青春18きっぷ③遠藤周作記念館

12月23日(金)
タクさん、そよかぜさんのお誘いを受けて、長崎 外海地区 遠藤周作文学館、
ド・ロ神父記念館、出津教会、大野岳、大野教会、バスチャン屋敷跡を案内していただく。


23日の事を書く前に伝えておきたい事。
お誘いを受けて、急きょ図書館より下の「沈黙」を普通電車の中で読み、残りも25日の本日、すべて読み終えた。
c0077338_2238134.jpg


読後の感想を言うと、正直、久し振りになかなか衝撃的な小説であった。
(沈黙はノーベル文学賞候補作品だったらしい。読み終えて納得。)

偉人・人物館の旅をテーマにしていなかったら、今回の旅もしてないし、本も読んでいない。

昔の長崎にこんな悲しい歴史があった事もまったく素通りしていたと思う。

23日は久し振りにタクさん、平六さん、そよかぜさんとお会いし、楽しい一日だった。

反面「沈黙」「切支丹の里」を読み終えた今、23日を振り返って今回の旅は、いろんな事を考えさせられる思い出深い旅であった気がする。


話を戻して23日の事といろいろと・・・

12月21日(水)
タクさん、そよかぜさんより突然、遠藤周作文学館と大野岳登山のお誘いを受ける。
先週、別件でそよかぜさんと話している時に、遠藤周作文学館とド・ロ神父人物館の話が出ていたので、そよかぜさんが気をきかせて誘ってくれたのかなあと思っていた。

当日、タクさんにお会いして話を聞いたら、タクさん、平六さんとでもともと遠藤周作文学館には行く予定にしていたらしい。

たまたま私は付け足しであったが、誘っていただいて、ラッキー♪。
こう考えるとこれも神の導きかなあ~なんてね(笑)
とりあえず何となく、「沈黙」の本だけは急ぎ図書館で借りる事にする。

そんな風な成り行きで
前日が忘年会の為、車に乗れず、朝、タクさん、平六さんに武雄温泉駅に迎えに来ていただく。
タクさん、平六さん、そよかぜさん、肉まんの4名で
遠藤周作文学館へ。
朝10時位。
c0077338_22493363.jpg

中に入り、本のコーナーでタクさんの一押しの「切支丹の里」を4名 購入。
遠藤周作文学館に5冊あった本が1冊だけとなってしまった。
c0077338_22504684.jpg

c0077338_22511139.jpg


c0077338_22552542.jpg

人間がこんなに哀しいのに、主よ、海があまりに碧いのです。
c0077338_22581369.jpg



「沈黙」があまりに衝撃的だったせいか、ブログがすらすらと書けません。
遠藤周作さんの事も書きたいのですが、なんか今日は、もう書けません。

ただひとつ言える事は、遠藤周作文学館を訪問するにあたり、「沈黙」の小説を読むきっかけとなった事だけは、とてもありがたい事でした。
タクさん、そよかぜさんに感謝ですね。
ド・ロ神父記念館、出津教会、大野岳、大野教会に続く・・・(一応その予定ですが)
[PR]

by katuyamak | 2011-12-25 22:20 | 青春18きっぷ | Comments(4)

Commented by 風来坊 at 2011-12-26 05:24 x
おはようございます、肉まんさん。
二週連続で長崎でしたが、記念になりそうな訪問だったようですね。
遠藤周作は、昔、「狐狸庵先生の~」のシリーズの軽妙なエッセイを読んだ後に「海と毒薬」を読んで、その落差にちょっとびっくりして、その後読んでいません。
でも、今度読んでみようかなと思いました。ありがとうございます。
Commented by 肉まん at 2011-12-26 05:45 x
風来坊さん、おはようございます。
そうなんですよ。私も狐狸庵先生の軽いイメージを持っていたのですが、小説を読んでびっくりでした。
今度の3連休の最大の成果は、「沈黙」「切支丹の里」を読み終えた事です。
いつか機会ありましたら、是非読んでみられてください。
長崎の見方がまた変わってくるかと思います。
Commented by  うすきハッピーリタイアメント at 2011-12-26 06:04 x
肉まんさん、おはようございます。
肉まんさんと長崎の地はとてもご縁がありそうですね。
長崎は異国の文化と日本文化が融合している所が魅力ですかね。
純文学小説は心を揺さぶるものがありますね。
遠藤周作との出会いは20年前にありましたが、今は空っぽです。(笑)
思い出が少し蘇りつつあります。
これも、肉まんさんのお蔭です。
ありがとうございます。


Commented by katuyamak at 2011-12-26 06:10
うすきさん、おはようございます。
久し振りの長崎でしたが、2週続けて思い出深い旅となりました。
あらためて長崎の歴史の深さを再認識した次第です。
遠藤周作さんの小説を図書館から、もう1冊借りました。
「女の一生」約500ページ。腰を据えて読みたいです。
年末年始の楽しみにしておきます。