香川県の山 讃岐七富士巡りとうどんの旅その1 琴弾山

2011年 5月13日(金)
今、香川県坂出市のホテルからブログ更新してます。
会社で年間2回。土、日と組み合わせての有給休暇を取得していい制度があるのですが、出勤、出勤でなかなか取得するチャンスもありませんでした。
今回、5月に香川県の旅行を目的に取得する事にしました。

山登りする方の自分へのご褒美は、夏のアルプスの旅行が多いでしょうが、私の場合は、現役である間は、夏が最高に忙しい時期と重なり、現役である間は夏の遠出は無理のようです。


しかし4月、5月に自分が行きたいところはどこだろう?いう事で、
今回、香川県に讃岐七富士という山がある事を知り、讃岐七富士巡りと合わせて、うどん巡りの旅を計画しました。

今回は小倉~松山の往復フェリーで、香川県をマイカーでの訪問。
マイカーならパソコンも積めるしと、博多から軽自動車にパソコンも持ち込み、現地からのブログ更新もチャレンジしてみる事にします。

よってホテルもインターネット回線全室対応のホテルを予約してみました。
それでは、いつものように日記形式で昨日~今日の一日を振り返ってみます。


5月12日(木)
本日は、18時で仕事を終えて、21時55分発の小倉~松山 さんふらわあのフェリーに乗船するのが目的。

香川県に讃岐七富士という存在がある事を知り、ネットで調べてみると自分でも登れそうな山なのでアタックしてみたいと思うようになった。

しかし香川県全域にまたがっていて、JRやバス、自転車などでの移動して7つの山を登るのは短い時間では無理。
現地でレンタカーを借りて、わざわざ登る企画でもない。
いろいろ調べているうちに、小倉~松山のフェリーだと軽自動車と大人1名で早割予約だと10000円で四国に行ける事を発見。
よって企画~実行の運びとなる。

フェリーでの旅行なんて20才頃以来であり、とても新鮮でおもろかった。
また自分でフェリーの中に車を入れての乗船なんて初体験である。
c0077338_2015397.jpg

でもさすがにいまさら、フェリーの2等での多人数での雑魚寝は照れ臭く
(20歳頃のバイクツーリングでは過去に経験あり)
あと1500円出して、2等寝台とする
部屋は洋室の8人部屋で2段ベットの下のところが私の部屋であった。

私が寝る部屋には、まわりに3名の知らないオッサンがおり、ポテトチップをカーテンの仕切りの中でバリバリ食べている音だけが聞こえておもろかった。
なお他人のいびきでは閉口する(他人の事はたぶん言えんが・・・026.gif
c0077338_2021544.jpg

フェリーに乗っている興奮と部屋に知らないオッサン達がいたせいか、なかなか寝付けなかったがたぶん3時間か4時間は寝たと思う。

4時18分に船内アナウンスで目覚め。
知らない事を経験するのはおもろいですねえ。

寝不足のまま、5時10分頃、四国 松山の地へ降り立つ。
松山には今回、用がないが、「坂の上の雲」の舞台でもあるし、松山城を通る時にゆっくり観光してみたいなあと思う。
まあ、それは次回。
途中で無糖の缶コーヒーを買う為に、入ったファミリーマートで、おばさんがたぶん「伊予弁」で話してある会話が聞こえてきて、ああ、俺 今、松山にいるんだなあと、こんなところで妙に四国入りを実感する。

西条市に入り、道路に石鎚山登山口と言う標識が見えて、寄り道してみる。
たぶん、あれが石鎚山と思うが、いつか機会あればアタックしてみたい。
フェリーで降りて、そのまま下道で7時半頃には登山口まで着けそうである。
これも一つの発見。
c0077338_202381.jpg

紙のまち資料館に寄り道。
c0077338_203086.jpg

下の文章を読んで思う。
そう言えば、明治、大正、昭和の前半は人はどうやって、
お尻を拭いていたんだろう(笑)
c0077338_2032096.jpg

愛媛県と香川県の県境の「とよはま」で初讃岐うどん
ぶっかけと海老天でたしか400円位。
コシが強烈でさすがに旨い。
c0077338_2034215.jpg

c0077338_204132.jpg

香川県、今年初の山登りは、讃岐七富士ではない。
琴弾山 58m
昨年だったか?「つるべえの家族で乾杯」という番組で観音寺市が紹介されていて、その中で
ここが紹介されてあり、行ってみたいと思い、今回寄り道。
c0077338_2042078.jpg

トイレにもこのマーク。
c0077338_2043942.jpg

公衆電話にもこのマーク。
c0077338_205073.jpg

ここから登る。車で頂上まで行けるようだが、あえて下から歩く。
c0077338_2052060.jpg

途中、こんなおもろい文字が・・
c0077338_2054141.jpg

さて、山頂から見える景色。それは・・・
c0077338_2061985.jpg

「寛永通宝」の文字。これが山頂から見えるのだ。
c0077338_2063733.jpg

この岩から見る。
なおこの砂浜から見える文字。
平成に入ってされた企画かと思いきや、東屋のアナウンスでわかったが、350年程前にこの地に殿様が赴任した時に、村人が歓迎して、あの作業をしたみたいな事を言ってあった。
今も年 2回、現地の方がメンテナンスの作業をしてあるらしいです。
c0077338_2081330.jpg

東屋から、いよいよ次に登る讃岐七富士の一つ「江甫草山」(つくも山)が見える。
c0077338_2083288.jpg

下の砂浜に降りて、実際に見てみるがなんと書いてあるのか?わからない。
c0077338_2085329.jpg

c0077338_634097.jpg

山歩きメモ
出発11:23~12:13 琴弾山~公園~銭形等を周回して50分程度
2.5km位歩いている。

さて、いよいよ讃岐七富士巡りをするか。その2へ続く。
[PR]

by katuyamak | 2011-05-13 19:55 | 四国の山とうどん | Comments(4)

Commented by 悟空の笑顔 at 2011-05-14 00:29 x
こんばんは^^
いいですね~1人たびですか?
私も独身の時一人旅を良くしました。
フェリーに乗ってうどんも美味しそう。
いいなぁ~*^^*
たけのこうけました(笑)
Commented by うすきハッピーリタイアメント at 2011-05-14 03:42 x
 肉まんさん、おはようございます。
素晴らしい企画、行動力に感心致したおります。
また、私の知らない世界が沢山コメントされ、知識が増えることに喜びを感じています。
讃岐七富士、お気をつけて山行くださいませ。レポートが楽しみです。
 私は今日、久住の山を歩きます。
旅行は大変楽しむことができましたが、カンボジアで地雷で右足を失くした男の子との会話、バスが出発するときに手を振ってくれたことが脳裏に焼き付いて離れません。
それから、麺類のフォーを美味しく頂きました。
Commented by 肉まん at 2011-05-14 05:46 x
悟空の笑顔さん、おはようございます。
そうですか。一人旅もされてあったんですね。
私も20代の時は、バイクツーリングしてました。
お互いに山登りの趣味と巡りあえてよかったですね。
Commented by 肉まん at 2011-05-14 05:51 x
うすきさん、おはようございます。
子供達には、何の責任もないのでたまらないですね。
私も震災孤児、居眠り運転の被害者の子供達、ユッケ事件の被害者の子供さんと、事件が続いているのでつらいです。
フォーはおいしいらしいですねえ。
会社の若い子がよく食べてます。