頭巾山(901m)~ 20世紀少年 第二章

2月 7日(土)
昨日の金曜の夜は珍しく、会社のお金でフグのコース7000円なんて慣れないものをそれは、それはおいしくいただいた。
いや~ふぐの刺身に、ふぐちり鍋はうまかったぜ。

ばってん俺はやはり、ラーメン 替え玉 固めん。
とか、なんとか定食ご飯大盛りが似合っているようである(笑)

まあそんなんで昨晩のアルコールを抜こうと標高差のある山登りをする事にする。
こんな時は、自宅から一番近い昭和の森からの頭巾山(とっきんざん)ルートがいい。
標高差は約600mといいトレーニングになるし、今の時期の河原谷経由の難所ガ滝ルートに比べるとはるかにマイナーで人気がなく俺の好きなルートのひとつである。
c0077338_2012956.jpg

8時45分登山口出発
最近、山登りの出発が遅いのでその後、自宅の掃除とか、したい事なんでもするのが遅くなる傾向になりつつあった。
まあ今まで寒かったので遅い出発でよかったが、そろそろ早い出発もしていこう。
今日は午後から映画も観たいしね。
c0077338_20122396.jpg

c0077338_20124448.jpg

山頂まで65分。
標識が新しくなっていた。
登りでは暖かかったからか?意外に汗をかいた。
頂上で水とチョコレートを食べてすぐ下山。
下りはのんびり考え事をしながら歩く。
山歩き中のこの一人の時間、考える時間って俺にとっては、けっこう大切。
平日、忙しく仕事しているせいか、自分を振り返る余裕がない。
自然の中で自分を振り返る大事な時間なんだよねえ。
c0077338_20125719.jpg

往復 2時間 5分
昼食後、映画に行こうかね。


15時30分から大野城マイカル1番スクリーン
20世紀少年 第二章を鑑賞

実は2月までの映画の前売り券をすでに5枚も買ってしまっていた。
20世紀少年 第二章
マンマミーア
ララピポ
2月末まで有効のマイカルのみで使える入場券 2枚

失敗したのが、この20世紀少年の前売券
第一章が500円で観られるという甘い罠に乗ってしまって、第二章を1300円で購入した。
実は2月は観たい作品が多く、20世紀少年はハッキリいってどうでもいいのである。
私としては、チェと旭山動物園とララピポ、ノン子36歳(家事手伝い)の方が気になるのである。

しかし今日は、せっかく購入してたので15時過ぎで観るタイミングが合う20世紀少年にした。
大野城マイカルの誇る大スクリーンの1番スクリーン上映に心が傾いたのである。

それで作品の評価
第一章はおもしろいと思ったんだが、第二章はちょっともうヨカばいという印象。
第二章で内容が悪いほうに変わってしまった気がする。
内容もネガティブで暗い。
今日の映画は小学生、中学生、その保護者、若者が多かったが何を感じただろう?
いい映画、楽しい作品と思っただろうか?
第三章はもういい。観ない。
星 2つ程度かな。

私にとってはハッキリいって時間とお金の無駄であった。
お金はまあいいとしても、休日の貴重な午後の時間を無駄にした。

安易に前売りとかで便乗するなという事だね。
さあ、気分変えよう。
明日は何しようかなあ。
頭を切り替えて、楽しい事考えようか・・・・
[PR]

by katuyamak | 2009-02-07 20:12 | 山歩き | Comments(2)

Commented by CJN at 2009-02-10 16:25 x
こんにちは 肉まんさん
映画はWMC筑紫野とT-ジョイ久留米になっています。9日は「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」を見ました。長い作品ですが、良かったです。メイクとCGIで顔の部分はすべてブラッド・ピットらしいです。バトンとは日本語ではボタンの事です。(Hi)
Commented by katuyamak at 2009-02-11 21:57
CJNさん、今晩は~
ベンジャミン・バトン観られましたかあ。
私もどうしようかなあ?とは思ってはいるところです。