青春② 浦上天主堂~シーボルト記念館~立山防空壕跡

12月18日(日)からの続き 最後のレポとなります。
永井隆記念館の後は、そのまま徒歩で浦上天主堂へ移動。
ここは無料でした。
c0077338_5544937.jpg

c0077338_5551265.jpg

原爆資料館のすぐ近くにある寶来軒別館へ。ここのチャンポンが食べたい。800円。
c0077338_5553852.jpg

光の具合でうまく撮れてませんが、最高でした。
たまたま11時半開店と当時に入店。
注文は一番最初でした。
帰る頃には続々とお客さんが入っている。
c0077338_556027.jpg

スープもすべて完食  
注:左利き
c0077338_5562730.jpg

十分、満足して市電電停を目指していると、電車博物館?のようなところを発見。
ちょっと寄ってみる。
昭和の匂いがプンプンしてました。
福岡市にも私が小学校の頃まで電車が走っていたので、懐かしいですね。
c0077338_5564681.jpg

博多どんたくの頃は、走って花電車を追いかけていたものでした。
私が知っているのは、昭和40年代。
c0077338_5571456.jpg

電車で移動し、新中川町電停で下車。
ここから徒歩で10分程度だったかな?
シーボルト記念館に到着
c0077338_5573849.jpg

中は撮影禁止。
シーボルトの事も書きたい事はあるんですが、時間がないので省略。
本当はそれを書くのが、人物・偉人の旅のはずなんだけど・・・
申し訳ない。
c0077338_55823.jpg

最後に桜町電停で降りて、長崎歴史文化博物館を覗いてみようかと、寄ってみる。
ちょうど「孫文・梅谷庄吉と長崎」の展示があっていたので、入るのを中止。

特別展があっているから、中止するのは、もう頭の中は永井隆さんと、シーボルトの事だけで情報が多すぎ、頭がいっぱいで、これ以上からさらに2人の情報収集は1日では無理と判断した為。
何事もほどほどがいいですね。

すぐ近くにあった立山防空壕跡地に行ってみる。
c0077338_5582359.jpg

平成17年に改修しての一般公開との事で長崎市の方も行った事がない方が多いのでは?
そよかぜさんも行ってないとの事でした。
c0077338_5585092.jpg

一人だと少々気味が悪かった。
c0077338_5591046.jpg


c0077338_5593260.jpg

電車で長崎駅前に移動し、最後に皿うどんを食べて帰る事にする。
このお店に行くつもりだったけど、閉まってました。
c0077338_5595262.jpg

別のお店で皿うどんを注文。
c0077338_601042.jpg

15時32分発の鳥栖行き普通電車で帰る。
早く帰る理由は「坂の上の雲」が見たかった為
けっきょく20時頃に自宅に着きました。

日帰りでの、長崎市の旅でしたが、なかなか楽しい旅となりました。

私の理想の人物・偉人を訪ねる旅の本来の理想の旅は、

訪問する前にじっくりその人物についての本を数冊読み、人物の事をすべて理解した上で訪問。
その土地の文化に触れ、低山にも登り、本人になったようにその土地の文化に触れる。


って言うのが理想なんだけど、予習の読書もままならず、ぶっつけ本番の旅になってしまっているのが、残念なところ。

もっとシーボルトさんの事も書けるような時間に余裕がある旅をしたいものですね。

そうなると、やはり1ケ月に1人、1館程度が理想の旅なのかもしれません。

日本百名山を最短ルートで登って、今日は何座登ったとしてある人とやっている事は同じ。
そうじゃなく、その一つの山の谷から登り、尾根から登り、東から登り、西から登り、南から登り、北から登り、春、夏、秋、冬と登る方法もある。

理想とやっている事が違ってきているので、一番消化不良なのが私自身かなあ。

ただ、そうなると予習の読書の時間、本番、帰ってきてのブログ更新とあまりにも時間がかかりすぎてしまう。
まあ、あまり真面目に考えないようにしておきましょう。
日帰りでも現実を離れての、旅はいいもんです。


今回の、永井隆記念館、シーボルト記念館で人物・偉人の旅も8人目となりました。
あ!日本百名山を目指してある方と同じ事をしてますね(笑)
[PR]

by katuyamak | 2011-12-20 23:02 | 青春18きっぷ | Comments(4)

Commented by うすきハッピーリタイアメント at 2011-12-22 20:39 x
 肉まんさん、こんばんは。
永井隆記念館にシーボルト記念館そして立山防空壕跡地と
よく歩かれましたね。
さらには長崎名物のチャンポン,皿うどんの食べ歩き
目いっぱいの活動お疲れ様でした。

人物・偉人の旅も予習も大事だと思いますが、現場体験の方が力がつきそうです。

長崎と云えば狐狸庵先生こと遠藤周作さんの記念館があることをそよかぜさんの日記で知りました。

永井隆の本が24日に入荷致しますので楽しみです。


Commented by 山馬鹿 at 2011-12-23 00:12 x
こんばんは~☆ 
歴史上の人物縁の地を訪れ、その土地の名物を食しと、良い旅をされているようですね~♪
シーボルトさん宅から裏手に回れば、我が家まで約15分?
立山防空壕は私も行ってません、おそらく原爆で沢山の方が・・・
明日はお付き合いできずに、すみません、ドロ神父は偉大です!
Commented by 肉まん at 2011-12-23 05:03 x
早速、本の手配をされたんですね。
さすがです。
実は、本日、遠藤周作記念館を訪問します。
タクさん、平六さん、そよかぜさんから急きょ、お誘いを受けました。
ぼちぼち出発します。
楽しみです。
Commented by 肉まん at 2011-12-23 05:05 x
山馬鹿さん、おはようございます。
本日はお会い出来ず残念でした。
お仕事、忙しい事が何よりかと思います。
ご自宅はシーボルト記念館からお近くだったんですね。
また山でお会いしましょう。