nimokaカードと「オーストラリア」

7月18日(土)
今日から3連休。午前中、用事を済ませて午後2時20分から天神ソラリアの「オーストラリア」再映に間に合うように天神へ。
ここ最近はスクーターで天神に行っているが、今日はとにかく異常に暑い。
暑さに挫折して、久しぶりに西鉄電車で天神に行ってみる事にする。
某駅でnimokaカードなるものが売っていた。
いつもなら頭が固い現状維持を望むおじさんの私としては無視するところであるがあえて挑戦してみようと思った。
普段のおじさんの私は、新しい事、今までやった事がない事。まだ行った事がない事、新しいお店etc・・
そんな冒険はあえてしないようになってきつつある。
だからあえてそれを打破しよう。
な~に小さな事だ。
たとえば今日の映画に行くにしてもそう。
暑いから行くはやめよう。天神は若者が多いから・・・そう思ったらもう行動できない。
今まで行った事がない新しい食事の店に行くとか、新しい新鮮な事に挑戦するとかだ。
そんでもってnimokaカードを買う事にした。
自動改札口でnimokaカード購入のボタンを押す。
2000円を入れろと言う。

その通りにした。

カードが出てきた。

終わった。これだけだった(笑)
c0077338_822196.jpg

天神駅に着いてちょっと休憩して缶コーヒーを買おうとすると、自販機にもnimokaカードが使える事を発見。
早速、実行。
c0077338_8241098.jpg

小銭を出さずに缶コーヒーが出てきた。なかなか若者っぽくて気に入った。
天神ソラリアの窓口でもこのカードが使えた。
まあ、使う事はそんなにないだろうがこんな小さな事でも新しい事に挑戦する好奇心みたいなものだけは持っておきたいと思う。
その後、ツヤ~にチャージなるものにも挑戦して1000円つぎ足した。

オーストラリアの映画はレビューではどちらかと評価は低く、たいした作品ではないかと思っていたが、私としては、予想以上に面白かった。
c0077338_8265618.jpg

ニコールキッドマンは42歳?くらいになるはずであるが相変わらず飛びぬけて美しい。
女優さんは顔はもちろんだけど、立ち振る舞いの姿、映画の中での存在感みたいなものはやはり大画面でみるとひときわ際立って見えるので、女優さんの存在価値は大きい。
最近の邦画では、そんな中で綾瀬はるかさんに期待している。
オーストラリアでは、1941年頃のオーストラリア、ニコールキッドマンが見られただけでも大いに収穫。
脚本的にはどうかという部分も多少あったが、満足の作品であった。
今日、天神に足を運んで思ったが、俺ってやはり映画が好きなんだなあと思った。
真っ暗なスクリーンに没頭して、その時代のその作品の世界に入り込んで見られればそれで十分大満足なのだ。
評価 3.5
[PR]

by katuyamak | 2009-07-20 08:17 | 映画 | Comments(4)

Commented by CJN at 2009-07-24 10:21 x
オーストラリアを見られましたね。私も見たのですが、さすがに今少しという作品でした。ハリー・・・・は孫と行く約束で来週に行きます。
Commented by 肉まん at 2009-07-25 08:23 x
CJNさん、おはようございます。
オーストラリアは思っていたよりも、なかなかよかったです。
次の映画は天神ソラリア「七つの贈り物」の予定です。
Commented by 7つの贈り物 at 2009-07-25 09:05 x
これも見ましたが、聖書にあるような話でしたね。まあ、好きです。7つにこだわってみて下さい。
Commented by 肉まん at 2009-07-26 09:53 x
土曜に7つの贈り物を見てきました。
涙が出ました。
涙が出た作品は昨年11月の「マディソン郡の橋」以来でした。