昭和の森から三郡山、頭巾山

9/28(日) 昭和の森から三郡山、頭巾山、 4名

昭和の森出発8:00-前砥石ルートから縦走路より三郡山10:30-頭巾山11:00-休憩後頭巾ルートから下山-昭和の森12:30


 なぜかちょっとブルーな気持ち


今回はちょっとパターンを替えて違う感じでの日記風にしてみます。正直9/28の山登りでは取り立てて書く程の事もないので、ちょっと感じた事など気がついた事を書いてみます。


9/27(土) 
中間決算に備えての準備が万全でないので、仕事をしにいく予定が、キャンプ2で創業祭とかでかなりの割引があるとチラシにあり、覗いてから仕事をする事にする。
ついた途端にビックリ。駐車スペースがなく、どこにも停められない。仕方なく路上駐車して店内に入りまたビックリ。人が多い、それも中高年の人達で店内は大賑わい。ここで妙な事を連想してしまった。こんなにたくさんの山人口があるのに今の九州のHPの少なさはどういう事だ。きっとみなさん私以上の山登りの経験をお持ちな訳で私のHP体験なんて本当に小さな事な訳でそういうのをいちいちアップしている自分が妙に小さな存在に思えてきた。
まったくの素人山2年生が偉く生意気な事をしているのではないかとやっと開設から3ケ月目にして今ごろそういう事を考え出した。始めた当初は全然こんな事を思った事がなかったのに、自分が好きな事を書くのに精一杯だった時期から他人の目が気になりだしたのだろうか。ちょっとは自粛しようという事も考えている最近である。


9/28(日) 
午後からサービス出勤の為、午前中で登れるようにと先週に引き続き、亀師匠チームに入れてもらい、三郡、頭巾を登ったが別段とりたてて書くことも写真もなく、楽しく過ごせた。夜に五右衛門君から西山、犬鳴山をバスでの縦走のメールをもらいえらく羨ましく思った。先週、今週と亀師匠の後ろからついて行って楽しい山登りもできた。しかし自分の心が満たされない。もちろん楽しい仲間との山登りもいいし、危険もないし何の不平不満もないはずの山登りだけど心は満たされない。なぜかと思うにやはり低山でもいいから自分でルートを考えての山登りの方がずっと楽しいからというのを体が知っているからだろうか。もちろん勝手知ったる道を何度も登るのも楽しい。でもそれでは今の私は少々満足しないようだ。たとえいつも登る標高差600m以上のきつい山よりもまったく初めての頂上が300mくらいの山の方を選ぶと思う。それなのに2週続けて仕事が忙しいという理由で同じルートから仲間と登ってえらく自分に後ろめたさを感じてしまった。来週は時間がなくても自分で考え違う山、違うルートから登ってみようと思う。仕事が忙しいという理由で楽な山登りして山人口に対しての自分のちっぽけさなんかを考えてえらく自分がやってる事に自分が満足してない自分がいるようだ。

正直、いつも登っている山では何も考えなくても登れる。それよりも駐車場をどこに停めるか考え、駐車スペースを考え、登山口を考え、登山道がこれでいいのか地図とにらめっこして考えて標識のひとつひとつに気を使い、赤テープを探し、神経を使う初めての山登りがやはり楽しい。こういう気持ちも大事にしたい。別に私としては初めての山登りの薦めを書くつもりもないのですが、自分としてはやはり初めての山での山登りでの先の登山道はどうなっているのだろう。これからどうなるのだろうという期待と不安や頂上はどうなってるなどいろいろと空想をする先にどういう展開があるのかさっぱりわからない山登りが好きなようだ。もちろん私は冒険家でもなくただの平凡な勤め人ですが、山登りでは子供のような気持ちをいつまでも大事にしたいです。ちょっと最近仕事が忙しく新規開拓の山登りをしてないし、回数をこなす事のみのせこい山登りをしていたようです。しかし標高差がある山のトレーニングの必要性も大事だし、このへんのバランスがむずかしいところです。とえらく生意気な事を書きましたが、ようはいつも新鮮な気持ちと少年のような感性と好奇心、小さな冒険心を持った気持ちで山登りを続けたいです。まだ知らない山への憧れ、たとえ低山でも山登りへの憧れの気持ちはいっこうに変わりません。来週もおそらく中間決算で土、日と仕事でしょうが、午前中時間をさいてでも新しい低山に登ろうと思います。結局何が言いたかったのかよくわからん文章になってしまって失礼しました。
[PR]

by katuyamak | 2003-09-28 00:00 | 山歩き | Comments(0)