天神ソラリアで「チェンジリング」を鑑賞

肉まんは生きとうとかいな?と思われている方も多いっちゃなかろうか?
なんでもよかけん、なんかブログを更新しようと思っとうばってん、なかなか筆が進まんかったです。
ウイルス感染で、2度の再セットアップやらなんやらで、データがすべて吹っ飛んで、今までインストールしていたソフトが使えなくなって、パソコンも自分の頭も完全にドロップアウト!

仕事が忙しいのも重なって、時間が立つうちにパソコン、ブログ更新がどうでもよくなってましたねえ。

久しぶりに映画鑑賞の近況報告でも・・・・・

6月13日(土)
天神ソラリアシネマで再映で「チェンジリング」があります。
メール会員は500円なのでとてもお得。
13時まで仕事して、15時50分からの上映に間に合うように行ってみました。
天神、博多駅に映画に行くときは、いつも電車だったんだけど、今回、100ccのスクーターで行ってみました。
スクーターに乗ってわかったのですが、大橋、天神とかにスクーターで行っても昔はそれこそ、そこら辺に停めてよかったのですが、最近は駐車違反でうるさくそこら辺なんて無理。
50ccまでのバイクを駐車する場所は自転車と一緒に停めれて、けっこうあるんだけど、それ以上の排気量のバイクの駐車の場所がない。
インターネットで調べて、ソラリアビルの前のきらめき通り中央のヴィオロビルに停められる場所を発見。
早速、駐車場所の下見と、映画鑑賞の目的で行ってきました。
きらめき通り中央の交差点では、10代~20代のかわいいお姉ちゃん達がいっぱい。
みんな綺麗です。
ここに50歳近いスクーターのおいさん、なかなか違和感があります(笑)

なんとか場所を発見。
ここかあ~。
c0077338_031972.jpg

スクーターと私と一緒に地下3階へ
c0077338_034433.jpg

地下3階はこんな感じ。
3時間まで無料らしいのですが、それ過ぎたら一日150円です。
なかなかいいでしょう?
場所も一等地でこれならここに駐車して、天神や大名など、これからどこでも行けますね。
c0077338_041761.jpg

さて、肝心の映画は・・・
これがなかなかの名作でしたよ。
いい映画でした。

映画とは関係ないのですが、昔を描いた映画を見てて感じるのは、歴史で第二次世界大戦以前のアメリカや他の国もそうでしょうが、完全に男社会ですね。

それに不正や賄賂とかけっこうやりっぱなしで、強い者が強いという力関係で成り立つ社会というか、そんな事をこの映画を見ても感じましたねえ。
この作品もクリントイーストウッド監督だったんですね。
途中から気がつきました。
ラストに彼女から「希望」という言葉が出てきます。
この言葉のおかげで最後に私は救われました。
c0077338_065210.jpg

[PR]

by katuyamak | 2009-06-17 00:03 | 映画 | Comments(4)

Commented by CJN at 2009-06-17 11:35 x
この作品をクリント・イースドウッドは3ヶ月で撮ったそうです。アンジェリーナジョリーのギャラが高いのですが、他はそこそこた゛った様です。グラントリノやミリオンダラーベイビも4ヶ月くらいで撮ったそうです。彼は1回でOKを出すそうで、それに有名俳優をあまり使わないので撮影費用がかからない監督のようです。それでも名作を撮るのですね。
Commented by katuyamak at 2009-06-18 00:27
ウリント・イーストウッド監督たいしたもんですね。
そういえば硫黄島からずっといい作品を見せてもらってます。
Commented by かず at 2009-06-18 16:44 x
これ3月に見に行ったのですよ。500円?・・・許せません(笑)
いい映画でした、後半は母親の立場としてとても辛い場面が多かったのですが、これが実話であるというのが驚きでした。ラストは希望がもてましたね。

私の地域では考えられないようなバイク駐車場です。。しかもビルの中なのですね?
さすが博多~
Commented by katuyamak at 2009-06-21 22:34
かずさん、こんばんは。
チェンジリングはなかなかいい映画でした。
ただやはり少々重く辛い場面が多かったですね。