宝満山登りの時間に挑戦

5/13(火)  宝満山(829m)登りの時間に挑戦   単独


本日は会社は代休だが、昼から何時間か仕事をしないと業務が回らないので、いつものように早朝の山登りをして会社に行く予定。せっかくの火曜日登山なので、週末は大混雑するかまど神社正面コースを登りの時間を時計できちんとはかって、自分の山体力を測定する山登りとする。
このかまど神社コースはおそらく九州で一番人気があり、常に人が多く、登山者も九州一ではないだろうか。西鉄太宰府駅から歩いてこられて、交通の便もよく、景色もよく、自然もたっぷり残っていて、石の階段が多く、登りもきつい。トレーニングには最高のコースだと思う。私は大好きな登山道であり、大嫌いな登山道でもある。土、日は駐車場代が 300円必要だが、平日はアルバイトの兄ちゃんがいないようで、徴収されない。そのため平日に来た。
c0077338_20473367.jpg

写真は昨年の夏に写した写真。まあ3時間くらいはおおめにみてください。


なぜに大嫌いで大好きかというと登山道としてはいうことなく、大好き。しかし人が問題。とにかく人が多い。なんでという位、人がいて、もううんざり。最初は「おはようございます。」「今日は。」と声を掛け合ってすれ違うがいいかげんに疲れる。さらにさらに疲れるのが、挨拶してもまったく返事をしない人がなぜかこの正面コースに多いのである。人嫌いならこの人気コースに来なければいいのにと思うのは私だけだろうか。登山道は最高なのに人気がない山のコースが何と多い事か。おそらくあまりにも交通の利便がいいので、山登りではなく、トレーニングと割り切って登ってある人も多いのだろう。スニーカーにシャツだけの人もいる。さて、前置きはこれくらいで今日は時計を計っての3回目の挑戦である。写真から見える鳥居の下の階段からスタート。ストップウオッチを押した。


このコースはスタートから頂上まで、3.1kmしかない。
c0077338_20493916.jpg

しかし登りがめちゃくちゃきつくて、標準で90分くらいだろうか。つまり1kmを30分もかかるきついコースなのだ。かまど神社を過ぎるといよいよ登りが始まる。一の鳥居から登りがきつくなるので、最初からとばして歩いた。普通の山登りでは景色など楽しみながら登るが、今日は自分自身の挑戦なので、とにかくがむしゃらにガンガン登る。12/22に久しぶりで登った時にけっこう登っていたので、自信持って登ったがその時に3人に抜かれて、宝満の常連さんの速さを改めて知ったものだった。


さて3回目の挑戦だが、
12/22 02年度、25回目  1時間18分40秒
 1/21 昨年から32回目   1時間14分54秒
 5/13 昨年から54回目  1時間 6分59秒と
大幅に時間を短縮して登れた。やはり5/5の背振山系の29.2kmの大縦走が効いているのかもしれない。山登りを時間気にしての山登りなんてという人がいるかもしれないが、これは単独で私自身が人に迷惑かけないようにこっそりしているもので、別に自慢するつもりもない。しかしもし読んでいる人にわかってもらいたいのは、43歳の平凡な私でも山登りというトレーニングによって時間短縮ができるという事の事実をわかってもらいたい。毎週毎週行く事の積み重ねの大事さでしょうか。
c0077338_20501934.jpg




師匠のOさんによると、このコースを新幹線、こだまといわれる常連さん達は登りを45分で登る人がいるらしい。45分というと1km15分である。確かにそんな人達がいてもおかしくない天狗達がたくさんいるコースである。さらにこのコースには宝満登山1000回、2000回、3000回の常連さん達がいてちょっと私には真似できない方が多くの初心者の方にまぎれて登ってあるので、恐るべきコースなのである。さて上宮を拝んでから対して休まずにすぐ下山。登りでまったく余裕がない山登りをした反動でとにかくのんびりゆっくり下るようにする。くだりで急ぐ人がいるが、石段が多く膝を痛めやすいので、私はとにかく下りはゆっくり降りるようにしている。
c0077338_20504772.jpg




登りではまったく目にはいらなかったが、5月の季節にいろいろと花が咲いている。花はいいなあ。5/5のシャクナゲに出会ってからすっかり山の花のファンになってしまった。そしたらなんと7合目にシャクナゲがまだ咲いているではないか。
c0077338_20511390.jpg

登りではまったく目に入らなかったが、ここのはピンクがきれいないい色だ。シャクナゲはやっぱりいいなあ。また会社が代休の火曜日の朝に又、こっそりがむしゃらに登ろう。週末は遠慮しよう。花をたくさん観賞して、その足で会社に向った。かまど神社コースはやはり平日に限る。
[PR]

by katuyamak | 2003-05-13 00:00 | 山歩き | Comments(2)

Commented by 西区のボギー at 2014-11-23 21:11 x
61才の私、2014年11月23日PM14:45駐車場を出発
途中カメラを取り出しては景色や標識(頂上まで何キロ)
を撮りつつ15:56に山頂に到着、所要時間1時間11分と
言う所
季節柄、頂上の岩に上ると風が冷たがったこと! 2・3分で
降りました
駐車場の係りの人に聞くと「この時間からだと下る頃には
暗くなるので(5時半頃)ライト持ってる?」と聞かれたので
「持ってますよ」と応えた物の、実際暗くなると危ないなと
思いちょっとピッチを上げて上りました
何時もながら百段がんぎから先がきつうございました
帰り着くと竈神社ではコンサートが行われておりました
ライトアップされた紅葉をカメラに納め、名残惜しくも
帰路につきました
Commented by katuyamak at 2014-11-23 21:46
西区のボギーさん、今晩は
61歳でかまど神社から71分とは、相当にお速いですね。
私はとてもかないませんです。ハイ!

できましたら、駐車場の方が言われるように遅くなると心配ですので、早い時間での山歩きがいいかと思います。
しかし2003年のレポを引っ張り出されるとは、私も忘れておりました。