黒岳

6/15(日)  黒岳(1587m)   3名

男池駐車場発7:35-黒岳(高塚山)着10:45-男池駐車場着14:20

6/13に会社へ取引先のF部長が来られ、前から一緒に山登りしましょうと言ってあったが、6/15のお誘いを受ける。もう2回行っているしどうしようか迷うがせっかくのお誘いなので、行く事にする。まだ男池駐車場から登られた事がないらしく、今日はナビゲータ役を引き受ける。

c0077338_1423202.jpg

もうミヤマキリシマは先週で終わったかと思っていたが、まだまだ駐車場は多かった。てっきり今日の山登りは平治にミヤマキリシマを見に行くと思って、あまり気が乗らなかったが、いざ行く時になりさあどこに行きましょうかという事になり、なんと私が決めていいらしく、せっかくなら黒岳にしたいというと前から黒岳には行きたかったとの返事で私はがぜん、やる気になった。しかし5/24からこれでくじゅうも3回目。嬉しい限りだ。

c0077338_14243338.jpg

F夫妻と私の3名の山登りの開始。ソババッケまでは相変わらずの渋滞で、95%はソババッケから大船、平治へ行く人達のようだ。そしてソババッケから黒岳の分岐を過ぎるとパタリと人の波が途絶えて、本当にこの道でいいのかと思うくらい人がいなくなった。
いよいよ道も狭くなり、本格的な黒岳登山が始まった。

女性がいるせいかいつもよりゆっくり歩けるせいか、えらく今日は楽な山登りで、山歩きという感じだ。そして風穴につき、いよいよ本格的なガレ場が出てきた。
私が先に登らせてもらい、急なロープの登りがやっと、終わった頃、なんと左手にミヤマキリシマではないか。
c0077338_14252360.jpg

まだ咲いていてくれたのか。まったく期待してなかったので、嬉しかった。これから山頂付近にも花はまだまだ咲いていてくれた。

c0077338_14255362.jpg

登り3時間10分で頂上につく。昨年約12回くらいくじゅう中心に登ってあるだけあって、奥さんも見事に疲れた様子もなく、登ってこられた。やはり歩き慣れた人は強い。
また私と違い、夫妻ともにビシッと山の服装をしてあるし、ストックも持参してある。それに引き換え私は一体何者だろう。頂上はモヤが出ていたが、なんとか大船山までは見えた。やはり頂上は素晴らしい。またミヤマキリシマが素晴らしい。何度来ても、男池からの森と原生林の黒岳はいい。

帰りに風穴からソババッケの途中で若い人が三脚でじっくり花を撮影しているので、この花はなんですか?と聞いたら、オオヤマレンゲとの事。
c0077338_14264191.jpg

その時はそう何も思わず、とにかくデジカメで撮影したが、パソコンでじっくり見るといい花だ。ここと大船山の大戸越えの一部のところしかくじゅうでは咲いていないらしい。いい花を撮らせてもらった。


男池にも無事帰り、白水鉱泉からまた水を30リットル買い、その横の黒嶽荘の冷やしそうめんを食べに夫妻と一緒に車で向う。先週見つけた穴場である。
c0077338_14271277.jpg

1人前 400円で柚子ごしょうがつけてあり、冷えたそうめんが山登り後の体に実に合う。Fさんもそうめんには目がないそうで、喜んでもらえた。奥さんとも親しく話せて、楽しい1日であった。
[PR]

by katuyamak | 2003-06-15 00:00 | 山歩き | Comments(0)