京都嵐山  美空ひばり座

9月19日(月)
9時半開園で美空ひばり座の中に入る。
c0077338_59573.jpg

c0077338_5102084.jpg

ここで美空ひばりさんの事を簡単に書いてみたい。

昭和12年 横浜市の魚屋 魚増の長女として生まれる
昭和24年 12歳の主演映画「悲しき口笛」がヒット 主題歌は45万枚の大ヒット
      (当時の最高記録)
昭和25年 主演映画 「東京キッド」上映
昭和27年 シングル 「リンゴ追分」130万枚
昭和29年 NHK紅白歌合戦初出場 江利チエミ、雪村いずみと共に3人娘と言われる。
昭和32年 浅草国際劇場でファンの少女から顔に塩酸をかけられ緊急入院。
昭和37年 日活スター小林旭と結婚 
昭和39年 わずか2年で離婚 ただし実際は2人は入籍しておらず、ひばりは生涯独身だった。
昭和40年 「柔」 180万枚 ひばりの最大ヒットとなる
昭和41年 シングル 「悲しい酒」145万枚
昭和42年 シングル 「真っ赤な太陽」140万枚
昭和63年 東京ドームのこけら落とし 不死身コンサート実現
平成元年  シングル「川の流れのように」 150万枚
平成元年  52歳没
  同年  女性初の国民栄誉賞受賞

映画出演本数       158本
シングル枚数       527曲
通算レコーディング曲数 1500曲
レコードの累計売上枚数 8000万枚


ウィキペディアより
その他参考資料
見た映画 「悲しき口笛」、「東京キッド」
その他読んだ本  「美空ひばりは鶴だった」、「美空ひばりプライベート写真集」

c0077338_5104579.jpg

前のところで私は美空ひばりのファンではないとハッキリ書いたが、今の段階ではファンではないけれど、冷静に美空ひばりの事を調べて、映画も観て、歌も聞いて、本も読んだり、美空ひばり座にも行かせてもらって、今は美空ひばりさんがだんだん好きになってきている状態だと思う。

亡くなったのが、52歳。
私も今年11月で52歳になるので、ほぼ同じだけ生きてきた。
51歳だと、美空ひばりさんは今の時期は病魔と闘っていた頃だ。

美空ひばり座に来てみて、生きざまがよくわかり、博多から出て来てよかったと思った。
凄い人だったのがよくわかる。

亡くなられてもう23年もなるのに、私は美空ひばりさんの事はNHK紅白に偉そうに出てくる、おばさん程度位にしか、よく知らなかった。

今の年代になって、10代の主演映画や若い頃の歌を聞いてそのうまさにあらためて驚く。
つい最近 「りんご追分」を聞いた時は、正直あまりの歌の凄さにびっくりした。 



c0077338_511961.jpg

入場口の1階はカメラ撮影可能だったが、2階からはダメだったので、画像としてはここまで。
c0077338_5113061.jpg

2階から上のいろんな展示物もおもしろかった。
9時半からすぐの入場者だったので、1番目か2番目だったので、のんびり見られた。
2階をデジカメで写していたら、写さないで下さいとすぐ人が来たので画像はない。
下の画像のもらったパンフレットで何となくわかるかなあ。
c0077338_5482681.jpg

パソコンから美空ひばりさんのオリジナルCDを作ろうというところのコーナーはおもしろかった。
美空ひばりさんの1600曲の中から好きな曲を1曲210円でひろって、CDが作れるので私も作ってみた。
こんな感じ。記念のいいお土産になりました
c0077338_6371744.jpg

曲は
上を向いて歩こう
悲しき口笛(12歳の頃)
リンゴ追分
悲しき口笛(25歳位の頃)
津軽のふるさと
川の流れのように

だったかなあ?
毎日、車の中で聞いてますが、いいですねえ。
あ。やっぱりいつの間にかファンになったのかな(笑)
c0077338_6373747.jpg

もっと美空ひばりさんの当時の映画や歌も聞きたいのですが、次は9月25日に大分県 臼杵市に
野上弥生子さん生家を訪ねる旅を予定しています。

野上弥生子さんの本も今から予習して、読まないといけないので、歴史、偉人、人物を訪ねる旅もなかなか忙しいのです。

でもその調べている人物を知れば、知るほどその人が好きになるのはきわめて自然な流れなんでしょうね。
[PR]

by katuyamak | 2011-09-22 05:11 | 歴史・偉人・人物館の旅 | Comments(4)

Commented by 悟空の笑顔 at 2011-09-22 06:47 x
おはようございます。
私も昔は興味なかったですが、30を超えてからでしょうか...良くカラオケでも歌うようになりました(笑)
Commented by うすきハッピーリタイアメント at 2011-09-22 19:54 x
肉まんさん、今晩は。
ひばり座でのCD制作は面白いですね。
また、ひばりさんのこと良くまとめておられますね。
これでは、ひばりさんへの親近感が湧く筈。
音楽を聴くのも楽しいでしょう。特に”川の流れのように”は
私もたまに聴きます。

臼杵への偉人・人物を尋ねる旅では「野上弥生子エピソード」
の小冊子を準備させていただきました。
Commented by 肉まん at 2011-09-22 19:57 x
そうですかあ。
美空ひばりだけじゃなくて、いろんな歌を聞いてみたいなあ。
Commented by katuyamak at 2011-09-22 20:01
うすきさん、今晩は。
今まで聴いた事がなかったので、ひばりさんの歌は新鮮です。
毎日何気なく聴いてますよ。
一人の人を深く掘り下げて調べてみるのは楽しいですね。

臼杵市の野上弥生子さんではお世話になります。
25日はとても楽しみにしております。