香川の山とうどん編(秋)その1 鬼無駅より勝賀山

10月15日(金)
素晴らしい好天です。シャツ1枚で汗ばむ位です。
朝、大阪なんばを南海バスで出発して、12時に高松駅前に到着。
さあ、今年 2回目の香川県 高松です。
まずは当然、腹ごしらえ 大阪から何も食べてません。
日頃は1日1食ですが、今回は許してもらって、大いに食べて山歩きするつもり。
まずは駅の時刻表が気になるので駅すぐのうどん屋「一代」
坂出方面の電車は1時間に2本程度しかないのです。
だから乗り遅れると30分以上待たないといけないケースもあるんです。

「一代」  やまいもおろしぶっかけ小 500円。  旨い! 文句なし!
ちなみに香川では、うどん1玉が小 2玉が大というようですよ。かずさん。
c0077338_21575513.jpg

最初入った時間が12時6分だったのですが、空いていた店内にビジネスマンが続々と入店。
そうです。
今日は金曜日です。仕事している方に交じって大きなザックを横に置いて食べる私。
じゃまになりそうで、早々に出発です。

JR予讃線で出発
人、人で溢れかえっている大阪から、一転香川に来ただけで、故郷に帰ってきたような安らぎがあります。
やはり私は、福岡や大阪よりも田舎が好きなようです。
c0077338_2234097.jpg

高松駅から2つ目の鬼無駅で下車。ここから山歩きスタート
c0077338_224985.jpg

すでに「一代」でうどん食べてますが、もう1軒食べてから山歩きスタートしようか。
駅前すぐのセルフうどん店「北山」
鬼無駅にはヨコクラうどんと言う有名なうどん店があるようであるが、そこまで徒歩15分と書いてあるし、私は行列ができる店に並んで食べるほどのぼせてはいない。
だって、どの店もおいしいのである。
c0077338_6492540.jpg

迷っていたが、かけうどんと言ってしまい、トッピングにきつねを頼む。
これでキツネうどんで260円の激安。
味はうどんとしては、普通だけどきつねがなんとも言えない位旨い。
甘党の方はきっと気にいると思うが、博多では食べた事がない味。
少々、あまったるくい出汁が効いてて、なんとも食が進む。
このキツネはまた食べたい。
c0077338_6495654.jpg

さて、山歩きであるが、うどん2杯食べて山歩きがどうでもよくなってきた(笑)
おまけに2杯目の汁付きはよくない。
腹にたまって、満腹である。

まあ、本来の山歩きにとりあえず出発。
ところでなぜに勝賀山?かと言うと、有名な山なのかどうかは全然知らない(笑)
単に駅からすぐ登れて、13時から山歩きしても、2~3時間で歩ける山だったから。
本日の宿が坂出駅付近なのでこの付近の駅から登れる山で調べた。

今回は、数年前に買っていた「香川県の山 山と渓谷社」が大変役に立った。
c0077338_6502461.jpg

そうそう、今回はまったく知らない山と言う事で、事前にGPSにポイントを入れて、迷いそうな分岐のところにチェックマークを表示するようにしていた。
おかげでまったく3日間とも迷う事なくスムーズな山歩きができた。

予習と事前の準備がいかに大切かをあらためて痛感できた。

今日の山歩きは、12:33分に満腹の体で出発し、15:33分に駅着
鬼無駅からピストンで歩いて、往復2時間45分 約 6.5kmの山歩き
勝賀山は標高 364m
c0077338_2350711.jpg

地図、標識はこんな感じ。
c0077338_6464383.jpg

順番が逆になったが、最初からの画像はこんな感じ。
稲刈りも終わった畑から勝賀山を望む。
c0077338_650164.jpg

駅からのルートの半分以上が、舗装道路であったが、ここからいよいよ登山道へ。
c0077338_651373.jpg

標高は低いが、登りがつらい。
2泊3日の荷物が背中でズシリと重く感じる。
香川の地図や本、うどん店の本も入れてたし(笑)
c0077338_6531794.jpg

90分程かかって、山頂へ。
この荷物を背負っての、標高1000m以上の山歩きはつらかったと思う。
300m級の山でよかった。
山頂はこんな感じ。
c0077338_6595058.jpg

c0077338_702132.jpg

c0077338_71442.jpg

山頂から、明日10月16日(土)に登る五色台の青峯のテレビ塔が見えた。
c0077338_72641.jpg

山頂でゆっくりして下山。往復登山者には、金曜日のせいか誰にも会わなかった。
みかん畑で仕事している方くらい。
のどかな山だ。
そうそう、みかんと言えば、こんな感じでいたるところに小さなみかんが落ちている。
c0077338_725026.jpg

せっかくなので、収穫されないと思われる小さなみかんを1つ勝手にいただく事にする。
まだ酸っぱい(笑)
c0077338_77289.jpg

6.5km歩いて、体もいい感じ。
まずは今日の宿の坂出駅に移動。
ここでおみやげの日の出製麺所のおみやげのうどんを購入し、目の前のうどんの、のぼりを発見。
おお!ここが噂の酒屋でうどんが食べられるという木田酒店。
c0077338_7112354.jpg

角打ちしてるおっちゃんの横のテーブルを譲ってもらう。
酒屋さんなので、ビールを購入しての角打ちぶっかけうどん(笑)
酒屋さんだが、うどんは日の出製麺所からのものらしく、本格的な味である。
本日 3杯目のうどん
c0077338_784792.jpg

ここでうどんを食べて宿についたが、まだ腹もへらない。

早速、宿の温泉に入り、19時から食事であったが、宿の夕食では1泊2食で4980円と激安なのでまったく期待をしてなかったら下のような豪華な食事。
鯛しゃぶと肉しゃぶ。
3杯目のうどんを食べてしまったのが悔やまれる。
でも3杯目のうどんも旨かったが(笑)
宿でも4杯目のうどんしゃぶしゃぶを締めにいただく。
c0077338_7242486.jpg

20時からは無料で、瀬戸大橋の夜景ツアーを参加者5名をマイクロバスで連れていってくれた。
c0077338_7274740.jpg

宿は湯元さぬき瀬戸大橋温泉 せとうち荘さん。お世話になりました。
瀬戸大橋の夜景が見れたのもいい思い出になる。
こうして10月15日(金)の山とうどん巡りの旅は終わった。
報告は、まだあと土曜と日曜の2日あります。

土曜日は、朝、坂出駅前の2軒のうどん巡りで2キロ以上を歩き、山歩きでは21キロ近くを歩き、うどんを3杯食べる。
日曜日は金毘羅さんの山歩きで10キロを歩く。うどんは2杯。
ボチボチ報告していきます。
[PR]

by katuyamak | 2010-10-17 21:58 | 四国の山とうどん | Comments(2)

Commented by かず at 2010-10-19 21:15 x
恐れ多くも文中で振っていただきありがとうございます(笑)
>うどん1玉が小 2玉が大
なんだかややこしいですね。
普通盛りってのはないのですか?(笑)
Commented by 肉まん at 2010-10-20 06:37 x
かずさん、おはようございます。
私が知るかぎり、どちらかでしたね。
逆にわかりやすいと思いますよ

でも大都市だと1.5玉って言うお客さんおるやろなあ。