金山(967m)

12/23(火)  金山(967m)   単独

起床9:30-旧千石荘跡11:30-頂上13:15(休憩30分)-駐車場15:10



昨日も23時過ぎまでの仕事の為、本来、今日は香春岳の岩登りコースを考えていたが、時間的に無理があり、近場での金山に登る事にした。土、日と雪の報告が多数あり、私もアイゼンを担いで、雪を見たくて久し振りの背振山系へと足を運んだ。

昨日、休み前という事で、今日の山登りをすっかり忘れて、3時近くまで起きていたため、しっかり寝坊した。いかん、いかん、だらけてきている。反省、そのつけは大きかった。
今年、金山は5回目、旧千石荘跡からは5/4以来の3回目と少しなめていたようだ。
最初、登山口は本来、写真の標識のところから登らないといけないのだが
c0077338_19341778.jpg

久し振りなのと単独
出発時間が遅いこともあり、右から登ってしまった。左の標識まであと100~200m歩けばそこからだったのに、標識がなくなったと思い、捜す努力をしなかった。横着をしてしまった。やはりなめていたようだ。
どうも久し振りのせいか、道が荒れているなあと思って、登るがどうも様子が変というのが、標高差150m程、登って気がついた。
c0077338_19362559.jpg


もう30分くらい登ってきているので、また降りるのも面倒と、強引にピークを目指して、やぶこぎをして左に入り、本道を捜して、やっと見つけた。この間約、15分、やはりなめている。
ここからは頂上まで何事もなく過ぎる。雪道を登りたかったが、すべて溶けていた。残念。

今回、2つの強力なアイテムを持参した。
というか付けてきた。
一つはエアアンクルリストウエイトという商品名でようは足首のおもりである。1kg×左右。約2000円。
c0077338_19374312.jpg

先日、ボンバーかなこ姐さんが、「縦走する前にこれをつけて足に負荷をかけると縦走が楽なんですよー。いいですよー。よかったらどうぞ、ニコニコ。」と軽いノリでいうので、早速スポーツ店で購入した。だてに2500m以上の山を30回以上ほぼ単独で登っているだけの事はあると男性陣はうなずき、早速試した。

ハッキリ言って、最初の1時間はかなりのバテバテ、心臓はドキドキ、足は重く、相当の負荷がかかり、汗がどんどん出た。いいかどうかはもうしばらく単独の時につけてみよう。
今日のコースは標高差約700mはあるので、いいトレーニングになった。
しかし同行者がいた場合は1人、ハアハアと息があがっているので、単独でこっそりがいいようだ。1時間程で慣れた。
もう一つのアイテムは、白く見える、グンゼ社の超高級ブランドのサルマータである。アルマーニではない。
サルマータである。約980円也。

山用の高い5000~1万以上するズボンが買えないので、暖かいズボンをいろいろ試したが、これが身軽で暖かくてよい。(注:なお普段はしてません)
まあこんなのを身につけて道に迷ったりしながら、なんとか105分で頂上。
c0077338_19405782.jpg

雪を期待して登ったがこんなにいい道だった。
30分休憩して下山。
下りでもバカな事をして、右に入り、坊主ケ滝コースに下ってしまった。3時近いし、初めての道なので、マジにあせった。
山はなめたらいけない。
山での道迷いはこれで今年2回目。
いずれも金山。登山口はよくわかった上で慎重に登る。そしてやはり朝早くが基本。
反省しきりの今回の山登りであった。
[PR]

by katuyamak | 2003-12-23 00:00 | 山歩き | Comments(0)