佐賀県側から鬼ガ鼻岩でマンサク

福岡県側から背振山系に山登りする人に質問?
ここ最近、椎原峠(西)の九州自然歩道の標識がある地点で佐賀側の登山道によく車が停まっているのを見かけませんか?

福岡県側からたぶん、椎原から登った場合、椎原峠経由にしろ矢筈峠経由にしろどちらにせよ縦走路までは90分以上かかるはず。
それでやっと縦走路に出て、標識付近で車を見かけたら少々がっかりするよねえ。

今日はその車が停まっている佐賀側から椎原峠(西)までのルートをどんな風になっているかを歩いてみることにする。


3月7日(土)
起床 5時55分
今日の登山口までの車のルートは那珂川経由石釜を通り、三瀬有料でお金を払わず263号を通り、佐賀側の山中地蔵への道を左折して、井手野集落を越えて椎原峠に行く登山道を探す予定。

石釜では鳥飼豆腐店で水を20リットル補給。
佐賀産ネーブルを買い、コインをもらって水を入れる。
今日、流れていた演歌は
「芸のためなら女房も泣かす~」と都はるみさんとの唄。なんやったかいなあ~


今まで、山中地蔵経由で金山に登った事があるが、個人的には井手野集落を超えてそれから先にはまだ行った事がない。

図書館でもう10回以上借りている「佐賀県の山 山と渓谷社」  本の32ページを参考にして、車を走らせる。

この標識からすぐであった。
村道井手野椎原線と書いてある。
c0077338_782792.jpg


登山口の最終はこんな感じ。
まだ車で進む事はできるが、これから先は未舗装になるので、ここに駐車する。
c0077338_774760.jpg

ここから歩きだして、道の素晴らしさにビックリ。
登山道ではなく、まさに林道、村道である。
しばらく行くとまた舗装してある箇所もあった。

車を停めた場所から椎原峠(西)の標識まで14分、鬼ガ鼻岩までは30分であった。

しかし短い距離ではあるが、ここから歩き出した途端にもう背振の山の匂い、よさがすぐに伝わってくる。
山に入っているという実感がある。
この道もいい。
それにやはりこの縦走路はいつ来てもとても素晴らしい。
鬼ガ鼻岩からそのまま猟師岩方面にのんびりのんびりと縦走路を堪能しながら歩く事にする。
c0077338_227058.jpg

マンサクを見ながらの博多湾の眺望。
登ってよかった!
c0077338_2272993.jpg


山登りメモ

登山口10:00頃ー往復 1時間50分。

帰りに佐賀側から小爪峠への登山口も見つける。
これで下りに舗装道路を歩いての周回縦走や、小爪峠までのピストンもできていろいろ楽しめそう。
佐賀県側はまだまだ知らないところが多いので、ルート等いろいろな発見がこれからもたくさんありそう。
[PR]

by katuyamak | 2009-03-07 22:06 | 山歩き | Comments(2)

Commented by タッチー at 2009-03-08 09:59 x
肉まんさん、 こんにちは。土曜日多良岳いってきました。頂上付近に黄色の花を見て、「これがマンサクか。」と思い下っていくと、すれ違う人何人かに「マンサク咲いてますか?」と聞かれて、なるほどと思いました。実は六ケ岳も肉まんさんが行かれた前日に登ったのです。
Commented by katuyamak at 2009-03-11 07:10
タッチーさん、おはようございます。
土曜は多良だったんですね。
お疲れさまでした。
またいい低山があればご一緒しましょう。