読み終える。
c0077338_16344140.jpg

昨年12月から、ここまで読んだ本
「沈黙」          遠藤周作
「切支丹の里」       遠藤周作
「女の一生 キクの場合」  遠藤周作
愛のひと ド・ロ神父の生涯 西岡由香(漫画)
「浦上四番崩れ」      片岡弥吉
とここまで夢中になって読む。
12月23日の長崎 外海(そとめ)地区の旅から長崎キリシタンの歴史をもっと知りたくて、仕方ないのです。

今日はとてもいい天気です。
しかし朝の普通列車の中は寒かった。

c0077338_17125639.jpg

最初の観光は、長崎駅を降りてすぐのところにある
日本二十六聖人記念館。
c0077338_17132187.jpg

私もこの場所は何度か来ているが、詳しい歴史は知らなかった。
記念館の中もたぶん、初めて入る。(500円)
記念館入口付近のキリシタン墓地
記念館の中は撮影禁止。
二十六聖人の事を書こうと思ったが、長くなるので止めておきます。

1時間位、館内をゆっくり見学。
c0077338_17291657.jpg

チンチン電車で移動して、思案橋横丁のヨコハマへ。
本当は、隣の康楽(かんろ)という店のチャンポンを食べるつもりだったが、休み。
c0077338_1730057.jpg


c0077338_1730272.jpg

特製チャンポン 980円。
最初は普通のチャンポンかなあと思って食べていたが、なかなか旨し。
c0077338_17304851.jpg

ご馳走様です。
c0077338_1731945.jpg

食後は、本日のメイン。
大浦天主堂へ。
チンチン電車で西浜町から大浦天主堂下で下車。
c0077338_17313620.jpg

「女の一生 キクの場合」を読み終え、どうしても大浦天主堂に行きたくなったのだ。
c0077338_1732143.jpg

国宝 大浦天主堂は、長崎市の観光名所ですよね。
長崎市に来たら、まずは、こことグラバー園。
チャンポンとカステラは定番ですよね。

しかしこの大浦天主堂に当時から悲しい歴史があった事は、今回初めて知ったのです。
私は教会の中にある
サンタマリアの像を見たかったのです。
残念ながら撮影禁止でしたが・・・
サンタマリアの像は撮影して記憶に残しておきたかったのですが、残念。


遠藤周作 「女の一生 キクの場合」より
キクが大浦天主堂のサンタマリアの像に祈るシーン。

あんたがどなたかは知らん。ぱってん清吉さんが崇めとる女たい。
女ならうちのこん気持ち、わかってくだされ。おねがいします。
清吉さんば辛か目にあわさんごとしてくだされ。

あんたも女子なら・・・うちのこん悲しか思いば・・・・。

しゃくりあげ、嗚咽し、肩を震わせ、キクはその像に訴えつづけた。
恨みごとを言った。
彼女は切支丹ではなかったから聖母への祈りなど毛頭、知らなかったが、この恨みごと、この嗚咽もまた人間の祈りにちがいなかった。



c0077338_1732308.jpg

プチジャン神父
c0077338_17325069.jpg


c0077338_17331144.jpg

信徒発見のレリーフ
中央で立っているのがプチジャン神父。
c0077338_17333313.jpg

大浦天主堂とプチジャン神父の事

大浦天主堂
1865年2月19日完成
正式名は日本二十六聖殉教者堂
日本最古のキリスト教建築物。

その名の通り日本二十六聖人に捧げられた教会堂であり、教会は殉教地である西坂に向けられている。
建立間もない天主堂は、「南蛮寺」「フランス寺」と呼ばれていた。
しかし完成しても日本人は誰も来なかった。
キリシタン禁制が厳しく敷かれていたからである。


プチジャン神父 1829年ー1884年
フランス出身のカトリック宣教師


信徒発見の出来事(1865年 3月17日)
豊臣秀吉、徳川家康と続いたキリシタン弾圧により、日本にはもうキリシタンはいないと思われていた。
プチジャン神父は、まだ日本にこの長崎のどこかにキリシタンがいるのではないか?と密かに考えていた。

お昼頃、男女小児うち混じった十二人から十五人ほどの一団が天主堂の門前に立っていた。
「ここにおります私たちは、皆あなたと同じ心でございます。」
「サンタ・マリアのご像はどこ?」
プチジャン神父は大変喜び、フランスに宛てた手紙にローマ字でこう書いていたそうです。
「Santa Maria no go-zo wa doko?」
250年続いたキリシタン禁制から隠れキリシタンの信徒発見の瞬間だった。
ここからサンタ・マリアの像は「信徒発見のマリア像」と言われるようになったらしい。

しかし皮肉な事にこの信徒発見が、浦上四番崩れを引き起こす事となる。
(崩れ キリシタン弾圧の事。浦上地区 4回目の弾圧の意味)
隠れキリシタンが公然と信仰を表明するようになったため。

明治新政府は、3,394名を津和野その他の地区に流罪、殉教者613名。
1870年ー1872年(明治3年ー5年)
飢餓、寒さ、火責め、水責め、算木責め

私は当初、明治維新、明治新政府になったからキリシタン弾圧が無くなったと思っていたが違っていた。
当時の明治新政府はみなキリシタン弾圧 賛成、当然の事の人ばかりだったのだ。

しかしこの長崎 浦上村の出来事により、日本政府は全世界を敵にまわす事になる。
この事を知らなかったのは、実は日本政府だった。
1871年(明治4年)岩倉大使一行がアメリカ、英国、各国を歴訪したが、ブーイングの嵐でどこの国からも猛抗議を受ける。

現代なら日本人拉致を知らん顔してる北朝鮮みたいな立場でしょうね。

日本国内の問題だし、これは鎖国してたから知りませんでしたでは、もう通用しなくなっていたんですね。

これでやっと日本政府も目が覚めて、1873年(明治6年)2月24日
キリシタン禁制の高札を撤去。
キリシタン禁制は262年ぶりにその効力を失った。
浦上四番崩れも読んだせいか、いろんな事実を知りました。
c0077338_1734018.jpg


c0077338_17341959.jpg


c0077338_17344274.jpg

教会の中では、サンタ・マリアの像もゆっくり見る事ができました。
来てよかったですねえ。
c0077338_1735474.jpg


c0077338_1735222.jpg

祈念坂
映画「解夏」の中でもこの場所が撮影されてましたね。
c0077338_1885473.jpg

c0077338_17355749.jpg


旅の土産に大浦天主堂に隣接する場所で本を2冊買いました。
c0077338_184642.jpg

本日、私が日帰りで旅を終えて、自宅に帰り、23時頃、寝る前にアッと驚くサプライズがあったんですよ。
寝る前でしたが、私は思わず「ワア!」と声が出ました。

これは後編の最後の最後に書いておきますね。

青春18きっぷ⑤後編 鍋冠山の山歩きに続く~
[PR]

by katuyamak | 2012-01-09 16:28 | 歴史・偉人・人物館の旅 | Comments(8)

Commented by 悟空さん at 2012-01-10 00:12 x
こんばんは^^
長崎の虜になってしまいましたね^^
どこも懐かしいです。去年でしたか....娘と大浦天主堂に行ったら結婚式の最中、参加して下さいって言われて見学して、娘がすごく見入ってたのを思い出しました。
長崎の協会にはあまり興味がないのですが孔子廟はお気に入りで何度となく訪れました。
長崎は協会が有名ですが意外にお寺でも有名な所があって日本のお寺って感じじゃないんですよね^^
肉まんさんは本をたくさん読んでその町や人や場所の事を深く勉強するところが素晴らしいです。
色々私も勉強になります^^
Commented by タク at 2012-01-10 04:27 x
おっ、また長崎でしたか!
遠藤周作の『沈黙』『切支丹の里』と読まれ、
次に選ばれたのが『女の一生 キクの場合』であったことに、
素晴らしい選択眼と感嘆しました。
『女の一生 キクの場合』は、もうひとつの『沈黙』とも言える作品で、
「愛とはなにか?」ということを真摯に問いかけた良作だからです。
新聞小説だったので、読みやすいですが、
書いてある内容は『沈黙』と優劣つけがたい素晴らしいものでした。
遠藤周作作品にのめり込み、
私も若き頃に長崎市内を彷徨したことがあります。
中でも大浦天主堂の左側に沿った石段の坂道をのぼったこと日のことは、強烈な印象として残っています。
『切支丹の里』にも書いてあるように、
遠藤周作はこの坂道がことのほか気に入り、
長崎を訪れるたびに何度も歩いています。

今回も素晴らしい旅をなさっていますね。
続きを楽しみにしています。
Commented by うすきハッピーリタイアメント at 2012-01-10 04:55 x
 肉まんさん、おはようございます。
青春18きっぷが次から次へと新たな知識を掘り起こしていますね。お陰様で興味深く読まさせて頂きました。
明治新政府とキリシタンとのくだり勉強になりました。
読書量も凄く時間の有効活用と行動力が素晴らしいです。

いつも刺激を頂きながら実行に移せない私ですが、肉まんさんの行動力をお手本に奮発いたします。
Commented by 肉まん at 2012-01-10 05:47 x
悟空さん、おはようございます。
確かに長崎は教会だけでなく、どこも福岡とは違い、新鮮ですよね。
和洋折衷でうまく組み合わさっているからかもしれません。
Commented by 肉まん at 2012-01-10 05:51 x
タクさん、おはようございます。
タクさん、そよかぜさんのおかげで長崎のキリシタンの歴史にどっぷりとハマってしまいました(笑)
おかげで、あと島原半島と平戸も行かなくてはいけません。
「沈黙」も「女の一生」も悲しい小説でしたが、心に響きました。
なるほど確かに愛とは何か?と考えさせられます。
まだまだ、もうしばらく長崎熱が冷めそうにありません。
Commented by 肉まん at 2012-01-10 05:54 x
うすきさん、おはようございます。
最近は青春切符での一人旅が多くなってますが、読書が出来るし、旅をしているって実感しております。
週末は読書の時間を待ちわびている、今まででは、考えられない自分がおります。
Commented by 山馬鹿 at 2012-01-10 20:04 x
肉まんさん、お付き合いできず、ごめんなさい!
 (3連休中、2日仕事、中日はご褒美で『山』へ♪)
   よぉ~勉強されてますね、逆に色々と教えてください~(笑)

「ヨコハマ」は以前一緒に行った、中通店の姉妹店です。
 ここは札幌味噌ラーメンが旨くお奨めです、次回必ずや・・・
  (地元の味噌ラーメンに負けてません、お試しあれー・ー)
Commented by 肉まん at 2012-01-10 22:07 x
山馬鹿さん、今晩は~
山馬鹿さんが山登りの間に地元におじゃましてきました。
やっぱ、長崎はよかですねえ。
12月から3回目の訪問です。
毎月でも訪問したいところですけど(笑)

そうでした、そうでした、山馬鹿さんに中通店教えていただきましたね。
ヨコハマでしたね。
姉妹店だったとは知りませんでした。
次回、味噌ラーメンも覚えておきます。

仕事お忙しそうですね。
そよかぜさんから聞いております。
仕事が忙しいのが、何よりかと思います。