マンサク咲く鬼ケ鼻岩へ  その①

2月27日(日)
3月中旬の関西の出張に関する事で勉強と言うか、仕事と言うか、とにかく勉強しなければいけなくなりました。
平日にしっかり仕事して、スパッと気持ちを切り替えて週末はしっかり遊ぶ程、私は出来がよくありません。
よって日曜、午前中も勉強をしようと思ってました。

しかし天気予報を見ると午前中なんとか20%、午後から50%で雨予報です。
背振方面の山を見ると雲がかかっていません。
よってサクっと万作をマンサクっと見て午後から勉強しようという作戦。
9時過ぎ登山口出発。

背振を単独で歩くのはいつ以来だろうか?
年末年始から雪が多く、背振方面を歩くという発想がなかった。
今日は、背振のしょぼいマンサクでも見ようと久し振りに背振。

いいねえ。
久し振りの背振。
鬼ケ鼻岩の直登ルートから登る。
雪が心配だったが、直登ルートにはまったく残ってなかった。
今日はデジカメを忘れてきた。
登山口で忘れた事に気がついたが面倒くさいのでそのまま登る。

鬼ケ鼻岩最後の登りのところ、標識がある分岐のところでマンサクが咲いてました。
c0077338_21174.jpg

しょぼいと思ってたけど近くで見たらなかなかデカイ。
遠くで見るからしょぼく感じていたのかな?

その②に続く~
[PR]

by katuyamak | 2011-02-27 21:01 | 山歩き | Comments(0)