太平洋の軌跡 フォックスと呼ばれた男

2月11日(金)
久々に午後から映画を2本続けて観る。
1本目 「必死剣 鳥刺し」 福岡ルクル  観客は20名程度

2本目 「太平洋の軌跡 フォックスと呼ばれた男」 福岡ルクル
15時からの上映だったが、館内はほぼ満席。
客層も男女、若い人と年配の人とが、バランスよく入っていて、こんな作品も珍しい。

こんなに映画館に人が多いのは、アカデミー外国語賞を受賞直後の「おくりびと」の再映以来だった。
おそらく竹野内 豊さんが主演、井上真央さんとかが出演しているからかと思う。
c0077338_18354795.jpg

戦争映画はどうしても人の死が避けられないテーマでもあり、暗く、重く、心にズシリと重い気持ちを引きずったまま終わってしまう。

まして日本軍が玉砕して陥落したサイパンが舞台となればなおさらである。

しかしこの映画は、そのサイパンで実在の歴史に名を残した大場大尉と堀内今朝松一等兵の知られざる戦いの記録を再現してくれていた。

私はアメリカ兵を30人以上殺して、100人殺すと豪語した堀内今朝松一等兵が実際にアメリカ軍から懸賞金付きで追いかけられていた事実が驚きだった。
この兵隊やくざの堀内一等兵役を唐沢寿明さんがスキンヘッドと刺青姿で気合を入れた演技で見事に演じてくれた。
c0077338_18474523.jpg



私としては、この映画はクリント・イーストウッドの「硫黄島からの手紙」と同じ位に見ごたえある映画だった。
レビューでは賛否両論あるようだが、負け戦のサイパン島に偉大な日本兵二人の存在を知った事は私としてはとても参考になった。

心に響く作品で、じっくりとしっかりともう一度観たい作品でもある。
いい映画だった。
[PR]

by katuyamak | 2011-02-13 18:26 | 映画 | Comments(4)

Commented by 風来坊 at 2011-02-13 19:40 x
こんばんは、肉まんさん。
「フォックスと・・・」は映画を普段見ない私も行きたいと思っている映画です。
久し振りに映画館に足を運ぼうかな・・・・。
Commented by 肉まん at 2011-02-15 06:23 x
風来坊さん、おはようございます。
あのサイパンに実在した人物がおられた事が凄いですね。
私もまったく知らなかった事実です。
なかなかいい映画でした。
Commented by CJN at 2011-02-18 15:06 x
どちらも見ていますが、「太平洋の奇跡 ・・・・」は原作を読みました。すし異なっているところもありましたが、映画も良かったと思います。奇跡の映画ではなく玉砕を生きるにかえた大場大尉の話ですね。鳥刺し、、も原作を読んでいます。「ジーン・ワルツ」も見ましたが、原作には負けます。原作はミステリーでした。これと表裏一体の本「マドンナ・ヴェルデ」も面白いです。これは代理母になった側から書かれています。4月~連ドラであるそうです。「白夜行」も原作の香りがだいぶ消えていたと思います。連ドラも良かったですね。「幻夜」の連ドラも見ましたが、これは原作の香りがしました。
Commented by 肉まん at 2011-02-19 06:32 x
CJNさん、おはようございます。
太平洋の奇跡はなかなか良い映画でした。
私も時間があれば原作の本を読みたいと思いました。
CJNさんは、映画だけではなくて本もよく読んでらっしゃいますね。
私も真似したいところですが、どうも現状では無理なようです。