多良岳、経ガ岳、キツネノカミソリとまた会えた

7/26(土) 多良岳(983m)、経ガ岳(1076m)   2名

4:45自宅出発-8:05黒木駐車場出発-9:45西野越-10:20多良岳-10:45多良岳東峰(11:30まで休憩)-13:52経ガ岳(15分休憩)-16:10黒木駐車場着-祐徳温泉-20:00頃自宅着 

黒木からの登りでは三脚でのキツネノカミソリ撮影の為、登り時間は参考程度で。

山登り経費  帰り佐賀-筑紫野高速利用1100円、ガソリン1260円、温泉600円、食料、飲料約1000円、合計=約3960円。 走行距離往復 228km


7/20に雨で登れなかった多良岳の再挑戦。ニックさんに来週も来ますと約束して多良岳2度目の挑戦。もう一回ニックさんに道案内をお願いする。もちろんキツネノカミソリに会う為だ。2回目の為、道路状況もわかり、スムーズに来れた。先週と違い今日は晴れ予想。相当の登山者が来ると思ってたら、引率の先生らしき方に連れられて高校生に会う。今度の高校総体はここ多良山系であるようで、今日は高校生によく会った。
c0077338_20474045.jpg



黒木登山道出発。舗装道はもうしばらく続くがゲートで車は行き止まりとなる。
c0077338_2048928.jpg

登り口が標高約350mなので、標高差約600m程。福岡の山と変わらない。


全国高校総体の案内板。
c0077338_20485784.jpg

この夏全国の高校生達がここ多良山系に来るのかと思うとみんな精一杯がんばってほしい。とにかく今日ほど高校生に会った山登りはなかった。鶴丸高校、小林高校、福岡の高校(忘れた)、飛騨の○○高校、とにかく高校生が下調べの山登りにきていた。

ここからいよいよ林道から登山道に入る。
c0077338_20491922.jpg



40分くらい登ったくらいだろうか。標高650~700m付近からいよいよキツネノカミソリとのご対面。
c0077338_2051424.jpg

この咲いている数半端ではない。
c0077338_20512577.jpg

c0077338_20513894.jpg
c0077338_20515133.jpg
c0077338_2052685.jpg
c0077338_2052292.jpg
c0077338_20524870.jpg

正直井原山の数倍の規模だ。福岡から2週続けてきて本当によかった。たくさんのキツネノカミソリが迎えてくれた。こんなはじめての光景に合えるのも山登りの楽しみだ。


金泉寺山小屋は水場があり、ここで補給。
c0077338_2055372.jpg

c0077338_20552522.jpg


山小屋でえらくたくさんの量のザックを背負った高校生女子の団体に会う。
c0077338_20562086.jpg

飛騨○○高校とあり、ここまでまだ総体まで2週間以上あるのに、もうここで合宿かと思うと相当の強豪校とみた。きゃしゃな体に目一杯のザックが印象的。写真は3名だが、おそらく10名近くの団体さんだ。高校生の女の子の登山姿は皆かわいいなあと思うのはおじさんでしょうか。


多良岳東峰の手前の岩から遠くを見るタフガイニック氏。
c0077338_20565493.jpg

毎日朝4時起床、ジョギングを毎日やって18年間。パートナーとしては最高の方。この方もサラリーマン。手加減して歩いてもらわないとついていけない。

雲の上からちょっと顔を出している雲仙岳(普賢岳)
c0077338_2057507.jpg

雲の下に海岸がありますが、ちょうど真中付近に縦の線が入っているのがわかるでしょうか。ここがあの有名な堤防。左と右の海の色が違う。

コブのようなとんがりが経ガ岳。パノラマ風に撮ってみた。
c0077338_2058462.jpg
c0077338_2059642.jpg
c0077338_20592971.jpg




多良岳東峰からもう一度金泉寺にもどり、ここから北西の経ガ岳を目指す
c0077338_2101998.jpg

私としてはもう半分以上今日の山登りは終わったという気楽な考えだったが、どうしてどうしてここからの経ガ岳からの山登りのハードだった事。別になめていた訳ではないけど、経ガ岳がこんなにハードとは思わなかった。くじゅうの黒岳に似た雰囲気でまったくニックさんにおまかせで想像してなかったので、こんなに深い山とは思わなかった。標識の015はレスキュウポイントらしくこの番号をいえば山の現在地がわかり救出してもらえるらしい。初めて見たがいいシステムと思う。


下りはつげ尾という登山道を下る。
c0077338_211122.jpg

ここまでニックさんがいうには今度の高校総体用で赤テープがほとんどはずしてあるらしく慣れたニックさんでも下りはよくわからなかったらしい。しかしこのコースの下りも石が多く、どちらかというと登り向きで下りでは苦労した。しかし人にもほとんど会わず山らしい雰囲気を十分堪能した。まったく知らない多良岳を案内してもらいニックさんには感謝している。今回はまったく雨にも会わず、梅雨も明けていよいよ夏山本番といった感じだ。今から11月くらいまでが山登りで一番楽しい時期となる。来週からはいよいよ8月の山登りだ。なお7/27は子供とプールにも行き、山にプールに夏をエンジョイが、お父さん少々バテ気味。
[PR]

by katuyamak | 2003-07-26 00:00 | 山歩き | Comments(0)