GPSにて

昨日と今日でパソコンのカシミールからGPSにウエイポイントとルートをアップロードするやり方を、まだまだたぶんなんとかではあるでしょうけどマスターしたようです。

なんのこっちゃい?という方もおられるでしょうが、ようは前もって作業しておれば、現地の目標の山に登る時に、GPSの受信が悪くなっても、登山口、分岐、その他 尾根と谷の分岐ポイントなどにポイントを打っておいて、そのポイントが確認できる方法。
(マークは旗とかいろいろ選べます)

これはどちらかというと、最近、人があまり登らないような山に登る機会が多い私には大助かりです。

ポイントは打ってほいた方がいいと教えていただいたCJNさん。
GPSからカシミールに転送するのがダウンロード。
カシミールからGPSに転送するのがアップロード。(この用語の意味を知らなかった)
この違いを教えていただいた S.TAROUさん。

いーさん、HARUさんには、GPSの事では、いつも感謝しております。

私なりにですが、まだまだちょこっとではありますが、小さな成長をしたようです。

これで次回より 2月14日の宮地岳のように山頂寸前まで登っていながら山頂まで行ってないなどの初歩的ミスは防げるでしょうか(笑)


ちなみに下記が今回、参考とさせてもらったサイトです。
Bird’ View さんのGPS登山はじめの一歩
[PR]

by katuyamak | 2010-03-07 08:40 | Comments(2)

Commented by CJN at 2010-03-10 18:41 x
ポイントをつけて歩かれたのですね。良かった。(Hi) 私も近くのやませみ&かわせみさんから直に教えていただきました。地形図承認の方法もお世話になりました。ポイントはあまり多くなると支障が出るので削除も必要になります。その都度削除が一番いいようですね。私はたまってからですが・・・。
Commented by 肉まん at 2010-03-13 08:25 x
そうなんです。
やっとマスターしました(笑)
ポイント・ルートとわかったので、GPSの電波の入りの悪いところでも、これからはパニックになる事はないようにしたいと思ってます。