良書に出会えました。

今の忙しい私にとって、とても素晴らしい大変な良書となった。
「脳を活かす勉強法」 茂木健一郎さん。
c0077338_028381.jpg


この本を買ったのは、いつだっただろう?
なにげなくブック・オフで3冊買った中古本の中の一冊だった。
1100円を600円で購入して、読み始めたのが、7月2日くらいだったと思う。
今、2回目をまた読み返している。

本はだいたい自己啓発の本や、ビジネス書、その他興味がある事、雑誌等をブックオフで買ったり、図書館で借りていろいろと読んではいるが、小説以外では、人に薦めたり、ブログで紹介するのはとても恥ずかしい。
何か今の自分の中の心の中をさらけ出すような、見透かされているような気分になるからかもしれない。

でもこの本は自信を持って、薦められる。
というか、ベストセラーですでに、もうかなりの人が読んでて、案外読んでなかったのは、私だけなのかもしれない。
まあ、こんな気持ちになるせいか、自分が読んだ本の事はあまり書きたくないのかもしれない。
でも今の正直な気持ちを書いてみよう。

私にとっては、今からの私の仕事、勉強をする上で人生を変えるくらいの衝撃を与えてくれた本になった。
人生を変えるとはちょっと、おおげさやろうと思うでしょう?

でもこの本のおかげで今までずっと追い求めていた仕事、勉強に対する答えがこの本にあった。

話しは前後するけど、あまり自分の事は書きたくないけど、正直に告白する。

会社から突然、4月から今まで私がしていた出荷の仕事は、女性の派遣社員を入れるからお前は出荷と経理の両方をやれと言われた。

ほんとにコキ止めちゃろうかとも思ったが、50歳前のおっさんに次の職場では、社員の仕事もなかろう。
踏みとどまってはいたが、ずっと心はすっきりせず、新しい仕事に対して、どこかでいやだ。つらい。たまらんという気持ちを引きずっていたかもしれん。

この本に出会って、気持ちがとてもすっきりして楽しくなってきた。
この本にその答えが書いてあった。

仕事を楽しくすればいい。
脳に楽しいことをさせればいい。

この本に出会って、7月3日、4日、6日とずっと 0時近い勤務をしているが、そう疲れていない。
つらいという気持ちを持たず、ずっと楽しい気持ちで仕事をするようにした。
さらに仕事では楽しく集中してするようにした。

別に仕事を無理してがんばったりはしていない。
普段通りだがとにかく楽しく、集中して仕事する事だけを頭にいれて仕事してみた。
たったこれだけで疲れが全然違う。
新しい仕事に対して、とにかく楽しく、楽しませてもらおうという嬉しい気持ちで仕事した。
そうしたらほんとに脳が喜んでいるではないか(笑)
ドーパミンが常に噴出しておるわい。

今日も朝、7時半から23時過ぎまでずっと会社で机で仕事して自宅に帰り、今、ブログを更新している。
すでに時刻は 1時近い。
ああ、そろそろ寝るか(笑)
まあ、8日の四半期決算提出日まではずっと帰りが遅いけど、力入れず楽しんで仕事に集中しよう。

まあ、楽しく読んでみてください。


つらい気持ちだと何してもやはりつらいです。
脳は敏感に反応します。

やっぱ、とてつもない良書やねえ~
息子よ。
ほんとはお前に一番読んでほしい(笑)
[PR]

by katuyamak | 2009-07-07 00:28 | 読書 | Comments(4)

Commented by GEN at 2009-07-07 20:49 x
困難な仕事が楽しくなるのですか?
困難を飛び出されような本なんですか?
まぁ、いろんな手段を駆使して生き延びましょう!
Commented by 肉まん at 2009-07-07 21:35 x
GENさん、おはようございます。
まあ、説明がむずかしいのですが、困難で苦しい仕事でも最初から苦しいと思わず、どう楽しく工夫してやれるか?
まずその前に、自分の仕事を大好きだと思わないといけないところから始まるんですが・・
う~ん、説明するのむずかしいですねえ。
とにかく今の私はまだ会社で仕事中ですが、そう苦しくないです。
う~ん、とにかくあと10年仕事できるように、生き延びましょうか(笑)
Commented by CJN at 2009-07-09 12:23 x
こんにちは 肉まんさん
茂木さんといえば「やまびこ会」のレイさんの甥だそうです。何となく似ている気もします。(Hi)
Commented by katuyamak at 2009-07-11 08:16
CJNさん、おはようございます。
そうですか?
世間は狭いもんですねえ。
レイさんにも、茂木さんにもお会いしたいですね。