スクーターで 犬鳴山系 西山(鮎坂山)645m

2月8日(日)
二日続きの好天で、今日も2月ですが、温度も高くなりそうです。
1月3日に多久にプチツーリングをしましたが、今日も1ケ月振りにプチツーリングをする計画です。
朝、6時半からああでもない、こうでもないと8時過ぎまでパソコンと地図をみながらの低山のバーチャル登山、ツーリング、昼の食べる場所と楽しい時間を過ごしました。

そして今日の計画は、まず昭和の森の県道35号線を北上し、深井の交差点を右折。
県道21号線から犬鳴峠を越えて、犬鳴ダムで西山登山口の確認。
直方、鞍手町、宮若市の堺の六ケ岳(338m)を登って、トヨタ自動車を見て、石炭記念館を見て筑豊地区のツーリングの予定と盛りだくさん。

六ケ岳は登り30分程度のなんちゃって軽薄山歩きの予定で、本格的な山歩きの予定ではありませんでした。

スクーターでこんな感じで9時頃出発。
c0077338_2045889.jpg

スクーターを買った当初は風防とリアのBOXじゃまだよなあと思ってましたが、山歩きを考えるととても重宝する事がわかりました。
ポイントはウエストベルトで下から留める事。これだとバッチリです。
c0077338_2051359.jpg

新犬鳴トンネルを越えて、最初の目的地。
犬鳴ダムからの西山登山口への視察。
犬鳴ダムの一番奥にこの標識があります。
c0077338_20132813.jpg

御別館跡方向へ左折し、さらにさらに奥の舗装道路へ行ってみます。
舗装道路の行き止まりに西山登山口がありました。
福岡から約30km 70分。
時計は10時10分。
視察、偵察のつもりだったのだけど、いざ登山口に着くと登りたくなってきました。
c0077338_20114165.jpg

c0077338_2012549.jpg

c0077338_20122224.jpg

しかしここはやはり犬鳴山系です。
正直、なんか単独では、少々ビビッております。
登山口付近に墓地とかあるしさあ。
c0077338_20213239.jpg

引き返すか、直方方面へ行くか、しばし悩みましたが、よく考えると今、今日の日に西山に登らないと次回、いつ来れるかわかりません。

朝10時、好天、乾いた登山道、2月で蛇もいないし・・・・

登れない理由がなにもないので、根性入れて登ってみる事にしました。
車と違ってすぐ登れる態勢にはなりません。
まず1999円か2999円で買った中国製の重宝しているジャンパーをしまわないと(笑)
c0077338_20205196.jpg

こんな感じでBOXに入れます。役に立つのです。
c0077338_20221256.jpg

ズボンはザックに入れます。
すそが折り曲がっているのは単に足が短いだけなので折り曲げております。
c0077338_20221728.jpg


ここからは真面目に西山のレポを書きましょう。

登ると決めたけど、ここからはたぶん往復、人には会わないだろう。
人より獣と会う確率の方が高いだろうと、今までの山歩きの経験からなんとなくそんな予感がしました。
思い切って、入山する。
下の写真のように登山道はえらく倒木が多い。
画像にもありましが、昨年の雪の影響で今までの登山道が使えないらしいです。
c0077338_202629.jpg

標識があり、西側の尾根に登れとの指示です。
素直に従い、ピンクのテープの通りに登ります。
このピンクのテープは最後までありがたかった。
作っていただいた澤田さんですかね?
本当にありがとうございました。
ブログ上ですけれども、お礼を言わせてください。
c0077338_20304925.jpg

本から尾根を上がって行くんだあというのがわかりました。
当初は楽勝の山歩きを考えていたのですが、どうして、どうして・・・・
c0077338_20352187.jpg

途中、鉄塔のところへ登りあがりました。
ここはいい目印ポイントです。
帰りもピストンになるので、しっかりチェック。
c0077338_2035497.jpg

さらに高度を上げる。ピンクのテープがほんとにありがたい。
c0077338_20372879.jpg

あえぎ、あえぎでやっとこもの峠に到着。
c0077338_2039151.jpg

ここから東に登ると西山のようです。
さらに急登を登る。
c0077338_20385045.jpg

1時間20分で西山(鮎坂山)頂上へ
自衛隊の敷地なので、画像は三角点のみにしておきます。
昨日の頭巾山より標高差がないはずですが、アップダウンの繰り返しや、ロープなのでけっこう体はヘロヘロです。
初めての山で神経集中したからでしょう。
この緊張感はいいですね。
なんちゃって軽薄山歩きのはずが、本格的な山歩きとなりました。
当初の予定では、こんな真面目な山歩きのレポをするはずじゃなかったんだけどなあ(笑)
c0077338_20395946.jpg

ちょっと休憩して、すぐに下山開始。
帰りは赤テープに惑わされてふらふらと違う尾根に降りかけました。
磁石を持ってたので、違うとわかって引き返したのですが、その尾根側から人の声が聞こえていた。
迷われてなければいいけど・・・・
やはり犬鳴山系はできたら単独は避けたいです(と言いつつ単独なんだけど)
帰りは1時間での駆け足下山。
スクーターに戻れた時は、ホッとしました。
何事もなくて何よりです。
何度も言うけど、ピンクのテープはほんとにありがたかった。

山歩きに時間をとってしまったので、バイクツーリングはせずにそのまま帰宅。
帰りはのんきにラーメン食べて(替え玉 固麺)無事帰宅しました。
いや~、今日は、神経、体力ともに使ってヘトヘト。
往復2時間半の間、気を抜く事ができませんでした。
だって、道迷いしたり、怪我したりしても入山者が少ない山だから、誰も発見してくれませんからね。
でもその分、集中できて楽しかったなあ。
c0077338_218104.jpg

帰宅後すぐに昼寝。やはり相当疲れていたようです。

山歩きメモ
自宅から往復 72km(他に少々寄り道) バイクだとガソリン代 216円程度かな。
山歩き時間 10:30~13:00 2時間半
水は少々。
[PR]

by katuyamak | 2009-02-08 20:06 | 山歩き | Comments(6)

Commented by 風来坊 at 2009-02-09 04:59 x
おはようございます、肉まんさん。
犬鳴、確かに1人では行きたくない、近づきたくないところです。
2日連続での山、ストレス発散出来たのではないでしょうか・・・。
今日からの仕事、お互い頑張りましょう!
Commented by 肉まん at 2009-02-09 07:06 x
風来坊さん、おはようございます。
週末は珍しく予定がまったくなくいい山歩きができました。
今日からまたお互いに仕事がんばりましょう。
Commented by 山独り歩き人 at 2009-02-09 19:42 x
肉まんさん、こんばんは。
連日の山歩き、リフレッシュされてますね。
西山は何度も登った山ですが、山頂へのルートが色々とあり、そのいろんな道を歩いてみるのが楽しいです。(山頂は車庫or格納庫みたいなコンクリートの建造物があって趣がありませんが)
また、西山~大目配までの縦走コース、西山~犬鳴山までの縦走コースなど健脚向きのルートがあります。
人寂しいルートではありますが、自然林を満喫できるルートです。
一度、挑戦されてみるのも良いと思います。
Commented by katuyamak at 2009-02-10 06:51
山独り歩き人さん、おはようございます。
そうですね。自然林を満喫できて私に向く、うら寂しいいいルートが多いようですね。
ただ人淋しいところですからねえ。
また来たいような、もういいかなという気持もあるしなあ(笑)
複雑な気持でしょうか・・・
ただ、犬鳴山系で一度、鹿には会ってみたいですね。
Commented by 山独り歩き人 at 2009-02-10 07:26 x
肉まんさん、おはようございます。
鹿なら、英彦山周辺から日田にかけての山、犬ケ岳山系の雁股山周辺がお薦めです。
雁股峠の辺りでは、1日に4頭の鹿にあったこともあります。ただ、どちらも人淋しいんですよねぇ~。(^_^;)
Commented by katuyamak at 2009-02-11 21:56
山独り歩き人さん、今晩は~
雁股山、犬ケ岳は登った事はないですね。
機会あれば是非、行ってみます。
いい情報ありがとうございます。
裏淋しい、人淋しい う~ん、案外、向いているかも(笑)