霧島新湯林道から大幡山(1352m)

4名

前日(3/21)の続きです


c0077338_22281077.jpg

昨日夜から大量に降った雨は朝まで降り、8時過ぎてから止む気配がしてきた。夜寝る時は明日の山登りは中止で霧島温泉巡りでもと私なりに考えていたが、O師匠はどうしても登りたいようで、しきりと空を気にして、外に出たり落ち着きがない。そして宿の裏の新湯林道の登山口を発見してきて、いける、登れるで決まり。こうなるとみなさん動きも速く、早速山登り開始。しかし今日は昨日と変わり、山を見ると残雪が残り、寒い。歩き出してものの15分くらいでいきなり道の横から足元がまだしっかりしてない鹿が出てきて、みんなビックリ。鹿もビックリで慌てて隠れるがどうも子供のようで、動きが遅い。これがバンビちゃんか。写真の奥にも鹿がこちらを見ているが、うまく写っていない。


c0077338_2228245.jpg

とにかく歩いていてすぐにあまりの自然の剥き出しのままの残り方になんか出てきそうな気がしていた。新湯林道は素晴らしい。もちろん霧島だと初めての場合はまず韓国岳からの縦走だろうが、1回経験すれば十分。しかしこの横ルートは何度でも訪れたいコース。私は自然がそのまま残っている事が嬉しかった。鹿にもたくさん会えたが、なにせいきなり出てくるので、どうもシャッターチャンスを逃がす。しかしこのコース、単独では少々気味が悪いかもしれない。


c0077338_22284235.jpg

登りでどれくらいの時間がかかったかもう忘れたけれど、大幡山頂上。寒かったのを覚えている。新燃岳分岐からは残雪を踏んでの山登りだった。この雪がむかるんでいて、登りでは苦労した。この大幡山付近にはどこでも鹿の糞がいたるところに落ちている。もしかしてここは鹿の宝庫ではと思う。実際O師匠は先頭を歩いていた事もあり、何匹も見たそうだ。


c0077338_2229061.jpg

下山途中の川、硫黄のせいか黄色いのが印象的。


c0077338_22291570.jpg

帰りにもまた何回も鹿に会う。左の写真も鹿がこちらを草のうしろから見てるのだが、実際に撮ってみると何も写ってない。
結局、霧島登山では縦走と横のルートも行けてかなり、わかるようになった。しかし本来登りたかった、大浪池からの登山はいけなかった。私としてはメジャーな縦走よりひなびた裏ルートにもっと行ってみたいと思ったが、それは又機会があればやろう。小林駅からの登山道もおもしろそう。しかし本当に楽しい山登りが十分出来た2日間の霧島登山だった。





おまけ
 霧島縦走情報   新燃荘(泊まった宿) TEL 0995-78-2255
                鹿児島観光タクシー   TEL 0995-78-8908

霧島縦走を計画している幹事のみなさんが一番頭を悩ますのが、交通手段ではないかと思いますが、私も1度しかしていませんが、4名の場合はやはりタクシーが一番いいと思います。まず霧島温泉くらいから韓国岳登山口か高千穂河原までどちらもたしか2500~3000円くらいで、4名で往復頼んでも一人1500円程ですから車は宿に停めたままでも、うまく縦走ができます。せっかく福岡などから鹿児島に行くのですから、ここでせこい車の移動を考えた登山計画は苦労します。私も普段、単独などでは絶対タクシーなど使いませんが、まず霧島に単独で行く事はないでしょうから、いい思い出作りの為にもここはタクシー利用がいいと思います。鹿児島観光タクシーさんは配車の方もドライバーさんも親切な方でした。行きがけの方のアドバイスがないと、とても縦走はできなかったと思っています。とにかくわからない時はまず、どんどんタクシー会社に聞くべきですね。現地の方が一番詳しいです。
[PR]

by katuyamak | 2003-03-22 00:00 | 山歩き | Comments(0)