本を3冊読む

今週は土曜日が仕事、日曜日は台風接近。
日曜日、三日月山付近まで足を運んだが、雨、風が強く今日は断念。
久し振りに週末に登らなかった。

山のレポ報告が何もないので、久し振りに本の感想を書いてみる。

5月に入り、本を3冊読んでいるので、その本の感想でも・・・
いつもは実用書、自己啓発書等を読む事が多いが、そんな本はなかなかブログになんて書けない。

最初は「炭坑王」 これはおもしろかった。
c0077338_16393542.jpg
350ページの大作だが、図書館で3度借りなおし、1ケ月かかってやっと読む。
途中、途中で間が空いて、再度読み直し、たぶん20時間以上かかって読んだ。

当時の筑豊の石炭事情、地域経済、その他、伊藤伝右衛門さんと白蓮さんの事を詳しくわかったのは収穫。

ちょうど、山本作兵衛さんの絵が世界記憶遺産に登録されたので、また田川の石炭博物館にも足を運んでみたい。
ネットで調べると、週末はやはり通常の2~3倍の人出とか。



「トムラウシ山遭難はなぜ起きたのか」
c0077338_16533176.jpg

低体温症と事故の教訓
「アミューズトラベル社」のツアー検証。
3名がガイドで、15名がツアー客。合計18名。

結果、5名が自力で下山。
5名がヘリで救出。
8名が低体温症で死亡。

ガイド3名のうち、2名がこのルートを歩いた事がなかった。

事故が起こった背景としては、3日目の事故当日の朝、強風、大雨の悪天候の中をヒサゴ沼避難小屋を出発した事。
また引き返す事をせず、とにかくガイドがそのまま進ませた事。
また、誰もツアー客がその事に対して、反論しなかった事。

ガイドもツアー客も山のひとりひとりの山の体力を知らず、わからず、さらに参加者の多くが、60代だった事。
読んでいて、あまりに情けなくも悲しい。

他人事とは思えず、山の恐さを再認識する。


「弥太郎の長崎日記」
現在の長崎公立学校の先生が書いた本でなかなかおもしろかった。
c0077338_17381432.jpg

龍馬伝でだいたい岩崎弥太郎の事は知っていたが、本を読んでさらに時代背景も詳しくわかる。

この時代の坂本龍馬、後藤象二郎、岩崎弥太郎、海援隊のひとりひとりが何といきいきしている事だろう。

後藤象二郎が1年間で丸山で遊んで使ったお金が3千両、現在の価値で1億5千万円。
毎日50万交際費として使っていた。
スケールが違うねえ。
[PR]

by katuyamak | 2011-05-29 16:38 | 読書 | Comments(4)

Commented by 風来坊 at 2011-05-29 18:00 x
こんばんは、肉まんさん。
去年、ご一緒した田川市石炭博物館で一足早く、世界記憶遺産に触れることが出来ました。改めてありがとうございます。でも、びっくりのニュースでしたね。
伝右衛門の庭も最近、指定を受けていました。
今まで、近くにありながら知らなかった貴重な財産を教えていただき改めて感謝します。
Commented by 肉まん at 2011-05-29 18:18 x
風来坊さん、こんにちは。
昨晩はお疲れ様でございました(笑)
私も久し振りにおいしいお酒でした。

そう言えば、田川の石炭博物館と伊藤伝右衛門邸もそれぞれ、指定を受けましたね。

山本作兵衛さんの絵なんて、次回から鑑賞の視点が違ってくるでしょうね。

映画ならアカデミー作品かどうか?というような見方になるんでしょう。

でも世界記憶遺産登録は今後、筑豊地区の当時の石炭の歴史を知る上でも素晴らしい出来事です。

早くも、関西、関東など遠方から絵を見る為に、博物館に来られてあるそうです。
Commented by うすきハッピーリタイアメント at 2011-05-30 04:36 x
 肉まんさん、おはようございます。
あらゆるジャンルの本を読まれ読書家なんですね。
しかも、時間の活用が非常にお上手のようで。
 私も見習わなくてはと、いざ本を開くと集中力にかけ
睡魔に襲われ一向に進みません。
何か良い方法ないものかと思うばかりで進歩がありません(笑)
Commented by 肉まん at 2011-05-30 05:46 x
うすきさん、おはようございます。
読書はたまたま5月に続いただけです。
通常はそんなに読んではいません。

ただ5時半起床をはじめて、時間に余裕ができてきたのかもしれません。
読書は夜はまったく無理ですね。
午前中か、夕方までです。
よって週末のみの読書です。