香川の山とうどん(秋)その3  五色台 国分駅より出発

10月16日(土)
さて、鬼無駅(きなしえき)で北山うどんを食べて、すでに満腹で山歩きどうでもいいかなあ~なんて思いながら、国分駅に到着。
10時10分、重いザックと食べすぎの体をひきずり重い足取りで出発。

しかし結果論であるが、今日は10:10分に国分駅を出発し、鴨川駅に17時に到着するまで昼食も取らず、約7時間 21キロを歩き続けた。
21キロと言えば、太宰府駅から篠栗駅までの三郡縦走とほぼ同じ距離である。
まあ標高差がないから出来た事だけど、あの行きがけの炭水化物うどん 2杯が結果的にはよかった。
今日の歩いたルートはこんな感じ。
金曜日に歩いた右側の勝賀山へのピストンで歩いた6キロのルートと合わせてみたらよくわかるけど、ほんとによく歩いた。
地図中の青色のフラッグ(旗)は事前にGPSに目印を入力していたポイント。
このフラッグのおかげで、一度も道迷いする事なく山歩きができた。
c0077338_22264467.jpg

国分駅から見た五色台方面。10月の好天に恵まれた青空が素晴らしい
c0077338_22414812.jpg

さて、せっかく五色台を歩くならと、考えていた事があった。
本を読んでいてわかった事だが、この五色台ルートには四国88ケ所巡りの遍路コースとだぶって、
88ケ所のうちの3ケ所がこのルート内にある。
①まず国分駅のすぐ近く 国分寺の80番札所
②次に青峰449mのすぐ近くに根香寺の82番札所
③最後に西の白峯357m付近の白峯寺の81番札所
せっかくなので、この3ケ所の札所も訪ねてみようと計画。
国分駅降りてすぐのまずは国分寺を目指す。
c0077338_22422181.jpg

ちょうどお遍路さん達が集団でお参りしてあった。
c0077338_22424414.jpg

国分寺を訪ねた後は、当初からGPSで調べておいたルートに沿って歩く。
まずはおむすび山三兄弟が見えるらしいため池へ。
c0077338_2243853.jpg

そしてついにおむすび山三兄弟が綺麗にみえた。
おお!と正直、感動した。
香川県の山の本を読んでて、いつかは!とイメージしていた同じ形の3つの山。
c0077338_22433217.jpg

この山を見る為に、この五色台ルートを選んだのだ。
来てよかったなあ~
c0077338_22435081.jpg

さて、三兄弟の山も見れて、いよいよ本格的な登りに入る。
少々の登りになったが、ここに来て2泊3日の荷物を積み込んだザックの重さが背中にずしりと伝わって、重い足取りに・・・
c0077338_2244951.jpg

国分駅から鴨川駅までの周回縦走になるので、駅のロッカーに本や着替え等の荷物は預けれない。
すべてを担いでの重さが肩に食い込む。
c0077338_22442828.jpg

c0077338_22445619.jpg

c0077338_2246325.jpg

さて、この重い足取り、重いザックの荷物の疲れを吹き飛ばしてくれたのは・・・・
なんとこの山の、この森の野鳥達だった。
続きは予告編ですでに紹介して書いているが、その4へ続く・・・
[PR]

by katuyamak | 2010-10-20 22:26 | 四国の山とうどん | Comments(2)

Commented by furaibow581203 at 2010-10-21 03:29
おはようございます、肉まんさん。
なかなか気を持たせますねぇ~。
でも、かなりの距離を歩かれましたね。
香川のうどん、是非チャレンジしてみたいです。
公務、無いかなぁ・・・・。
Commented by 肉まん at 2010-10-21 07:15 x
風来坊さん、おはようございます。
いや、私もレポを早く片付けたいのですが、一日で入力する時間が限られているのでなかなか進みません。
八方ケ岳の麺好きのメンバーはみんな、香川大好きと想像します♪