四王寺山(354~410m)から縦走

家族


c0077338_22362525.jpg

今年の貴重な家族での山登りである。夫婦ともシャイなので、子供の写真だけで勘弁してもらおう。小学校2年生になったばかりの時の7歳である。グリーンウオーク創刊号の四王寺稜線歩きという記事がずっと気になっていて、やっと家族を説得して、行く事にした。前年宝満山のかまど正面コースを歩かせたので、もうお父さんといかんと言われたのをなんとかしてなだめて登る。最初は都府楼跡駐車場に車を停めて本の通りに進んだ。


c0077338_22364175.jpg

もうどれくらいかかったとか、距離とかは記録してないので、忘れた。四王寺山の由来も確か毘沙門天とかの名前が4つあったようだが、もう自信はない。とにかく山頂が左の写真のようにずっと続き、稜線がそのまま頂上のようなつまりピークがどれかよくわからない山であった。これから東に太宰府天満宮まで行き、なかの御茶屋で梅が枝持ちを食べて、また引き返して、都府楼跡まで戻ったので、相当歩いた。歩かせすぎてまたまたもうお父さんとはいかんとダメ押しで言われた。たぶん10kmは歩かせたと思う。あとで考えたら、御茶屋で休ませている間に私が車を持ってくるべきだった。しかし私も相当疲れていた。


c0077338_22365871.jpg

後ろの山が四王寺山。横に長い山である。子供もいつの間にか随分歩けるように成長したのだと思う。あいちゃんのところのように時々付いてきてくれるといいけど、また計画しないといけない。この時はまさか自分のHPを作るなど思ってなかったので、これくらいしか写真がない。自分のペースで歩けないのと、子供に気を使ったせいで、えらく疲れた山登りだったのを覚えている。
[PR]

by katuyamak | 2003-04-13 00:00 | 山歩き | Comments(0)